153: 本当にあった怖い名無し@\(^o^)/ 2015/02/01(日) 22:32:06.82 ID:TIrjQeFj0.net
日本の女性小説家(名前失念)の作品 
読んだのが大分前なんでうろ覚え 

聖書のアブラハムとイサクのエピソードを基にしてるんだけど 
主人公「K」は老夫婦で子どももいない 
で、ある日天の使いが訪ねてきてお前に子どもが生まれるって言われる 
夫婦はもう老年なんでKは冗談でしょ、とか信じないんだが
天の使いは老婆であるKの妻をKの目の前で犯して
結果Kの妻は妊娠
その後ソドムとゴモラみたいな話があって
Kは聖書にあるように神に生贄をささげる為に山に登る
Kの妻は奇跡の子である産まれたばかりの赤ん坊を連れて山を登ってくる
Kは妻から赤ん坊を受け取ると、「神様もやっかいなものをくださったもんだ」とか言いながら
赤ん坊の体に焼けた串を…

なんだこれと思って読んだ覚えがある

159: 本当にあった怖い名無し@\(^o^)/ 2015/02/02(月) 00:06:53.62 ID:DGg4bVrZ0.net
>>153
盲目的に神を信仰することが愚かってことなのかな?
いまいち話の意図がよく分からんね

160: 本当にあった怖い名無し@\(^o^)/ 2015/02/02(月) 00:16:59.24 ID:dEuuQLOFO.net
>>159
迫害もない時代ゆえに聖書にある苦難をなぞらえさせられてえらい迷惑って話なんじゃないの?

161: 本当にあった怖い名無し@\(^o^)/ 2015/02/02(月) 10:31:54.72 ID:9YcgjQPwO.net
>>153
倉橋由美子「隊商宿」

出典: 後味の悪い話 その155