130: 本当にあった怖い名無し 2007/09/24 23:38:00 ID:J9ck+Bj50
うちの実家は田舎のだいぶ古い家で 
戦中の頃は何人か死んでるんだけど(戦死、病死etc.)。 
んで、自分の子供の頃は母も叔母(父方の)も変な足音よく聞いてたみたい。 
唯一うちの酒乱馬鹿親父だけはそういう事はまるで分からない人だった。 
そんな親父でも血相変えた事が2度あった。 


1度目は自分も見ていたけど、親父のいとこの仲の良い叔父さんが亡くなった時。
夕飯時で、母が親父のご飯茶碗にご飯をよそった瞬間茶碗が真っ二つに割れた。
数時間後連絡が来て叔父が亡くなった事を知ったんだけど、茶碗が割れた時間だった。

2度目は、自分の親戚で我が子殺しの女性が居た。
幼い実の娘の首を絞めてる所を、娘の兄ちゃんが見ていたそうだ。
それを見たお兄ちゃんは(まだ子供だったらしいけど)家出して
その後その人の消息はまるで分からなかったらしい。
(生きているのか死んでいるのかも)
子殺しの女性が亡くなった時、しょうがなくうちの親父が葬式を出した。
終わった後いつもの通り一人で大酒飲んでいたら親父の名前を誰かが呼んだらしい。
男性の声で「た○○・・・」って。
あっと言う間に酔いが冷めて「あいつか!?]とすぐに庭に出たけど誰も居なかったそうです。

あまり怖くない話でごめんなさい。

131: 本当にあった怖い名無し 2007/09/24 23:48:47 ID:Otkl9jml0
>>130
>あまり怖くない話でごめんなさい。
もう、十分怖いですから!…っていうか、ここは怖い話しかしちゃいけないのかな?

叔父さん的に茶碗を割るつもりがあったのかは不明だけど、茶碗もったいない!と思ってしまった自分orz
亡くなった人の火葬の際に愛用の茶碗も一緒に葬る、というか割る風習があるところも結構ありますよね。
茶碗は身代わりに連れて行かれやすいものなのかな。

134: 本当にあった怖い名無し 2007/09/25 00:08:58 ID:vHwgEeUP0
>>131 さん
オカ板だからこの程度ではどうって事無いのかな?・・・と。
茶碗に関しては、今で言う百均で買うより安い感覚で買っていた物なので。
どっちかて言うと 「今までお疲れさまっした~」 って感じでした。

136: 131 2007/09/25 00:23:38 ID:HPi/Ng4A0
>>134
\9,000の茶碗、もったいない!と思ってしまう貧乏性な自分w
でも、134さんのおうちのように、物に執着しないのは良いみたいですね。
自分もこれからは、茶碗があぼーんした時にはお疲れさまと言って送り出したいです。

132: 本当にあった怖い名無し 2007/09/24 23:51:14 ID:uUbcdXiC0
似たような話で箸が縦に真っ二つに割れたというのを聞いたことがある
割り箸じゃなくて普通の硬い塗り箸

133: 本当にあった怖い名無し 2007/09/25 00:01:47 ID:IXoNY/UW0
>>132
箸もったいない!
食事時に使うものは、使う本人と同化しやすいんだろかね。

138: 本当にあった怖い名無し 2007/09/25 01:18:40 ID:EXhVI5n80
京都では、葬儀の後の出棺の時に故人の茶碗を割る習慣がある。
意味としては「もう戻って来ても、あなた(故人)の茶碗はありませんよ。
現世に未練を残す事なく成仏して下さいね。」という事らしい。 

147: 本当にあった怖い名無し 2007/09/25 03:53:14 ID:F0rR+XdL0
>>138
漏れん所は納骨のときだったかなあ
墓で

出典: 【因縁】家系にまつわるオカルト4代目【遺伝】