出典: お前らにDVの怖さを教える


19

1: 名無しさん@おーぷん 2015/06/17(水)22:52:25 ID:Zoh
まずスペックでも書くか。
18歳男、高校生、今年度卒業する予定。

DV被害者で生まれてから5年間親父(以下ゴミ)が俺と俺の兄貴に暴力を振るっていた。
それで起こった弊害や影響を俺の経験を踏まえつつ資料を出して(サイトのURL貼る位だけど)議論してみたいと思う。
よろしく頼む。

3: 名無しさん@おーぷん 2015/06/17(水)22:53:24 ID:Zoh
http://matome.naver.jp/odai/2136746974602430101

まずがこれでも読んでくれると良いかも。
正しいと思うし俺も心当たりがある、

※『親のDVを目撃した子供の「脳」に与える深刻な影響』

30: 名無しさん@おーぷん 2015/06/17(水)23:40:28 ID:SWo
>>3
こんなもん読まねぇよ・・・面倒くせぇ
意識高い系か

4: 名無しさん@おーぷん 2015/06/17(水)22:53:36 ID:yYR
DV被害者体験談なら任せろ

6: 忍法帖【Lv=77,けんじゃ,tlw】瞬発力◆9hRsgSI5JEQ3 2015/06/17(水)22:54:50 ID:Dm1
DVはないが親の喧嘩ならしょっちゅうある

7: 忍法帖【Lv=77,けんじゃ,tlw】瞬発力◆9hRsgSI5JEQ3 2015/06/17(水)22:55:07 ID:Dm1
親に毎日殴られるのは当たり前やからね

9: 名無しさん@おーぷん 2015/06/17(水)22:55:55 ID:Zoh
あ、すまん、まずは受けた被害者の中で、「子供」に絞っていこうと思う。
皆も好きに話していってくれ。


「11~13歳が最も影響を受けやすい」

とあるけれども、この時期に影響を受けることはつまり致命的なわけだ。
小学校も高学年でこれから思春期、自我も確立されつつあるこの時期にDVの被害を受けた記憶が邪魔してくる。
つまりは人格に致命的な欠陥を引き起こす原因となりうるわけだ、

10: 忍法帖【Lv=77,けんじゃ,tlw】瞬発力◆9hRsgSI5JEQ3 2015/06/17(水)22:56:37 ID:Dm1
>>9
すまん
DVの範囲を教えてくれ
どのくらいがDVなんだ?

11: 名無しさん@おーぷん 2015/06/17(水)22:59:55 ID:Zoh
俺の体験を話そう、おれの小学校高学年のあだ名は「通り魔」だ。
先生につけられた、なぜか。本当に通り魔みたいなことを学校でしていたからだな。
すれ違いざまに自分より弱そうな奴に本当に見境なく手を出して殴ったりしていたくせに、自分より強い人間には手を出せずに居た。
これ、どこか似ていないか?DVの加害者に。
会社では強い人間にへりくだる。そのストレスは弱い人間へ…相手は誰でも良いわけだ。つまりは「ストレスの発散」に過ぎないんだな。
いじめとは少し違う。ささいないらいらでも目に付けば己の中のいらいらを起爆させる材料となりうる、それだけなんだ。そこに特別な理由はないんだということをまずは分かってもらいたい。


>>10
・社会的暴力(行動の制限)
実家に行かせない、許可なしに行動させない、1日の行動を細かく報告させる等

・精神的暴力
人前で侮辱する、脅して言う通りにさせる、何時間も叱責する、舌打ちしてにらむ、無視する等

・経済的暴力
生活費を入れない、働かせない、借金を背負わせる、レシートを細かくチェックする等

・子どもを利用した暴力
子どもを危険な目にあわせる、子どもを傷つけるとほのめかす、子どもを取りあげると脅す等

・性的暴力
むりやりセ○クスする、むりやりポルノを見せる、避妊に協力しない等

・身体的暴力
殴る、蹴る、叩く、物を投げつける、首を絞める、煙草の火を押しつける、眠らせない等

14: 忍法帖【Lv=77,けんじゃ,tlw】瞬発力◆9hRsgSI5JEQ3 2015/06/17(水)23:01:31 ID:Dm1
>>11
じゃあ俺はDV受けてるのか

16: 名無しさん@おーぷん 2015/06/17(水)23:03:20 ID:Zoh
>>14
うん、正直いじめとは似て非なるものだけど、その辺の影響の受け方はいじめに酷似している、とおもう。

17: 忍法帖【Lv=77,けんじゃ,tlw】瞬発力◆9hRsgSI5JEQ3 2015/06/17(水)23:04:42 ID:Dm1
>>16
ゴミか…
俺も確かにそんな感じだったな

56: めうめうめう(」*゚ロ゚◆T/NqGHeBIg 2015/06/18(木)00:33:52 ID:kh9
>>11
俺じゃねーか

57: 名無しさん@おーぷん 2015/06/18(木)00:35:16 ID:Hct
>>56
そうですか、同じような行動を。
傾向としてはやはり同じようなことをしてしまう人が多いのでしょうか?
自分は丁度影響を受け易い時期にきてそんなことが続いたので間違いないと思っています。

59: めうめうめう(」*゚ロ゚◆T/NqGHeBIg 2015/06/18(木)00:37:40 ID:kh9
>>57
間違いないね
それにこの手の問題は本人が悪いって思われてしまうし
親は自覚しないし

60: 名無しさん@おーぷん 2015/06/18(木)00:39:40 ID:Hct
>>59
仕方ないことですが、救いがないですよね。
だから早めにじぶんの価値観を身に着けなければならないですよね、小学中学では至難の業ですが…。

61: 名無しさん@おーぷん 2015/06/18(木)00:42:32 ID:0zO
>>60
難しいよね
カウンセラーには
自分で気が付いた人にしか状況を変える事は出来ない」
って言われた
実際、自分以外は未だにどっぷり共依存してるよ

62: 名無しさん@おーぷん 2015/06/18(木)00:45:17 ID:Hct
やはり社会全体で見て、こういった救いのない部分
人間のむき出しの残虐性というのは目を背けたくなるものなのでしょう。
自分にも思い当たる節がある、しかし目の前に居るのはもうべつの存在だ…と、それは仕方がないことです。

しかし言葉を返せば自分も充分なりうる素質を備えているのです、もんだいはいかにしてならないようにするのか。
それだけでも世界は変わると思います。DVは結局日陰で行われるせいで発見も対処もできない、日陰は社会が勝手に作る。

だから俺はそんな日陰に眼が向くような、そんな社会の仕組みを作りたいと思っています。まだバカなので何すれば良いのかわかりませんがw

>>61
心理学的にはそうとしか言えないのでしょうか…。
だとしたらみみっちい学問ですよね、解決策を提示できないのは意味がないですし。
気づくためにすることを教えてもらいたいところです…。
失礼ですが、被害者の方ですか?加害者の方ですか?

64: 名無しさん@おーぷん 2015/06/18(木)00:50:30 ID:0zO
>>61
「馬を水辺に連れて行くことはできても、水を飲ませることはできない」
って言う事なんだと思うよ
人間関係への嗜癖という点では
彼らはまさに依存してるわけだから、アルコール依存やギャンブル依存と
似たようなものだよね

自分は一方的にボコられてた方です

67: 名無しさん@おーぷん 2015/06/18(木)00:56:40 ID:Hct
こうしてみても多種多様な原因と結果がありますが、根本から俺は変えたいです、やはり。
そのためなら命をかける価値があります。

>>64
依存はやはり強敵ですね、宗教的なものを感じます。はがれそうにない執念。
被害者の方ですか、失礼なことを聞きました、すみません。
自分はバカなので気持ちだけが先行して知識や準備が何もありません。
なのでこうして生の声を聞かせてもらえるだけで俺はありがたいです。
辛い経験を呼び起こしてしまってすみません、ありがとうございます。

12: 名無しさん@おーぷん 2015/06/17(水)23:00:46 ID:Zoh
>>10
こぴぺですまないけれど俺の見解は大体同じだ、
どっかに定義があるかもしれないが、逆にどこまでをDVだと思っている?

15: 忍法帖【Lv=77,けんじゃ,tlw】瞬発力◆9hRsgSI5JEQ3 2015/06/17(水)23:02:05 ID:Dm1
>>12
俺は11の通りだと思う

16: 名無しさん@おーぷん 2015/06/17(水)23:03:20 ID:Zoh
>>15
であれば定義の共有はおkだな。俺は大体すべて当てはまるほどのゴミだった。
いまは離婚して別に暮らしているが影響は実のところまだまだ消えていない。その点もおいおい説明していきたい。

18: 名無しさん@おーぷん 2015/06/17(水)23:08:50 ID:Zoh
http://allabout.co.jp/gm/gc/448885/2/
このページから話していこうか、分かりやすくまとまっている。

・ 加害者からの暴力

DV加害者が子どもにも暴力をふるっているケースは少なくありません。殴られている親をかばおうとして、一緒に殴られることも多いようです。
DV家庭では、子どもが加害者から性虐待を受ける確率が高いという報告もあります。


俺の場合は男だったのが幸いして処女?は無事だ。だけどもココロはずったずただ。
女性の被害者は本当に心も体もずったずタになっていることだろうと思う。胸が痛んで仕方ないし本当に許せないことだ。

それによっておこる弊害としては
・暴力への過度な反応
・大人への恐怖
・萎縮
があると思う、俺はそうだ。

暴力への過度な反応
>これはそのままだけど、たとえば小学校の頃、お前らも小さなけんかをしたことだろう。
俺もしたけど、やはり周囲とは違うことをそこで気づいた。まず俺は相手を殴れない。そして殴られることを極度に怖がった。
これは痛みが与える影響を嫌というほど知っていたからだということが原因だと思う、殴られた痛みを知っているからこそ小さな喧嘩で殴ることも殴られることもとても嫌がった、だからいじめの的になったけれどそれを後悔はしていない。

19: 忍法帖【Lv=77,けんじゃ,tlw】瞬発力◆9hRsgSI5JEQ3 2015/06/17(水)23:14:16 ID:Dm1
うん

20: 名無しさん@おーぷん 2015/06/17(水)23:17:12 ID:Zoh
・大人への恐怖
>これもそのままではあるが、特に大人になるに連れて影響はでかくなる。
なまじ小さな頃に大人の男の強さを知ってしまったから、その上それにかなわないと知ってしまったから怖くて仕方ない。
進撃の巨人でいえばまさに巨人と共に生活していたようなものだ。巨人が怖いし憎いしでおかしくなるだろう。それでも大人との接触は避けられない。

つまり、周囲の健全な人間が接するように大人と(特に男性と)うまく接することができなくなる可能性があると思う。
おれが根拠になってしまうが俺はやはりそうだった。バイトでも学校でも大人が怖くて仕方なかった。人間としてなんて多分見ていなかったし何時でも俺を殺せる存在としてみていたと思う。
今となっては相手に失礼だったと思えるが、当時は死活問題だ。こればかりは慣れるしかないが、難しい。だからなかなか社会でまともに年上と付き合うことは難しいかもしれない。

・萎縮
>上に通ずるところがあるけれど、こちらは全年齢版弊害だと思ってもらっていい。
年上年下関係なく萎縮する。お前らが思っている以上に怖くて死にそうだ。分からないだろうけれど死にそうなんだ。マジで。
だってDV家庭にいたころは何もしていなくても殴られて、何かしたらもちろん殴られたんだ。今回目の前に居るお前がそうじゃない保障は、どこにある?
特に小さな頃の小さな世界でそれが全てだった人間にとってはいっしょうそれは残り続けるんだ。目の前のDV被害者にとってお前は対等な人間じゃない可能性もあることをまずは知って欲しい。
それはお前が威圧的だとか言う話じゃなくて仕方がないことなんだということを伝えたい。萎縮するのは、仕方がないんだ。でもいつかココロを開く。だから助けてやって欲しい。そいつは苦しんでいるはずなんだ。

21: 名無しさん@おーぷん 2015/06/17(水)23:18:43 ID:Zoh
と、ここまで一気に書いたけど全部俺の見解だ。
間違いもあるかもだけど俺にとってのものの見方だし、おれは被害者の立場に立ってこれを書いている。
しかし今はある程度復帰しているという自負があるから客観的に見ているつもりだ。

だから俺への批判はあって当然だし、そいういうのもどんどん書いてくれてかまわない。

22: 名無しさん@おーぷん 2015/06/17(水)23:19:34 ID:Zoh
・ 被害者からの暴力

暴力は「より弱い者」へと簡単に連鎖します。DV被害を受けている親から「お前のせいだ」と殴られたり、心に深く傷を残すような暴言を吐かれたりといったことがあります。

あるいは、DV被害を受けて抑うつ的になった親から放っておかれる(ネグレクト/育児放棄)といった形で現れる場合もあります。


次、これだな。
俺から見たらこれ、一番問題だと思う。

23: 名無しさん@おーぷん 2015/06/17(水)23:23:49 ID:Zoh
というのもまたもや俺に自覚があるからなんだが。
おれは母親と逃げてきたけど、こんな言葉を覚えている。

「あんたが生まれてからあの人はDVをするようになった。兄貴もそれまでは楽しそうだった、関係を壊したのは…」

もちろん続くんだが、最後までは書きたくない。理由は察してくれると嬉しい。これ言われて俺はマジで泣いて泣いて翌日も頭がおかしくなりそうだった。
まあ仕方ないことなんだろうが、やはり被害者として、さらに最後の肉親…というか親としてこれを言うということが何を意味するか、俺の母親は理解していなかったんだろうな。
こういうことが多々あると聞いて本当に悲しくて涙を流した。
だって、支えあわなきゃいけないだろ、逃げてきた運命共同体だ。逃げていなかった、逃げ切れなかったとしても耐えてきた同志だ。
親からすれば邪魔な存在でも子供からすれば最後の味方だ、それをもう少し配慮できないのかと思う。

24: 名無しさん@おーぷん 2015/06/17(水)23:28:02 ID:Zoh
これの原因としては

・親の精神が限界に達したが為の「逃避行為」

だろうと思う。
日常的に暴力を浴びせらるということはやはり人間を人間から別の生物へと変化させるようなものだと思う。
だから本当は言いたくないし思いたくないこと、正常な時なら絶対に思いもしないことを平然としたり言ったりしてしまうものだと思う。
簡単に解決はできないけど、問題は弊害が非常にでかいということ。つまり

・子供が紙一重「よりどころ」としていた存在からの裏切り(親も然り)

こういうことになりうる可能性がとてもとても高い。これは人間の根底を覆す。狂わせる。

25: 忍法帖【Lv=77,けんじゃ,tlw】瞬発力◆9hRsgSI5JEQ3 2015/06/17(水)23:29:17 ID:Dm1

26: 名無しさん@おーぷん 2015/06/17(水)23:33:19 ID:Zoh
人間は「正常だと思っていたことが覆ること」を本能的に恐怖と感じる。
今までの己を全否定されるわけだからな。これはまさにそれに当てはまる。

「DV被害を受けても己を愛してくれていた」という常識を簡単に崩した上、それが親にも裏切られるということ。
さらに、親は二人しかいないんだ。もうここまできたら誰もいなくなるんだよ。どれだけ辛いことか、これを体験したものにしか分からない辛さがある。

それを乗り越えられる人間も居るかもしれない、しかしそれは受け入れるということだ。
自分がもうこの世で親を失ったということを。これは本当に辛いしいらだつし頭がおかしくなりそうになる。

だから、本当におかしくなる奴もいる。俺は何人も見てきた。
だからこそ自分はそうならないようにと考えてきたんだけれど。

今も酔っ払った母親が部屋に乱入してきて大変だったwこんなもんだ、親なんて。

27: 名無しさん@おーぷん 2015/06/17(水)23:36:37 ID:GWK
ん?クズ親に育てられたクズがDVして離婚したってこと?
ぶっちゃけどうでもいいからスレ落とせクズ

28: 忍法帖【Lv=77,けんじゃ,tlw】瞬発力◆9hRsgSI5JEQ3 2015/06/17(水)23:38:31 ID:Dm1
>>27
どうでもよくない

29: 名無しさん@おーぷん 2015/06/17(水)23:40:14 ID:Zoh
あまり言及したところでぶっちゃけこれはどうしようもない。
ただいえるとすれば「親が親になるには未熟すぎる人間だった」ということだろうな。

だからこそこういった家庭に生まれた子供は精神が早熟する傾向にある。アダルトチルドレンってやつだな。
これは悪いことばかりじゃない。と思う。早くから社会の深い闇に目を向け続けることで考えることが出来る。
俺はこれだけがアダルトチルドレンに与えられた特権、メリットだと考えている。そう思わないとやってられないしなww

だから、もし同じような序今日の人間がこれを読んでいるとしたらな、言いたいことは一つだけだ。
「考えることをやめるな」これだけ。
ここでお前が思考を放棄したら絶対に親と同じような人間になってしまう、それだけは嫌だろ?俺は嫌だ。
別に周囲に合わせろと言っている訳じゃない。お前は周囲とは違う考えをもてる存在なのに持たないのは勿体無いし無駄になると言いたい。
その苦労を活かせるなら、悪い方向に考えをめぐらせることも悪くないと俺は思う。常識は得てして「常識」の中に居る存在が作っている虚像だ。

この意味が分かるやつには、分かるよな。
辛さは分かる。絶対に負けるなといいたい。勝たなくて良いから、負けるなと言いたい。

>>27
おれはそんな意見どうでも良いからスレ上げんなクズ。
自分から上げるなんてツンデレかお前w

32: 名無しさん@おーぷん 2015/06/17(水)23:41:54 ID:Zoh
・ DVの目撃

児童虐待防止法では、DVを目撃させることも「児童虐待」であると定義されています。DVを目撃して育った子どもたちは、暴力を受けて育った子どもたち(被虐待児)と同じような症状をあらわします。

たとえば、頭痛、腹痛、夜泣き、夜尿、夜驚(夜中に飛び起きて叫び声をあげる)、うつ症状、情緒不安定、無気力、無感動、親への憎悪、などです。

また、不登校や、他の子へのいじめ、落ち着きのなさ、自傷行為、摂食障害、といった問題行動の背景に、親のDVがあることも少なくありません。


簡単にまとめられているしこれはこのままで分かるか。
本当に重要なのは、これを正しく認識して「どうしたいのか」を自分で考えられるようになること。
これができていれば別にぐれてもやんちゃしてもなんでもいい。俺はそう思う。

33: 忍法帖【Lv=77,けんじゃ,tlw】瞬発力◆9hRsgSI5JEQ3 2015/06/17(水)23:43:40 ID:Dm1
うん

36: 名無しさん@おーぷん 2015/06/17(水)23:47:22 ID:Zoh
>>33
見てくれてありがとう。
こんなスレでよければ好きなだけ吐き出してくれ。
俺もそのつもりでスレをたてた。

37: 忍法帖【Lv=77,けんじゃ,tlw】瞬発力◆9hRsgSI5JEQ3 2015/06/17(水)23:49:24 ID:Dm1
>>36
ここまではひどくなかったな
今は収まってるけども殴られるのはよくあった
でもここのみんなと違うところが一つあるな

34: 名無しさん@おーぷん 2015/06/17(水)23:44:08 ID:sTz
私は毛の処理をしたり、お洒落したいって思ったりして行動に移すと色気づきやがってって言われた。
だからすごく嫌で中学生まてま、お兄ちゃんのお下がり着たり男っぽいキャラでいた。
毛が濃いのもあって周りから散々からかわれてつらかったな…
暴力は母親と兄によくしてた。本当に怖かった。いつか殺されるんじゃないかって思ってた。
基本的に私は殴られたりしなかったけど、わざとか酔ってるのか全裸でいるのに洗面所開けられたりは何度もあったな
今は家出して父親とは一切あってないし幸せだけど、本当に離婚してほしかった

36: 名無しさん@おーぷん 2015/06/17(水)23:47:22 ID:Zoh
>>34
見てくれてありがとう。
こんなスレでよければ好きなだけ吐き出してくれ。
俺もそのつもりでスレをたてた。

35: 名無しさん@おーぷん 2015/06/17(水)23:46:20 ID:Zoh
父親によるDVがある家庭で育つと、子どもは、
「女が自分の思い通りにならなければ、男は暴力で言うことをきかせてよい」
「男が機嫌の悪い態度を取れば、女は気を使うもの」
といった、力関係を学習します。
男の子は父親を、女の子は母親を、いちばん身近なロール(役割)モデルとして成長しますので、男の子はDV加害者に、女の子はDV被害者になりやすくなります。


これがやはり改善すべき問題だと俺は思う。
腐ったみかんと一緒にいるとみかんはすぐに腐る。同じことだと思う。
つまり、早く腐る前に(価値観が染まる前に)逃げるべきだということ。
ただこれにもいろいろ害があると思う。細かく上げると面倒なので省くが、やはりここでも
「どうしたいのか」をしっかりと、本当にしっかりと見つめていないとあまり意味がない結果になりかねない。

このへんは思春期の人間なら絶対悩むよなw
俺もそうだったし、もしかしたら今もそうだから分かる、だからそれをやめるなと言いたい。

38: 忍法帖【Lv=77,けんじゃ,tlw】瞬発力◆9hRsgSI5JEQ3 2015/06/17(水)23:50:23 ID:Dm1
俺はいけないけど反撃してた

41: 名無しさん@おーぷん 2015/06/17(水)23:56:04 ID:Zoh
>>38
いいんだよ、それで。
やりすぎだと思ったら自分の意思を通すのも正解だと思う。
それができないことはとても大きな問題になりうるし。

43: 忍法帖【Lv=77,けんじゃ,tlw】瞬発力◆9hRsgSI5JEQ3 2015/06/17(水)23:56:54 ID:Dm1
>>41
ありがとう

39: 名無しさん@おーぷん 2015/06/17(水)23:54:09 ID:vIO
DVDの何が怖いんだよと思ったけどDVか

41: 名無しさん@おーぷん 2015/06/17(水)23:56:04 ID:Zoh
>>39
書き方悪かったww
ドメスティックヴァイオレンスのほうです。

40: 名無しさん@おーぷん 2015/06/17(水)23:54:15 ID:Zoh
大体は子供の観点でのDV問題をかけたと思う。
それについての俺の見解も。

通していえることは、DVの一番の被害者は子供だということ。
子供はうまれたくて生まれたわけじゃない上にそんな家庭に生まれたいわけじゃない。
親が責任を背負う覚悟も権利も資格もないのに命を作った結果こうして辛い思いをしている人間がいる、これは由々しき問題だ。
ましてやそういった家庭で育った子供は自分がする側に回りやすいときた。この負の連鎖は断ち切らなければならない。俺は将来そういった仕事をする。絶対に。
小さな頃の俺を救えなかったかわりに、同じ思いをしている子供を命がけで救う。絶対に笑って生きてもらう、それだけで良い。死んでも良い理由になる。

だから、見てないかもしれないけど親御さんの方々、少しだけでも意識してみてください。
子供に「しかる」のは正解です。しつけだ。でも
子供に「おこる」のは間違いです。それはあなた個人と子供の闘争だ、そして結果が見えている闘争だ。それは世間一般でいじめと呼ばれる。
あばたに自覚がなくてもいじめが起こっているかもしれない。どうか自分や周囲に目を向けてください。少しだけ。

絶対に世界はよくなります。それだけでいいんです。

44: 名無しさん@おーぷん 2015/06/18(木)00:01:01 ID:a3b
>>40
長文ありがとう。
俺には体験は無いけどあなたのお陰でDVについて少し理解できた気がします。

45: 名無しさん@おーぷん 2015/06/18(木)00:02:56 ID:Hct
>>44
こちらこそ、読んでいただいてありがとうございます。
これはあくまで自分の主観ですし批判もあると思います。

ですがこの声が届くというのはやはり嬉しいものです。ありがとうございます。

50: 名無しさん@おーぷん 2015/06/18(木)00:18:08 ID:LJv
>>45
今は兄とも母とも仲良くしてます
でもいまだに父を見捨てられず暴れても耐えて暮らしています。
私は家を出てから本当に気持ちが楽になれました。家にいる頃はどんどんおかしくなっていって自分がどんな性格なのか、素の自分がわからなかったんです。
泣きたくなって感情が抑えきれなくなった時に刺したり傷つけたり焼いたりと自傷行為を少し。
よく好きな人に依存してて、セフレでも良くて、唯一楽しいと思える時間が男の人といる時。

今は結婚して幸せだけど、彼に無理をさせるのではと不安になりますね
母にもなんであなたはこうなの?って責められる時があるけど、あなたにはわからないだろうって、どんだけ苦しいかわからないんでしょって怒ることがいまだにあります。
文もまとまってなくて、ただの吐き出しになってますね…
スッキリしました。主さんありがとう。

52: 名無しさん@おーぷん 2015/06/18(木)00:23:34 ID:Hct
>>50
あなたのような生の声の書き込みがさらにDVがどんなものかを色濃く伝える何よりの情報として
残ってくれる、それだけでもとてもありがたいですし、辛いことをわざわざ書いていただいてありがとうございます。

ご結婚なされているのでしたら、俺がなにか言うまでもなくもう整理はついておられるのだとおもいます。
ご主人はあなたの過去を知っておられるのだと思います。でしたらきっと大丈夫だと思います。
お母様が何を言おうと、誰がなんと言おうともう今のあなたを見て共に生きてくれる覚悟を決めた相手だけを見つめると良いと思います。
依存は、「良いほうの常識」を加速させるものだとも思っています、視野が狭くなるのは良いことではありませんが、よいことになら積極的に依存するべきだと思います。

長くなりましたがぜひよいご家庭を築いていってください。

42: 名無しさん@おーぷん 2015/06/17(水)23:56:36 ID:sTz
見てると納得すると言うか救われる気持ちがやっぱりあるんだよね。

母は依存しているのか離婚はしなかったし、私が外泊や家族の誕生日に家にいないとなると父が狂ったように怒るから泣きながら頼むから家にいてくれって言ってた。大学卒業してもこんな生活だった。
家にいたって酔って暴れて何処までも追っかけてきて、怒鳴り散らして暴力ふるっていい事なんで一つもないのに。
そのうち遅めの反抗期なのか親が大嫌いな水商売で働いて家にいても一切顔あわさないようにしてた。
お兄ちゃんからは、裏切り者ってお前は家族じゃないって言われた

45: 名無しさん@おーぷん 2015/06/18(木)00:02:56 ID:Hct
>>42
各々の気持ちが、とてもよく分かりますね。
本当に辛そうです、文からも苦労なさったことが見えますね、よく耐え切ったと思います。
お母様はきっと依存していて、そして逃げられなかったのでしょう。
「学習性無力感」というのをご存知ですか?俺の母親もそうでしたし、今現在も別の原因でそれになっていると思われます。
きっとお母様はそこから逃げられなくて、逃げる気持ちごと奪われていたのでしょう。
そんなお母様のもとに生まれて、その価値観に支配されたお兄様もきっとその世界の中での「常識」のもとであなたに裏切り者といったのではないかと。
悪いのはその常識です。罪を憎んで人を憎まず、とは俺は言えませんがそのせいで自分を殺してしまうことだけはないようにして欲しいです。

って、年下の俺が言っても話しになりませんねw
しゃしゃりました、すみません。

46: 名無しさん@おーぷん 2015/06/18(木)00:06:36 ID:Hct
パートナーと言っても一般的な
父親がDV加害者で
母親がDV被害者である場合を書きます。

これにも大きく分けると二通りあると思うのですが、大まかに

・子供がいる
・子供が居ない

この二つに大別されると思います。
http://dviyaiyayou.jugem.jp/?eid=111
よさそうなサイトを見つけました。こちらを元にしたいと思います。
長いので読まなくてもかいつまんでお話します。

47: 名無しさん@おーぷん 2015/06/18(木)00:08:35 ID:Hct
我が家の場合は、子供がいてくれたおかげで、DVに気付く道しるべを見つけることが出来たわけですが・・・
子供がいなかったら、私は気付くことが出来ただろうか・・・・?と、ゾッとすることがあります
まさか自分がDVに遭うわけがないと信じ込んだまま、ジワジワと夫にコントロールされ、そのまま一生を終わらせていたかも知れません


これはかなりおもしろい記事だと思います。
つまり「潜在的なDV家庭」について言及しているのです。

事件は起訴されなければ事件ではないし、犯人は捕まらなければ一般人として生きています、
これはそんな日常に溶け込む危険を示唆しているような気がします。

48: 名無しさん@おーぷん 2015/06/18(木)00:10:41 ID:Hct
子供がいると、DV加害者のことだけにすべての意識を向けることは難しくなります。
そのことが、”気付き”のきっかけになることもあると思うのです。
が、夫婦二人、お互いパートナー同士だけだと、意識を相手に向けて過ごすことが当然と、なりやすいのです
特に、DV加害者は、自分への関心をひたすら強めようとしますし、成長を止めるどころか、退行までして、どんどん相手を束縛し、依存関係を作り上げようとします

これはその通りですね。
小さな世界(家庭)においては常識はその中で作り上げられてしまいます。
つまり、それが愛のあるものであれば最高ですが、最低のものにもなりうるということです。
依存はそれを加速させて歯止めを聞かなくさせるたーぼのようなものだと考えています。

49: 名無しさん@おーぷん 2015/06/18(木)00:13:57 ID:Hct
新婚時代、何処へ行くにも付いて来た夫を思い出します
新婚時代、誰と会うのも、付いて来たがった夫を思い出します
新婚時代、何をするにも、一緒にしたがった夫を思い出します
「新婚って、こういうもんかなあ?」
と、ボケ~ッと、思っていた自分に、アホかッ!と、突っ込みを入れてやりたいです
何をしても、
「ありがとう」
と、笑顔で答えていた彼が、数ヶ月もたつと、お礼を言わなくなりました
何を作っても、
「美味しい」
と、喜んでいた彼が、数ヶ月も過ぎると、黙々と食事するようになりました
「分担」
という形で、色々家のことが回っていたはずが、段々、
「コレをするから、コレを条件にして」
というような形で要求されるようになりました。
最初は、私が食事の後片付けをして、その間、彼が一休みのゴロ寝をするので、その後、彼が風呂掃除をする・・・というようなものでした。


ここまで読むとなんとなく想像できてしまいますよね、このご家庭の状況を。
二人の間に「無償もしくはそれに近しい愛」などもうとうになく、
「利害関係」が生まれているのです、こうなってしまえば手は出なくてももう潜在的なDV家庭といっても差し支えないと思うのです。

もちろん、共働きのご家庭だったり、事情があって籍だけ入れていたりいろいろありますので一概には言えませんが、
必要条件として「利害関係」が存在しているのは明白だということをお伝えしたかったのです。

51: 名無しさん@おーぷん 2015/06/18(木)00:18:12 ID:Hct
どんどん、要求は多くなり、広がり、深まります
座って命令をすれば何でもしてくれるパートナー、夜の相手も自分が望めば思う存分してくれるパートナー、自分が泣けば慰め、怒れば宥め、何でも受け止めて癒し、支えてくれるパートナー。
そして、権力を誇示したい時は、暴れてストレスをぶつければ怖がり怯えて、
「あなたが、この世で一番偉いんですよ、本当は」
と、反応して教えてくれるパートナー。
DV加害者は、ウハウハです
しかし、悲しいことに、彼・彼女の心が満たされることはありません
人を傷つけても、人を悲しませても、人を踏みにじっても、得られるものは愛情ではありません。
信頼は消え、愛情は薄まり、深い悲しみと孤独感だけが強まるだけです
しかし、そのことに虐待する者、暴力を振るう者は、ひたすら気付かないフリをします


こうなるまでに時間はかかりません、むしろ必然といってもいい。
子供が引き金という見方もあるかもしれませんし、実際俺はそうでした。
でもそうとは限らずに「利害関係」が強化されればされればされるほど小さな世界の「家庭」での常識はおかしなものになります。

それによってその常識のもとに生きる人間(夫婦や子供)は心が磨耗し、ついには相手を傷つけることになる。
そしてそれをもってしても癒えない渇きはさらにターボとして各々についてくるのだと思うのです。

53: 名無しさん@おーぷん 2015/06/18(木)00:24:28 ID:Hct
ご夫婦もしくは、パートナーとの生活の場合、
「子供がいないから、いつでも別れられるでしょ?」
と、DVの存在を知った人には、言われることもあると思います
子供がいると、
「子供のためにも、離婚した方がいい」
「子供のためにも、離婚しない方がいい」
と、両方言われますが、それだけ、言う人は自分の価値観で意見するんですよね
心配はしてくれているのですが、理解をしてくれているのではない・・・と、痛感します
子供がいないからこそ、この人と何とか頑張りたいと思う方もみえるでしょう
ダメだ、もう頑張れない・・・・という方は、もう頑張らなくてもいいのです。
相手と離れて、ご自分をもう一度取り戻すことに専念されていいのです

どんな状況であろうと、DV被害者に対して、救済の手が平等に差し伸べられること。
もっと理解が深まることを心から願います
DV被害者認定されたら、タダで病院に通えるとか、カウンセリング受けられるとか、色々な心身リラックスサービス受けられるとか、そうなるといいのに・・・と、夢見てしまう私でした

54: 名無しさん@おーぷん 2015/06/18(木)00:30:39 ID:Hct
>「子供のためにも、離婚した方がいい」
「子供のためにも、離婚しない方がいい」
と、両方言われますが、それだけ、言う人は自分の価値観で意見するんですよね
心配はしてくれているのですが、理解をしてくれているのではない・・・と、痛感します

これはその通りですね、周囲の「常識」のもとから放たれたアドバイスは言っては悪いですが正直くその役にも立ちません。
もっともただ意見をすることがアドバイスだろうと信じておられる方には何を言っても無駄なのですが。


>子供がいないからこそ、この人と何とか頑張りたいと思う方もみえるでしょう
ダメだ、もう頑張れない・・・・という方は、もう頑張らなくてもいいのです。
相手と離れて、ご自分をもう一度取り戻すことに専念されていいのです


ここは、上のほうで俺が書いた「自分がどうしたいのか」ということが親にも言えると思います、つまりは完全に同意です。
結局は「原因」への「対処」ですから行動の決定権は個人に委ねられています、子供も、大人も。
だからこそその判断は自分が自分のために下せるべきだと思うのですが、DV家庭下だとそれも厳しいことが多々あります。


>どんな状況であろうと、DV被害者に対して、救済の手が平等に差し伸べられること。
もっと理解が深まることを心から願います
DV被害者認定されたら、タダで病院に通えるとか、カウンセリング受けられるとか、色々な心身リラックスサービス受けられるとか、そうなるといいのに・・・と、夢見てしまう私でした


こういったことがそんな行動の自由化への後押しになりうると考えています、
ぜひとも行政や民間でこういったことを行っていただきたい。
そして今はそれが見込めないのなら自分で頑張るしかない。
辛くて苦しいけれど、やるしかないのです。いや、やらなくても良いのです。
ですが判断を下すのは自分だということを忘れてはいけないと、思いました。

55: 名無しさん@おーぷん 2015/06/18(木)00:31:57 ID:Hct
とても長文になりました、時間も遅くなってしまいましたがあらかた言いたかったことはいえたんじゃないかと思います。

見ていないかもしれませんがなにか質問や意見があれば聴かせてください。
読んでくださってありがとうございました。

58: 名無しさん@おーぷん 2015/06/18(木)00:36:02 ID:0zO
気が付いた人は、
その時は苦しむかもしれないがさいわい
気が付かない人の多くは、親の生き方をトレースする事になる

60: 名無しさん@おーぷん 2015/06/18(木)00:39:40 ID:Hct
>>58
そうなんです、それをどうにかする仕事を絶対にやらければと思っています。
心理カウンセラーなんかじゃ話にならないことは自分が実証しましたから、それ以外で。

63: 名無しさん@おーぷん 2015/06/18(木)00:47:22 ID:Hct
あ、ここまでの書き方だと加害者が全面的に悪いように見えるかもしれません、でも俺はもっと大局的に物を見ているつもりです。
そうでなければこういう問題は緩和できませんし。
つまり俺はDVを受けて、ゴミのことは許せませんが、加害者も被害者だと思います。
護るべき存在なのは被害者も加害者も同じなのです。

人格の批判だけでは世界は絶対に変わりません。

65: 名無しさん@おーぷん 2015/06/18(木)00:52:09 ID:Lox
母親からも虐待受けてんのか辛いな
父親が子供に暴力ふるって庇うべき母親が傍観してるってこれ虐待だかんね
1の場合は母親が子供に父親の暴力の責任を擦り付けてるろくでなしだ腹立つわ

68: 名無しさん@おーぷん 2015/06/18(木)01:00:39 ID:Hct
>>65
個人的なことになってしまいますが母親にはやはり恩がありまず。
義理といったほうが正しいでしょうか、もう高齢ですし引き取り手もいないし金もない、本当にかわいそうです。それしか思いません。
ただやはり母親ですし、辛くておかしくなるまではやさしくもしてくれていたたった一人の母親なのです。それがここまで変わってしまうのはやはりこの現状がいけないと思いました。
いまは本当にろくでなしですし、俺は自分がげんいんだと今言われても笑ってしまう自身があります。
俺はそんな母親も、ひいてはゴミも救いたいんです、それが自分をも救うことになると信じています。

コメントいただいてありがとうございます。
母親は今、こうしていろいろと辛くなるまでは本当に良い母でした。なんか涙が出ます。

70: 名無しさん@おーぷん 2015/06/18(木)01:09:02 ID:Hct
俺の愚痴になってしまいますね、すみません。
結局自分を救いたいだけでこんなことを言ったり調べたりしているだけで、俺もじぶんが一番なことは変わらないんですね。
せめて自分に施すことが誰かのためにもなることを望んで頑張ります。

なにかなければきょうはもう落ちて寝ようかと思います。
皆さんも頑張ってください。

71: 名無しさん@おーぷん 2015/06/18(木)01:33:21 ID:Lox
誰でも自分が一番だよ
自分が一番で良いし

大好きなお母さんが自分を裏切ったなんて認めたくない

自分が自分を裏切らなければそれでいいんだ