【緊急考察】4月4日に大事件が起こる!? 旧約聖書「ブラッド・ムーンの予言」

TOCANA

tkn_ETM201504020003_01_l今月4日、「ブラッド・ムーン」と呼ばれる現象が起きる。ブラッド(血)ムーン(月)すなわち「血染めの月」とは、月が地球の影になって隠れる皆既月食の際、大気中の粒子によって月がオレンジ色や赤茶色に見える現象のことだ。その光景から、直感的に不吉な予感を覚える人も多い。 また、昨年4月15日から今年の9月28日にかけては、皆既月食が4回続く(2度目は昨年10月8日、今回で3度目)「テトラッド」と呼ばれる現象の最中にある。テトラッドは、過去2000年の間に8回しか起きていない、極めて稀な現象である。今回は、これらの現象に合わせて大変なことが起きるとする「ブラッド・ムーンの予言」について考察してみよう。
Read more


あっちゃん「何度もUFO見た」“世にも奇妙な体験”激白!

サンケイスポーツ

geo15040205040012-p2今年、放送開始25周年を迎えた「世にも奇妙な物語」。記念イヤーに出演をかなえた前田は、収録を終え、「子供のころ、物語を不気味に思いながらも楽しんでいた番組。その感覚を伝えられたと思います」と声を弾ませた。 
Read more


「UFOにスクランブルは?」猪木氏、防衛相にまじめに質問

産経ニュース

plt1504010048-n1「UFO(未確認飛行物体)にスクランブル(緊急発進)をかけたことがあるか」 日本を元気にする会のアントニオ猪木最高顧問は1日の参院予算委員会で質問に立ち、中谷元・防衛相に真顔でこんな質問をした。 
Read more


精神病院の少女、刑務所の看守…ゴーストハンターが捉えた心霊写真=オーストラリア

TOCANA

20150402-00010001-tocana-000-1-viewオーストラリアと言えば青い海、そしてアウトドアなイメージを持っている読者も多いかもしれない。しかしかつてオーストラリアはイギリスの流罪植民地として使われていた暗い過去を持つ。1788年の入植当時は住民のほとんどが囚人、もしくは軍関係者であり陰惨な事件も多かったと言われている。そのせいか、オーストラリアには幽霊屋敷や心霊スポットが実に多い。そして、「ゴーストハンター」という職業も、人々から受け入れられる土壌があるようだ。 
Read more


「貞子VS伽椰子」世紀のホラー対決!?

東スポWeb

b7f3f_1399_677c36ac_876946ea-m日本の2大ホラー映画と称される、「リング」シリーズの貞子と6月公開の「呪怨―ザ・ファイナル―」で歴史に幕を閉じる“呪怨シリーズ”の伽椰子が今夏、激突する!? 
Read more


未知との遭遇かよ!エリア51付近で撮影されたUFO映像が物議を醸す【動画】

AOL News

3「映画のセット?」と疑いたくなるようなUFOを運搬するトンでもない映像がネット上で公開され物議を醸している。3月21日ネバダ州のエリア51の近くで撮影されたこの映像。警察車両が護衛する物々しい中、トラックの荷台に円盤型の物体が運ばれている。 
Read more


今まで描かれることがなかった身近な恐怖―ハカタナカ ユウスケ監督最新作、映画『呪いのTカード』

T-Site News

x22866486_13640.jpg.pagespeed.ic.tCmQwrUVFH今や国民の二人に一人は持っているという、Tカード。この、身近すぎるが故に起こり得る恐怖に着目したハカタナカ ユウスケが、『青と黄色のシンフォニー』『そのカード、悪につき』に続いて送り出す“カード三部作”の集大成ともいうべきホラー作品、それが『呪いのTカード』だ。 
Read more


超常映像はニセモノより本物探しを NHK「幻解!超常ファイル」

The Liberty Web

NHK総合の「幻解!超常ファイル ダークサイド・ミステリー 超常映像 謎解きスペシャル!」(3月28日放送)では、さまざまな超常現象を捉えた動画や画像を紹介し、ニセモノの見分け方を説明した。しかしそれは、番組制作側の意図が色濃く反映されたものだった。 
Read more


見慣れた東京の情景に潜む非日常空間にダイブイン!

ギズモード・ジャパン

日本の首都での日々の暮らし。数えきれないほど大勢の人の日常。それは普段は何気なく見過ごしている光景かもしれません。でもその姿を『四畳半神話大系』のエンディングでも知られる細金卓矢さんが捉えれば、伝統文化と最新技術が入り乱れる不思議次元「東京」、へと変貌を遂げます。 
Read more


【衝撃動画】ロシア南西部にあるダゲスタン共和国で「人の顔」をした羊が誕生

ロケットニュース24

jinmen今から約20年ほど前、日本では「人面犬」ブームがあった。「ほっといてくれよ」が口癖で、走ろうものなら時速100キロ、人の顔をした犬が話題になったものだ。一般的には都市伝説ということで決着しているが……。 なんとこの度、ロシア南西部にあるダゲスタン共和国で、人面犬ならぬ人面羊が激撮されたというのだ! 動画として残っているので、すぐさまチェック! その詳細は次の通りである。 
Read more