20101016125531

 
■収録記事一覧(五十音順)
赤い仏像 | 上野ダムからの迷い道 | おまつり | 俺が子供の頃に不思議な体験を語ろうと思う | 重姿髪?重姿神?かさすがみ | かなりやばい集落見つけました(マウンテンバイク) | 奇妙な体験をしたから聞いて欲しい | 剣山近くの謎の集落から帰ってきたけど | 「コゲ」に仕える晴れ着の女 | コトリバコ? | こんな時間だし俺が不思議な村いった話するわ | 祭具「槍」を使うコトリバコのような風習 | さえがみさんの山 | 10年くらい前に山奥のある集落に行ったときの話 | 集落(ホラーテラー) | 末吉の名の由来 | 地図に載ってない村に行ってきた件 | ちょっと昔話する | 晦の神 | 津山三十人殺し事件って、地図から消えた村・杉沢村と関係あるの? | 鼬祭(てんさい) | テンジンキ | 天神逆霊橋 | なぁりがみ | 南方の集落 | 初盆に舟を海に流す風習 | 風習を捨てた神主への呪い | 本家集落の道祖神を移動すると…… | 昔田舎で起こったこと | 山裾様 | 林道脇の白い布、その先の集落 | 山神様との契り


■ご案内
妙に魅力的な『集落』、『田舎の謎の村』、『謎の風習』などの怖い話、不思議な話をまとめてみました!
この記事は随時更新されます。たまに覗いていただけると嬉しいです。
更新時には更新情報をツイッターでもお知らせしますので、よかったらフォローして下さい!

また、推薦していただける話や、これはつまんないから外せってご意見があればコメントをお願いします!

■その他の一覧記事
おさえておきたい!厳選怖い話一覧
おさえておきたい!人形の怖い話一覧
まとめた!意味が分かると怖い話一覧
 
ことりばこクラスの大長編。
2chぽくない物語調が苦手な人は、逆に読みにくいかも。
2009年に洒落怖に投稿されたものですが、この頃はこんな感じの”祖父がー!”とか、”神主がー!”とかの長編が流行ってる時期でしたね。
群馬県は上野ダムが舞台。
『ダムカード』を集めるのが趣味の投稿者さん。
山中にポツンとある上野ダムの、カード配布場所に夕方に辿り着いた帰り道。
迷った山中で助けてくれたのはバイクのおっさんでした。
9年に一度、選ばれた女の子たちが入山禁止の山で儀式をする風習のある集落。
その風習のことを『お祀り』と呼ぶそうです。
いったいこれは何のための儀式だったのか?
岐阜県の山奥出身の>>1さんのスレまとめ。
集落の見慣れない女の子にまつわる思い出話。
ちょっとだけ文章が読みにくいところなどもありますが、
石を円状に使った遊び、サンカ、など興味深いキーワード満載。
大学の資料室で重姿髪と書かれた資料を見つけた>>1さん。
その謎の文書を訊くために書き込みをしたようですが、1日ほどで自己解決
『生贄の神様』というキーワードを残して、詳細不明の謎になってしまいました。
どなたかご存じの方はいらっしゃいますか?
謎の集落系ではトップクラスに有名な『マウンテンバイク』
宮崎県が舞台となっています
ちかともの記事は、初出のdatがなくて、洒落怖に転載されたものをまとめてるのですが、初出は2000年と既にすごく歴史あるお話ですね。
釣りという話も目にしますが、それでも必見です。
まだ会ったことのない祖母に会いに初めて東北の家に行った時のこと。ごちそうと地元の村の子供たちに囲まれていた>>1さんは子供たちみんなの『小指』がないことに気付きました…
『四国の心霊スポット』というスレッドに書き込まれ、『「首切峠」に行って帰ってくるまでを実況するスレ5』で引き継がれた、徳島県の『剣山』近くで謎の集落に遭遇したという書き込みから始まった実況系のスレッドまとめ。
最初は蓋の再来かとまで思われました(そんなに期待してなかった人もいるかも)。
位置の特定から始まり、書き込み主さんの身の上話なども面白く興味深く見ていたのですが……。
中国地方の山間の集落。
彼氏の出身地のその集落に連れてってもらった彼女さん。
そこで見たのは村八分にされてた狂った様に笑う晴れ着の女性で……
これ好きです
コトリバコを読んだことのある投稿者さん。
自分の集落でもついにコトリバコが発見されてしまう?

コトリバコの話を受けて、続編的な話や外伝的な話や単なる焼き直しっぽい話しなどいろいろありますが、これは結構面白いと思います!
犬神様の村に迷い込んだ>>1さんのスレッドまとめ。
画像多し。
面白い。
満月の前後一週間は山に入っていけない集落。
山の入口で見張る道祖神様の名前が『さえがみさん』だそうです
ある時その禁を破った者がいて……それは>>1さんの従兄弟たちでした。
コトリバコを読んで、実家で似たような風習があったと報告をしてくれた報告者さん。
コトリバコの憑代は『箱』、でしたがここでは『祭具・槍』だったそうです。
神奈川県が舞台になっている>>1さんが迷い込んだ謎の村のスレまとめ。
スレまとめですが、短いのでさらっと読めます。
小学生の頃の思い出。ある廃屋に今夜行くと言い残したまま居なくなった一人の友達。別の友達は廃屋の心当たりがあるという。
ただし、それは絶対に行ってはいけないと言われていたある地区の先にあるという……。
ある集落出身の『末吉さん』のお話。
その集落ではよくある名字だそうですが、その名の由来を祖父さんに聞いてみると、どうやら『生贄』など血なまぐさい話が出てきた!
フリーライターさんが取材で訪れた謎の集落のスレッド。
すっごい面白そうな題材なのに消化不良……
霊のようなものが寄ると左頬が痒くなる微妙な体質の持ち主の>>1さん。
そんな微妙な体質のため、よく言われる人を憑り殺すような霊はいないのではないかと思っていましたが、そんな価値観が一変する出来事があったそうで……。
やたらと文章がしっかりしてます
そっけないスレタイとは反対に、長いけどすんなり読めます!
新年ではなく大晦日に神社に参拝する風習のある田舎町。
帰省して神社の番をすることになった投稿者さんのもとに訪れてきたのは、黒いコートの男性でした。
実在の事件、津山三十人殺し事件。
架空の村、杉沢村。
果たして杉沢村はただの都市伝説なのでしょうか?
ある集落で数十年に一度行われる『鼬祭』のお話。
年に一度、逆霊祭りの時だけ渡ることが許される『天神逆霊橋』。
選ばれた子供がその橋を渡る理由とは……?
投稿者さんの地元の風習。中学生が笹を持って家を周り、最後に川に流すという風習。鳴り神?
ここでいう南方とは戦時中に言っていた場所のことで、はっきりしないもののオセアニア付近かと書き込み主さんは予測してます。
その現地の村で歓待された祖父さんたちは『謎の肉』を提供されます。その肉の正体が気になった祖父さんたちが確かめてみると……。
精霊流しと似ている『初盆に舟を海に流す風習』がある集落出身の投稿者さん。
怖い話ではないですね。
なんというか、いいお話です。
60年代まで投稿者さんのお父さんの田舎に残っていた風習。 それは集落の神主が死者を弔うため、死者の脳を啜る、というものだったそうです……。
長野県の田舎の集落が舞台。
ある時、本家集落の道祖神を移動することになり、不幸が頻発! と思われたが……。
呪い拡散系の自己責任系。
>>1さんの話が50レスほど続く長編。
記事のコメントにもありましたが、”神主「嫌なモノを感じて来てみたが…お前さんたち、何をした?」”の名文句も飛び出します!が、なかなか面白い。
続編の『昔田舎で起こったことというスレを立てたものです』で後日談も語られます。
後日談大好き
進学と同時に集落を出た投稿者さん。
就職してしばらくすると集落の実家から帰って来いとの催促の電話が。
帰ってみると何故か親戚一同が待ち構えていて祝言の準備をしている……
九州南部のある山間の集落の一族に伝わる不思議なお話。
スレ中でも言われていますが、まるで日本昔話のような読後感です。
でも集落まとめとはちょっと違うかも。
中国地方の林道の先。
スカラー波……。