568: 本当にあった怖い名無し 2013/07/20(土) 23:40:31.00 ID:9WJlwrv+O
うちの田舎では毎年大晦日に町中の神社を参拝する風習がある。そのため、毎年決まった家から神社の番を交代でしている。 
自分が珍しく大晦日前に帰省したこともあり、神社の番に参加することになったのだが、家の担当は町外れの林の中にある神社だった。

569: 本当にあった怖い名無し 2013/07/20(土) 23:40:32.00 ID:9WJlwrv+O
その年改修が終わったその神社はうちとS家の担当だった。当然そんな立地なので人も来ないのだが、当のSさんが来ない。
親父に連絡が来たが家の車が動かないので迎えにきてくれ、ということで番におれを残し迎えに行った。
一人で暇になったのでストーブの上で温めている甘酒を紙コップで一杯やろうかというときに外から声をかけられた。

570: 本当にあった怖い名無し 2013/07/20(土) 23:40:33.00 ID:9WJlwrv+O
『少しよろしいですか』
黒いコートの短髪の男性だった。初めて参拝の方の対応だったので、言われていたとおりに甘酒を一杯つくり中へお招きした。
『久しぶりに来ましてね』『まだこちらにいらっしゃって嬉しいです』のような会話をした。

『そろそろ行きます』と言われたので、寒いだろうと思い甘酒を持って行ってはとふっとストーブの方に目を離したら、その方はもういなかった。外にいるかなと出てみたら、雪だというのに足跡がなかった。
怖いのと不思議なのとですっかりストーブの前で縮こまってしまったが、今でもなんのことかわからない。
長文失礼しました

571: 本当にあった怖い名無し 2013/07/20(土) 23:40:34.00 ID:vabI/nxS0
>>570
霊と言うより神様関係の方みたいなイメージだな。

575: 本当にあった怖い名無し 2013/07/20(土) 23:40:38.00 ID:HrwslssIO
>>570
ゾンビみたいな直接的恐さじゃないんだけど、こうゆう不思議な出会いって本人の記憶に一生刻みこまれますよね
思い出す度に自分なりの意味付けしたりして
オレ的には、神さまって案外身近なとこをさまよっているのかもしれないと思った

572: 本当にあった怖い名無し 2013/07/20(土) 23:40:35.00 ID:5h+Y0B5j0
甘酒大好きな妖怪だな

573: 本当にあった怖い名無し 2013/07/20(土) 23:40:36.00 ID:q2mthWCX0
>>568-570
歳神様かなにかじゃないの?

俺の田舎のほうだと、大晦日の夜は歳神様がくると言われている。
集落の境界内は賽の神が案内して廻るるそうだ。集落の家と神社や祠全てに参られて新しい年の始まりを告げる。
歳神様に魂を与えられるとひとつ歳をとる。
集落の中だけじゃなく、境界外にある神社や祠も全て廻り、祭られている神に新年の挨拶をすると言われているよ。

576: 本当にあった怖い名無し 2013/07/20(土) 23:40:39.00 ID:4uJnb/IB0
>>568
『つごもりの神』ですね。
何心もない親切を喜ぶと言われてますよ。
どうぞ息災にお過ごしください。

581: 本当にあった怖い名無し 2013/07/20(土) 23:40:44.00 ID:9WJlwrv+O
皆さんありがとうございます。神社の番の者です。
親父とSさんが帰ってきてから話したのですが、修繕終わったのを余所から見にきたのかねえ。と言っていました。
今年久しぶりに年末に帰省するので番をするのが複雑ですw

584: 本当にあった怖い名無し 2013/07/20(土) 23:40:47.00 ID:HrwslssIO
>>581
神社の番が今からドキドキですね
念のため、こちらもカメラ設置してみるとか
不謹慎かな?

出典: ∧∧山にまつわる怖い・不思議な話Part70∧∧