768 光 ◆lWKWoo9iYU 2009/06/18(木) 00:47:18 ID:j0e1jDQW0
久しぶりに来た親父の墓は土埃で汚れていた。 
俺は予め用意していた掃除用具を取り出し、念入りに親父の墓を磨いた。 
「家族を助けてくれて、ありがとう。守ってくれて、ありがとう」 
そんな気持ちを込めて念入りに磨いた。 
母も姉も必死に墓を磨く俺を眺めて、何故そんなに一生懸命に磨くのかと 
不思議そうにしていた。 
俺は母と姉の二人にも掃除道具を渡し、墓磨きに協力してもらった。 
心なしか、親父の笑い声が聞こえた気がした。 

その後、俺たちは家族でレストランに入った。 
久しぶりの家族団欒だった。 
食後に俺はトイレに入った。入り口を開け、トイレの中に入る。 
そこは、ビルの屋上だった。 
驚いた俺は周囲を見渡す。 
俺の視線の先には、あの騒動の本丸の男がフェンスに寄りかかりながら 
タバコを咥えていた。 
「よお」 
気軽な挨拶をすると男は俺に近づく。 
「俺に近付くんじゃねぇ!!」 
俺は怒鳴った。 
「はは、怖いねぇ。そんなに怒鳴るなよ。なにも危害を加える気はねぇよ」 
男は尚も俺に近づく。 
「なんのつもりだ!?いったい、何しに来た!?」 
怒鳴る俺を無視して男は俺の眼前に立つと、思いがけない言葉を発した。 
「事の顛末を知りたくないか?」 


786 顛末 ◆lWKWoo9iYU 2009/06/18(木) 01:19:48 ID:j0e1jDQW0
「事の顛末だと?」 
男は俺を嘲るように微笑んだ。 
「心配するな。あのオカマ社長の許可は取ってあるよ」 
男は俺の胸に拳を当てた。 
すると男の拳は何の手応えも無く、俺の体をすり抜けた。 
「ほらな。俺からお前に何かすることは出来ないんだよ。 
 あのオカマにお前は完全にガードされているし 
 俺もあのオカマに能力の根源を握られている。 
 今の俺はオカマに金玉抜かれた腑抜けなんだよ」 
俺は後ずさりをした。 
「俺に何を聞かせたい?」 
男はどこからか椅子を取り出し、腰掛けた。 
「さっきも言ったろ?事の顛末さ。 
 どうして俺と妹がお前を狙ったのか。何故、殺そうとしたのか。 
 お前には聞く権利があるんだよ」 
確証は無かったが、男に害意はないように思えた。 
確かに俺も、この騒動の動機と理由が知りたい。 
俺の心にある霧の正体が知りたかった。 
「判った。なら聞かせてくれ。事の顛末を」 
「そうこなくちゃな。わざわざ、来た甲斐が無い」 
そう言うと男はタバコを地面に捨て、足で揉み消した。 


788 顛末 ◆lWKWoo9iYU 2009/06/18(木) 01:20:30 ID:j0e1jDQW0
「初めにお前に出会ったのは、お前がバイクで小樽に来たときだ。 
 確かツーリングだっけ?お前はそれをやりに来たんだ。 
 俺はたまたま小樽に用が有って来ていた。 
その時、妹の奈々子がお前に目をつけたんだ。 
 何故なら、お前が奈々子にとって羨ましい存在だったからだ。 
 まるで光に群がる虫のように奈々子はお前に惹き寄せられた」 
俺は困惑した。 
「何故、俺なんだ?俺の何が羨ましかったんだ?」 
「お前の中に温かい家族の繋がりが見えたのさ。 
それが奈々子には心底、羨ましかった。 
俺たちの家族はな、言っちゃ何だが、クソの肥溜めそのものだった。 
特に奈々子は生前、そうとう、あのクソ親父に責められた。 
口に出すのもおぞましいぜ。実の父親が娘を性の対象にするなんてよ。 
しかも親父は極端なサドでよ。ひでぇもんだった。 
だが、俺も人のことは言えねぇ。苦しむ妹を、見て見ないふりしたんだからな。 
母親はとっくの昔に死んで居なかった。 
だから妹にとっちゃ、俺は唯一の頼りだったんだ。それを俺は見捨てた。 
面倒臭かったんだよ、正直、言って。俺にはどうでもいいことだった。 
奈々子にとっては絶望的だったろうよ。アイツは一人で警察に行き、助けを求めた」 
「ちょ、ちょっと待ってくれ!」 
俺は男の話を遮った。 
「気持ち悪くなったか?そうだろうな。クソの肥溜めの話だ。無理も無い」 
男はポケットからタバコを取り出し、口に咥えた。 
さっきまで人を嘲るように笑っていた男の顔は、深海のような冷たい表情だった。 
話の内容よりも俺は、この男の表情に恐怖を感じていた。 


789 顛末 ◆lWKWoo9iYU 2009/06/18(木) 01:21:10 ID:j0e1jDQW0
「いいか?続けるぜ?」 
俺は無言で頷いた。なるべく男の顔を見ないように気を付けた。 
「奈々子は警察に助けを求めたが、全て無視された。 
 親父はクソだが、精神科医としてはエリートだった。 
 警察にも協力していたし、署の幹部とも仲が良かった。 
 奈々子は対応した警察官に、人格ごと全てを否定されて追い返されたんだよ。 
 更に絶望した奈々子は遂に精神を病んで精神病院に入院した。 
 しかも、親父の病院にな。 
 そこでも奈々子は酷い扱いを受けた。 
警察に訴えた奈々子を親父は許さなかった。 
奈々子の担当の看護師に言いつけて、奈々子を毎日のように暴行させた。 
信じられるか?それをやらしたのが実の父親なんだぜ? 
そして奈々子は自殺した。どこからか持って来たロープで首を吊ってな。 
そこで俺は初めて泣いたよ」 
黙って俺は男の話を聞いていた。 
男の家族と俺の家族。まるで正反対の家族だった。 
「奈々子は自殺した後、この世を彷徨い、俺の所に来た。 
 奈々子には才能はあったが、俺のような能力はなかった。 
 だから、俺に復讐の話を持ちかけたんだ。俺に協力しろってな。 
 勿論、それを俺は断ることも出来た。 
だが、俺は奈々子が死んでから、初めて気付いた感情に逆らえなかった。 
俺は奈々子を愛していた。自分勝手な話だがな」 


790 顛末 ◆lWKWoo9iYU 2009/06/18(木) 01:21:58 ID:j0e1jDQW0
「俺は奈々子に協力し、親父と警察官、それと看護師を殺した。 
俺はそれで奈々子が満足すると思っていた。 
だが、それは違った。 
俺は霊というものに対する知識を中途半端に持っていたに過ぎない。 
どんなに復讐を遂げても奈々子はもう死んでいる。 
俺の目の前に居る悪霊と化した奈々子は奈々子であって奈々子じゃない。 
ただの情念の塊だ。情念の塊が満足して消えることなんて絶対に無い。 
俺は落胆したよ。 
親父も含めて3人も殺したのに、ただ奈々子の形をした悪霊が増大しただけだった。 
そんな時にお前が現れた。 
ただの復讐の情念の塊だったはずの奈々子が、お前に魅かれた。 
俺にとっては驚きだったよ。もしかしたら、と変な希望まで持っちまった。 
だが、奈々子は死んでいる。普通の生き人とは一緒に居られない」 
「それで俺を殺そうと思ったのか?ふざけるな」 
「ああ、今、思えば愚かもいい所だ。だが、俺にとっては希望だった。 
 お前と居れば奈々子は奈々子として戻れるんじゃないか、とな」 
男の話に俺は納得がいかなかった。 
「ただ、殺すだけなら、お前には何時でも俺を殺すことは出来たはずだ。 
 何故、すぐにやらなかった?何故、あんな回りくどいことをする?」 
俺は男に問いただした。男の表情に変化はない。 
「単純に、すぐに殺しても霊はこの世に留まらない。すぐに消えてしまう。 
 苦しめて、追い詰めて、不条理を与えることで 
霊はこの世に強い情念を残し、長く留まる。 
お前には未来永劫、奈々子と一緒に居て欲しかった」 
男の言葉に俺は全身が震えた。 


791 顛末 ◆lWKWoo9iYU 2009/06/18(木) 01:22:43 ID:j0e1jDQW0
「北海道から帰ったお前は交通事故を起こし、重症を負った。 
 あれも俺の仕業だ。 
 お前の会社の人事部長の脳に侵入して、解雇通知を書かせたのも俺だ。 
 左腕の骨折だけ治りが遅かっただろ?あれも俺だ。 
 その他諸々。お前には色々、仕掛けたな」 
俺は震える拳を押さえた。 
「殴っても良いんだぜ?そこで我慢するのは元サラリーマンの悲しい性か?」 
俺は男の左頬を全力で殴った。男は椅子から転げ落ち、地面に平伏した。 
「まあ、一発くらいは殴らせないとな…」 
男はそう言うと椅子を元の位置に戻し、再び腰掛けた。 
俺は怒りで全身が熱くなっていた。 
「落ち着けってのは無理な話かもしれないが、話は最後まで聞け。 
 俺はお前に感謝しているんだ」 
「感謝だと!?」 
「最後にお前が奈々子と一緒に居たときの話だ。 
 あの時、俺はオカマの部下に押さえつけられ、床に平伏していた。 
事の終わりを見届けろとオカマに言われ、俺はお前たちを見ていた。 
あの時…、俺は眼前の光景に我が眼を疑った。俺は奇跡を見ていた。 
ただの復讐の情念の塊だった奈々子はそこには居なかった。 
お前も見ただろ?あの奈々子が本当の奈々子だ。生前の頃の奈々子だったんだ。 
 アイツはただの、か弱い女だった。あれが本当の奈々子の姿だったんだ。 
 俺は泣いた。奇跡を前に俺は子供のように泣く事しか出来なかった。 
 最初は光に群がる虫のように奈々子は、お前に魅かれただけだった。 
 それが何時しか、本当にお前のことを好きになっちまっていたんだ」 


792 顛末 ◆lWKWoo9iYU 2009/06/18(木) 01:23:34 ID:j0e1jDQW0
俺は震える拳を降ろし、黙り込んだ。 
「お前も薄々、気付いていたんじゃないか?」 
そう言う男の顔からは、深海のような冷たさが消えていた。 
最後に見た、あの女の顔を俺は思い出していた。 
気が付くと俺の眼からは涙が流れていた。 
「泣いてくれるのか?」 
男はそう言うと静かに俯いた。 
「お前は優しい男だな。あんな事をした奈々子のために泣いてくれるなんてよ。 
 お前は本当にしぶとい奴だった。俺はお前の勇気に驚かされ続けたよ。 
 そして、家族の愛情に恵まれた、優しい男だ。 
 今なら奈々子の気持ちが俺にも判る。俺たちは愛情に飢えていた。 
 本当にお前が羨ましい。 
 奈々子は生前、誰かを好きになることなんて一度もなかった。 
 こんな形じゃなく、奈々子が生きている間にお前と出会えていたら…。 
 お前のように俺にも勇気があれば、こんなことにはならなかった」 
俺は泣いた。あの女を思い、泣いていた。 
あの女は敵だ。あの女が俺に何をしたのかは忘れない。 
それでも俺の眼から流れる涙は止まらなかった。 
男は椅子から立ち上がると、天を仰いだ。 
「俺も奈々子も散々、人を苦しめた。天国には行けねぇ。 
 奈々子も地獄に落ちたよ。アイツは生まれ変わっても、また辛い人生を送る。 
 でもよ…、もし、お前がアイツに再び、出会ったなら…。その時は…」 
男は踵を返し、背を向ける。 
「…自分勝手にも程があるか…」 
男は静かにうなだれる。その背中には悲しみが色濃く映し出されていた。 


811 終始 ◆lWKWoo9iYU 2009/06/18(木) 01:55:36 ID:j0e1jDQW0
俺は事の顛末を知った。俺には泣くことしか出来なかった。 
男とあの女の悲しい過去。俺の知らない家族の話。 
全てが俺の胸に突き刺さり、涙を溢れさせていた。 
俺はただただ悲しかった。 
「じゃあな」 
男はそう言うと俺から離れていく。 
「これから、お前はどうする気なんだ?」 
俺の問いに男は足を止める。 
「俺には初めから守護霊なんてものはいない。 
 自分の身は自分で守ってきた。 
 だが、俺はもう能力を封印する。 
 俺がお前を苦しめたように、今度は俺が苦しむ。 
 もう、お前とは会うこともねぇ。 
 俺の行き着く先は妹や親父と同じ所さ」 
そう言うと男は俺の目の前から消えた。 
俺はレストランのトイレに戻ってきていた。 


812 終始 ◆lWKWoo9iYU 2009/06/18(木) 01:56:17 ID:j0e1jDQW0
トイレの洗面所で泣き腫らした顔を洗った。 
俺はあの男の言葉を思い出していた。 
『俺の行き着く先は妹や親父と同じ所さ』 
あの家族に救いは訪れないのだろうか。 
一度、人は道を外すと元には戻れないのだろうか。 
俺は世の無常を感じていた。 
トイレから出た俺は家族の待つテーブルに帰ってきた。 
幸せな光景。あの家族は、この光景を一度も見たことは無いのだろうか。 
俺の胸は切なさでいっぱいだった。 
「ちょっとぉ、なにボーとしてるのよ」 
姉の声に俺は我に返る。 
「ああ、悪い。ちょっと考え事しててさ」 
「さっきから、あんたの携帯、鳴りっ放しだったよ。 
 なんか、出ても悪いかなぁと思って放置してたけど」 
俺は自分の携帯を見た。確かに5件も着信履歴が在る。 
相手はジョンの携帯だった。 
何の用だろうか。俺はリダイヤルした。 
「もしもし。お兄さんですか?」 
「ああ、なんだ、ジョン?何回も着信履歴が入っていたけど、急ぎの用事か?」 
「いやぁ、俺がお兄さんに対して、急ぎの用事って訳じゃないんですけどね。 
 社長が今すぐ事務所に来いって」 
「社長が!?」 
俺は携帯を切ると家族に謝り、レストランを飛び出した。 
社長を待たせること程、怖いことは無い。 


813 終始 ◆lWKWoo9iYU 2009/06/18(木) 01:56:58 ID:j0e1jDQW0
全力で走り抜け、俺は社長の待つ、探偵事務所に辿り着いた。 
「ご…御用件は…はぁ…はぁ…なんですか、社長…はぁ…はぁ」 
社長はタバコを灰皿に押し付けた。 
「はぁはぁ、気持ちが悪い!先ず、呼吸を整えろ、馬鹿!」 
俺の目の前に一杯の水が差し出された。 
「お兄さん、飲んでください」 
ジョンだった。 
「ああ…、ありがとう。ジョン」 
ジョンは優しく微笑んだ。 
ジョンのくれた水を俺は一気に飲み干し、呼吸を整えた。 
「良いか?とりあえず、この書類に眼を通せ」 
社長の差し出した書類を俺は見た。 
そこには内定通知書と書かれていた。 
「これは…、なんですか、社長?」 
俺は唐突な書類の内容に戸惑った。 
「見て判らないか?お前を我が社に採用すると言っているのだ。 
 お前は未だに無職なのだろう?私がお前を雇ってやる」 
社長の言葉に驚いた俺はジョンの顔を見る。 
ジョンは笑顔でサムズアップをしていた。 


814 終始 ◆lWKWoo9iYU 2009/06/18(木) 01:57:39 ID:j0e1jDQW0
「え!?いや、嬉しい!けど…。ど、どういうことですか、社長?突然で…」 
「戸惑っているのか?」 
社長は妖しく微笑む。 
「実を言うとな。お前の敵だった、あの男に頼まれたのだ」 
「あの男に!?」 
俺は驚いた。あの男が社長に頼みごとを? 
「私も驚いたよ。我が社の口座にいきなり1000万円も振り込んで 
 お前を雇ってくれと頼み込んできた。 
 せめてもの罪滅ぼしとでも思ったのか。それともお前が気に入ったのか。 
 1000万円もあれば、どんなペーペーでも一流に育つ。 
 私は快諾したよ。その気持ちを受け取るかどうかは、お前次第だがな」 
俺は迷うことなく「御願いします」と言い頭を下げた。 
「お前には霊能の才能が欠片しかないから、探偵として雇うことになる。 
 言っとくが、甘くは無いぞ。覚悟しておけよ?」 
そう言うと社長は微笑んだ。ジョンも笑っていた。 
俺は探偵として生きていくことを決めた。 


815 終始 ◆lWKWoo9iYU 2009/06/18(木) 01:58:20 ID:j0e1jDQW0
俺の物語はここで終わる。 
探偵として歩み始めた俺には様々な出来事が起きる。 
でも、それはクライアントの物語。 
守秘義務の関係上、これ以上は書けない。 
あの騒動で俺は強くなった気がする。 
今でも時折、あの女のことを思い出す。 
あの女は今も、どこかで苦しんでいるのだろうか? 
もし、再びアイツと出会ったなら…俺はその時… 
アイツを助けてやりたいと思う。 

死ぬ程洒落にならない怖い話を集めてみない?215