290: 本当にあった怖い名無し 2009/05/02 22:40:25 ID:wE5xjSyG0
今からおよそ3年前のこと。

その当時、俺は大学卒業を控えて就活やら研究に追われていたのだが、
長い夏休みに入ったので気晴らしに東北各所を回ってみることにした。
車の一人旅だから気楽なもんで、気の赴くままにぶらりと適当な場所に寄ったり、
運転に疲れたら車を止めて昼寝をしたりと、基本的にはプラン白紙のフリーな旅だった。

1日目はひたすら東北を北上して、青森の国道脇にあるコンビニの駐車場で一泊した。
その翌日は市内をぶらぶら歩き、ねぶたを見たり商店街で買い物をしたりして楽しんだ。

2日目の夜。秋田県のとある道路に差し掛かったとき辺りは既に真っ暗で、
車内のデジタル時計は午後10時をまわったところだった。ラジオから流れる音声に
やたらとザーザー雑音が入り不快になったので電源を切り、かわりにカーナビを見てみた。
当然、周囲は全く知らない地名の場所。ここ一体どこよ…などと思いつつ
アオカン(青看板のこと)とカーナビを頼りに国道を南下し続けた。

しばらく進むと、左手の方向にものすごく細い山道が山の奥のほうへと続いているのが見えた。
この先には何があるのかな?と気になったので、少し怖かったけどそのまま左折して細い道に入った。
道路はすぐに砂利道となり、ゴトゴトと音を立ててヘッドライトを除く一切の光源のない道を進んでいった。
タイヤが傷むのも嫌なのでそこそこのところで引き返そうと思いながらUターン可能なスペースを探していると、
前方にオンボロの小さい小屋が見えた。家というよりは何年も放置されている物置みたいな外観で、
ところどころ木造の壁がはがれ落ちていて今にも崩れそうな感じだった。外からみた感じの広さは
せいぜい6~7畳程度だったと思う。とにかく気味の悪い小屋だった。
幸いUターンできるくらいのスペースが脇にあったので、慎重にバックして方向転換を試みた。

291: 本当にあった怖い名無し 2009/05/02 22:42:16 ID:wE5xjSyG0
その時、唐突に、ボロ屋のほうから変な音が。
「ゴトン、ゴト、ゴト、ガコンッ、ガコガコッ」

何本かの木材がぶつかり合うかのような音。背筋に戦慄が走った。
立て掛けてある木材が自然に倒れる音にも似ていたが、それにしてはあまりに不自然な音で、
何かが小屋の中で動いていて、家の中のものと接触して鳴っている音にしか聞こえなかった。

辺りが真っ暗な上、何もない場所だったから余計に怖くなり、
急いで方向転換を終わらせようとハンドル操作をするも、つい小屋の前に目がいってしまった。
ちょうど、何か真っ黒いヤツが小屋の中から出てくるところだった。そいつの体は全身毛むくじゃらで、
ドス黒く長い体毛?みたいなのが全身びっしり生えていて、子供のころに児童向けの絵本で見たような
山男か雪男みたいな風貌だった。しかしそいつの身長は小学生くらいに小柄で、顔の辺りまで
真っ黒な毛で覆われているから目や鼻や口があるかすらも分からなかった。
でも、関わったら絶対にヤバイ雰囲気があった。自分でも信じられないくらい体がガチガチ震え出し、
涙が滝のように流れてた。そいつは全く喋らないけど、なんというか、悪意なんて生易しいものじゃない
禍々しいものを全身に内包しているようだった。ただ、逃げるしかないと思った。

一刻も早くその場から離れようと夢中だったから細かいことは何一つ覚えていない。
気がついたら隣県のセルフのガソリンスタンドにいた。
後はもう、どこにも寄り道せず国道をひたすら下って自分の家に帰った。
自分ちの駐車場でトランクを開けると、小さな羽虫の死骸が散らばって入っていた。
洗車用のバケツにはこげ茶色の汚い水がたっぷり入ってて、生きた羽虫が何匹かたかっていた。
水のある場所なんて一度も行ってないし、そもそも旅に出てからトランクを一度たりとも開けていない。

292: 本当にあった怖い名無し 2009/05/02 22:45:01 ID:wE5xjSyG0
その日からしばらく悲惨な日々が続いた。
大学の学食に行くとスープがあのバケツの茶色い水に見えて飲めなかったり、
講義で隣に座った友達の肌に小さな羽虫がびっしりついていたこともあった。
卒業研究を一時中断して精神科に通い、薬を飲んでなんとか落ち着いて、虫が見えたり
茶色い水が見えたりすることはなくなった。でも、あの小屋にいた真っ黒いヤツのことは忘れられない。
アイツは一体何だったのか?


関係あるか否かは分からないけど、この一人旅をする1ヶ月ほど前に、東北地方の中では相当危険とされる
心霊スポットに足を運んでいたのを思い出した。そこに行った時は何ともなかったのに…。
小さな道や細い道にはもう二度と入らないと誓った。
肝試しに行く際にはくれぐれもご用心を。

293: 本当にあった怖い名無し 2009/05/02 23:29:49 ID:xe+oMRU+O
>>292
カップルの顔に白い卵がびっしりの話思い出した。
どっかの川で触っちゃいけないもの触ったって話だっけか

295: 本当にあった怖い名無し 2009/05/02 23:55:09 ID:wE5xjSyG0
>>293
今まとめサイトで確認したら、孵化って話だった。
小さい生き物が顔にびっしりという点では確かに似てるかも
思い出したら気持ち悪くなってきた…

【孵化】


373 1/5 sage 2006/05/05(金) 20:02:59 ID:tqa7unpK0
はい、じゃ、俺がおじゃましますよ。 

久米と旅行に行ったのは三月の終り近くだった。 
新学期になる前に行っちゃおうってんで、無理して予定を組んだものだ。 
「あんま観光地らしいとこ行きたくねぇなぁ」等と言うものだから、街から少し遠い山間の宿になった。 
宿の傍には川が流れ、その川を下っていくと街に出る。 
とはいえ、街に出て何があると言うわけでもないので、俺達はぶらぶらしたり温泉を探したりして1日を潰した。 
山間の日は傾くのが早いか、既に道も空も赤々と燃え立つようだった。 
俺達は川べりを歩き、橋の上から赤錆色の川を眺めていた。 
「おはっ、アレは、おい……うぇ」 
久米が奇声を上げて指差したので、俺はつられて川上を見た。 
「なんだ。箱……舟……?」 
それは四角い箱の様な物に乗せられた2体の人形だった。 
俺は川べりに向い、その舟を迎え入れる様にして、手を伸ばした瞬間 
「バカッ!触るな!」 
と怒号とともに引き摺り倒された。 
「な、なにしやがんだよ!くそっ!濡れちまったじゃないか」 
「冗談じゃないぞ、馬鹿!!……何考えてんだ、お前……」 
久米は胸を大きく上下させる、その顔は青かった。 

374 2/5 sage 2006/05/05(金) 20:03:30 ID:tqa7unpK0
「なんだよ、どうしたんだ」 
「今日は何日だ?」 
「は?今日?27じゃないか?」 
久米は逆算する様に指折るとハッとして顔を上げた。 
「いぃぃ……やっぱり……重用だ……」 
俺は彼の動揺をよそに川に目を落した。人形の舟はゆるゆると川を下っていった。 
「アレがどうかしたのか?」 
「なに?どう?どうもこうもあるか!」 
ちょっと息を止めてからゆっくり吐いて 
「あぁ……へ、へ、へっ……あれはヤバいっつんだよ」 
と言ってさっさと背を向けて歩いていく。 
俺はそれを追いながら問いかけたが、芳しい答えはかえってこなかった。 
「あ~、かわい~」 
はしゃいだ女の声だった。久米は跳ねる様に振り返ると、凍り付いた。 
カップルがその舟を抱えてニコニコと笑っていた。 
固まった俺達の気も知らないで、二人は笑って会釈した。 

375 3/5 sage 2006/05/05(金) 20:04:00 ID:tqa7unpK0
「やっぱりぃ、日本の心みたいな、風情みたいなのがあるじゃないですかぁ」 
等と自称日本好きの二人が固まりきった俺達に話し掛けて来たが、久米は明らかに不快そうな顔をしていたので、代りに俺が受け答えをした。 
「えぇ~、二人とも宿一緒じゃないですかァ~」と男が言った、久米は増々不快そうな顔をした。 
宿へ着いた後も久米はしかめ面のままだった。 
「おまえ、ほんとにどうしたんだよ」 
「あ……?話は、な、帰りにしてやるよ、な。今は言いたくない……。それよりメシだ。メシ食う」 
籐椅子をバンと叩いて立ち上がると、食堂まで駆ける様に歩いていった。 
出された夕食はたいしたものではなかったが、何故かイナゴという下手物が入っていた。 
「俺はコレ、食えないな」 
「いいじゃねぇかよ。腹に入りゃ……」 
と話していると 
「あ~」という声。 
なんだ?と思って振仰ぐとさっきのバカップルが立っていた。 
ニコニコと俺達の横に席を取ると、べらべらと喋りながら次々に料理を口に運んだ。 
イナゴも平気そうに口へ運ぶ、何故かその時、その様がえらくゆっくりと見えた。 
そのイナゴは腹が白かった。白ゴマの様なものが和えてあって…… 
うっ、と久米がえずいて席を立った。 
俺もそれを追って席を立ち、彼を介抱しながら部屋へ向った。 
「おい……お前、あれ見たか?」「あれって、あの白いやつか?」 
「ありゃ卵だ……」 
イナゴの腹に付いている……ビッシリとくっ付いていたのは…… 
「違う、お前。見えてなかったんだな……あいつらの料理、どれもこれも表面真っ白だったじゃねぇか……。 
皿の上一面、卵で覆われてたじゃねぇかよ……」 

376 4/5 sage 2006/05/05(金) 20:05:15 ID:tqa7unpK0
部屋に着くと彼は青い顔で倒れ込んだ。 
「なぁ、そろそろ教えちゃくれないか?」 
「うん、ああ……今日はひな祭りだ……」 
「え?」 
「重用だ。上巳だったんだなぁ……クソッ、忘れてた……」 
「何言ってんだよ?3日はもう過ぎてるぜ?」 
「陰暦の3日だよ、今日は。重用ってのは月と日が重なる日の事、とくに奇数月」 
「でも、ひな祭りっつったって別に舟で流しゃしないだろ。寺山修司じゃあるまいし」 
「流すんだよ」 
「なんで?」 
「……いいか。雛祭は女の子が人形を飾る祭じゃないんだ。祭と言うのは“神奉り”。人形は形代、憑坐だ。 
しかも春の節供だ。季節の変わり目、穢れを払って新しい春を迎えなければならない。 
だから人形に穢れを移し、荒魂を流し、和魂を呼び込む。あの人形はそういう人形なんだよ」 
「つまり?」 
「鬼ごっこと一緒。人形にタッチして禍いを移して、異界に流す。村の外に出てたらもう帰ってこないからな。 
つまり、あの人形に触ると……そいつが鬼になっちゃうんだよ。禍いが移されるんだ。 
……普段、この地方ではやらない様だからな……余程、流さねばならない禍、があったんだろう」 
「あ、あのカップルは……」 
「さぁ、な?境を越えたら……どうなることやら……」 
で、翌朝。 
彼等と帰りのバスではち合わせた久米は、瞠目して固まり、俺に耳打ちした。 
「あのバカップル……顔……あるか?」 

377 5/5 お粗末様でした sage 2006/05/05(金) 20:06:06 ID:tqa7unpK0
チラ、と見ると確かに顔はあるが、どことなく白んでいてぼやけているような気がする。 
「真っ白だ」 
「え?」 
「見えねぇ、冗談じゃねぇよ」 
彼にはカップルの顔は見えないらしい、俺には良くわからなかった。 
俺達に気付いたカップルは会釈をして、バスに乗り込んだ。俺達は彼等の後ろの席に座った。 
「ひぃ、ふぅ、みぃ、よ、いぃ、むぅ、なぁ、や、こぉこぉの、たり……」 
と数えながら久米は一から十までをピラミッド上に書き、その紙をポケットに入れた。 
バスはゆらゆらと山道を下っていって、俺達はいつの間にか町に入って、はずれまで出ようとしていた。 
と、突然、久米が俺の腕を引いて立ち上がり、降車のボタンを押す。 
せわしなく動きながら早くしろと合図するので、俺はどかどかとバスを降りた。 
「なんだよ、もう!」 
「孵りやがった!」 
久米はポケットに手を突っ込んで、行こうとしているバスを見つめた。 
「かえる?なにが!?」 
「境を越えたんだ。あの卵、長いのを孵しやがった」 
「だから、なにが!!」 
「卵だよ、卵!顔が見えねぇっつったろうが!やつら顔一面にびっしりと白い卵が植え付けられてた! 
それが、おまえ一斉にな。顔から動く毛がはえたみたいに一斉に……長いのが孵りやがった」 
「まさか」と俺がバスに目をやるとバスが動きだして、チラリとその女の顔が寝返りをうった。 
顔は腫上がって真っ赤だった。小さいニキビの様なものが隙間なくプツプツと湧いていた。 
俺達は行くバスを見送って立ち尽くした。 

出典: 死ぬ程洒落にならない怖い話を集めてみない?211