まるで異世界のような美しさ・・・。世界最大の洞窟「ソンドン洞」にドローンが侵入

TABI LABO

150319_hang-son-doong1-1038x576世界最大の洞窟と呼ばれるベトナムのソンドン洞。そこは壮大さと繊細さを同時に孕んだような場所だ。ここで紹介する動画は、ドローンによって撮影されたその全貌だ。 まるで太古の風景が、そこでは生き残っているかのようにも見える。上空から眺めてみたり、洞窟の中から星空を眺めてみたり。また、内部に差し込む光も神々しい・・・。
Read more


賛美歌を聴いたあと墓地にて幽霊に出会うPARIS

ガジェット通信

title凱旋門でもシャンゼリゼ通りでもエッフェル塔でもないPRISには何があるだろう。モンマルトルのアパルトマンを数日借り過ごした。 
Read more


【必見! エンタメ特報】インド発のゾンビ映画「インド・オブ・ザ・デッド」

AV Watch

02 (1)インドに、ついにゾンビ映画が誕生した。酒とハッパまみれのボンクラ男3人組がゾンビに立ち向かうという映画「インド・オブ・ザ・デッド」は、ハリウッドのゾンビ映画に影響を受けつつ、3人組のどうしようもない活躍を描いたホラーコメディ作品だ。 舞台は、「ヒッピーの聖地」として知られるインドのリゾート地「ゴア」の離島。リゾートがゾンビに支配されるという「DEAD ISLAND」のような状況のもと、そこに美女と手練のロシアンマフィアも加わって、ズッコケ3人組と仲間たちは離島の脱出を目指す。 
Read more


音信不通の女子大生の自宅を訪ねてみたら・・・怖すぎる動画がネット上で話題に

AOL News

2連絡がとれない友達の一人暮らしの部屋を訪ねると、鍵があいている。中に入ってみるとドアの向こうに人影が...しかし中に入ると誰もいない。ふと気づくと、床にさっきまでなかった真っ黒な手形。更に、ベッド付近から異音がするので恐る恐る近づくと、布団の中に一台のスマートフォンが。画面がローディングマークを細かく刻み、途切れ途切れに、不気味に動画が再生されていき...。 
Read more


品川駅に谷川連峰の天然水が湧き出す? 不思議なドアの"トリックアート"出現

-CASTニュース

trend_20150320200511-thumb-645xauto-62615東京・JR品川駅構内に、あたかも群馬・新潟県境にある谷川連峰に来たかのような錯覚に陥るアートが2015年3月21日に出現する。設置された不思議なドアを開けると、水が溢れだしたように見える仕掛けが施されるという。 これは、"落ちないキャップ"で知られるJR東日本ウォータービジネスのペットボトル飲料「From AQUA<フロムアクア>」~谷川連峰の天然水~ のリニューアルを記念した企画だ。 
Read more


血まみれピエロが来ちゃったよ!イーライ・ロス製作『クラウン』が怖すぎる【動画】

AOL News

IMG_4798_R個性派すぎる俳優にして、知る人ぞ知るホラー界の若き帝王イーライ・ロスが製作を手掛けた悲しきホラー『クラウン』。公開前のプロモーションにと、おっそろしいメイクのピエロ(クラウン)がAOLニュース編集部にやってきたので話を伺った。 
Read more


映画『戦慄怪奇ファイル コワすぎ!最終章』鬼才・白石晃士監督による、日本全国を驚愕させた前代未聞の ...

CINEMA TOPICS ONLINE

1503192349002012年、数あるホラー作品と一線を画す異色のシリーズが誕生した。それが、「戦慄怪奇ファイル コワすぎ!」シリーズ。今やホラーの一大ジャンルを築いたP.O.V(Point of view:主観映像)形式の撮影手法。その第一人者でもあり、熱狂的なファンをもつ鬼才・白石晃士の“新たなる挑戦”と位置づけられるシリーズである。全国各地の怪奇・心霊現象を取材・調査するという作品コンセプトでありながら、その内容は“口裂け女”を捕まえようとしたり、“人喰い河童”と相撲をとったりと、もはやP.O.Vホラーの域を超越したものであった。 
Read more


読めたらがっかり? 「視力が悪い人にしか見えない文字」が書かれた画像がTwitterで話題に

ねとらぼ

CAYcPvSVAAE23q_「視力が悪い人にしか見えない文字」が書かれた不思議な画像がTwitterで話題になっています。 
Read more



Read more


リアルロープレか!? 目の前がゲームのように「仮想現実化」するHMD

FUTURUS

ImpressionPi-690x376VR(仮想現実)ヘッドセットはいくつも登場しているが、今回紹介するのは、ワイヤレスで鞄に収納して持ち歩けるタイプのコンパクトなVRヘッドセット『Impression Pi(パイ)』だ。 それだけではない。『Impression Pi』には、VRの世界に自分が差し出した手が現れてしまう3Dジェスチャーコントロール機能が搭載されており、よりどっぷりと、VRとAR(拡張現実)が合成された世界に浸れるヘッドセットなのだ。 
Read more


現代人にUFOを開発する技術がないという大嘘。

RAPT

ufo01ここ数日に渡って、日本各地、世界各地で目撃されているUFOが宇宙人の乗り物ではなく、実は「天皇派」の作った乗り物であったというお話をしてきました。 ○ナチスとUFOとシャンバラとスノーデンと東京の地下変電所と地下核施設との関連性について。 ○UFOが宇宙人ではなく、天皇派の乗り物であるという幾つもの証拠。 世の中でここまで「宇宙人」の話が出回ってしまうと、さすがに本気で「宇宙人」の存在を信じ、「宇宙人」に憧れを抱く人、ロマンを抱く人も多く出てきているでしょう。 しかし、そんな人がいる一方で、「宇宙人なんて絶対にいるわけがない」と何が何でも宇宙人の存在を否定しようとする人がいるのもまた事実です。 
Read more