宇宙人のミイラ メキシコで公開か!?

9EN_90038203_0005マウスサン氏の説明では「彼の手元には、1947年に空飛ぶ円盤が墜落したと言われるロズウェルで撮影された本物の写真がある」。彼はそれらを、今年5月5日に、1万人収容のホールで公開する。招待者の中には、米国のエドガー・ミッチェル元飛行士や、NASAの専門家達、主要TV局のジャーナリストらが含まれている。なお専門家らは、写真が本物である事を確認しており、それらが1947年から1949年の間に撮られたたものだと認めている。 マウスサン氏は、人々の関心を盛り上げるために、YouTube上に、古いスライドの信憑性について物語る映像をアップした。宇宙人の映像は皆「塗りつぶされて」いるが、1枚の写真は例外で、熟視すれば見分けることができる。 UFO研究家らは、その一片をコピーし、デジタル処理を施した。 続きを読む: http://japanese.ruvr.ru/news/2015_03_16/283356614/
Read more


番外編 研究をめぐる不思議な縁について

ナショナルジオグラフィック日本版

15スイスのとある山村で、極めて珍しいことに20世紀になってから誕生した新種の植物が見つかった。たかだか100年でどのように新種が生まれ、そして生き残るのか。フィールドでの観察からゲノム解読まで、さまざまな手法を駆使して進化の謎に挑むスイス・チューリッヒ大学の清水健太郎さんの研究室に行ってみた!(文・写真=川端裕人) 
Read more


生駒里奈、初主演映画「コープスパーティー」クランクイン!

エイガドットコム

1 (1)アイドルグループ「乃木坂46」と「AKB48」を兼任する生駒里奈が映画初主演を飾る「コープスパーティー」が3月14日、静岡・熱海でクランクインした。撮影2日目となる16日、生駒をはじめ、共演者の池岡亮介、前田希美、メガホンをとる山田雅史監督が、撮影の様子や意気込みを語った。 
Read more


地震予知予測の現状は?

日テレNEWS24

11日、東日本大震災の発生から4年がたった。今も多くの方が避難生活を続け、町の復興も道半ば。そんな中、東北地方では震災の余震活動が続いていることもあり、日本列島が地震の活動期に入っているとみる専門家も多くいる。 16日の『デイリープラネット』「プラネットView」は、「地震予知予測の現状は?」をテーマに、地震の予知・予測はできるのかその取り組みの最前線について日本テレビ社会部の気象災害担当・中濱弘道記者に話を聞く。(詳しくは動画で) 
Read more


ホラー映画界の若き帝王 イーライ・ロス製作『クラウン』とのコラボTシャツ発売!

SankeiBiz

prl1503161610084-n1有限会社ハードコアチョコレート(本社:東京都中野区、取締役:宗方 雅也、以下 ハードコアチョコレート)は、株式会社プレシディオ(所在地:東京都千代田区、代表取締役:花田 康隆、以下 プレシディオ)とコラボレーションしたホラー映画界の若き帝王、イーライ・ロス製作『クラウン』とのコラボTシャツを発売いたしました。 
Read more


警察が態度急変→精神病院に強制入院!? UFOコンタクティー、ラインホルト・シュミット事件の真実

TOCANA

ReinholdSchmidt_thumb“元祖”コンタクティーとして知られるジョージ・アダムスキー(前回の記事を参照)が、1952年に刊行したデズモンド・レスリーとの共著『空飛ぶ円盤は着陸した』で、金星人「オーソン」とのコンタクトを公表して以来、アメリカを中心に多くの自称コンタクティーが現れた。 こうした自称コンタクティーとして日本でもその名が知られているのが、ダニエル・フライやオーフィオ・アンジェルッツィ、ハワード・メンジャー、ジョージ・ヴァン・タッセルらであるが、1950年代には、他にも数多くのコンタクティーが名乗りを上げている。かつて存在した日本のUFO研究団体「宇宙友好協会(略称:CBA)」は、その機関紙『空飛ぶ円盤ニュース』の中で、こうした人物の手記を丹念に紹介している。今回は、その中から「ナチスがUFOを開発していた」という風説と関連して稀に名前の上がる、ラインホルト・シュミットの体験について紹介しよう。 
Read more


【心霊写真】 “なにか” がいる! 行楽写真にうつった『白い影』にゾッとする人々続出 「角が生えている」「100年前に死んだ少女なのではないか」

ツイナビ

result11幽霊……その存在を知っていても、見たことの無い人は大勢いる。しかし古今東西、世の中には数えきれないほどの幽霊話が語り継がれているのだから、「見たことない派」の人々だって明日にでも幽霊に遭遇するやもしれない。 ということで今回は、怪談らしきお話を一つ。ある人々が川で写真を撮ったところ、3人しかいないはずの子供が……写真の中では4人に増えていたのだ! しかもその影は、かつてここでおぼれ死んだ少女の霊なのではないか、と言われているのだった……。 
Read more


極限状態の人間がとった恐ろしい話を教えてくれ

哲学ニュース

3fc3b432-s1: 名無しさん@おーぷん 2014/10/02(木)13:14:34 ID:SVF7rAf5m 
聞きたい 

Read more


意外とたくさんある? タイムスリップをテーマにした面白いマンガ8選

ニコニコニュース

今年はタイムスリップものの傑作『バック・トゥ・ザ・フューチャー PART2』で舞台となった「未来」、2015年です。タイムスリップものといえば、漫画にもたくさんありますよね。今回は、タイムスリップをテーマにした面白い漫画をチョイスしてご紹介します。 ※記事内に各漫画のストーリー展開を示唆する記述があります。ご了承の上、お読みください。 
Read more


【クロ宗】生き血を飲み、胆嚢を食す… TVディレクターが語った、鹿児島・“死の儀式”

TOCANA

Tocana_201503_post_5984_1_sまるで海外のゴシックホラー映画のような神秘的な儀式が、我が国でも行われていた地域があるという。それは鹿児島県の離島、S島だ。筆者の知人であり、鹿児島市に住むTVディレクター・K氏は、S島に暮らす「クロ宗」と呼ばれる集団の間で伝えられてきた儀式の実態を追ってきた人物だ。 K氏 「『クロ宗』という集団は、隠れキリシタンの末裔です。『クロ』とは、クロス(十字架)が語源とされています。今から350年以上昔、江戸幕府から迫害されたキリスト教徒たちは、『島原の乱』に敗れました。そして彼らの一部は、幕府からの厳しい弾圧を逃れるため、S島に流れ着いたのです。離島ですから、幕府もそこまでは追って来ないわけです」 
Read more