17: 本当にあった怖い名無し 2007/09/19 20:43:08 ID:i9zn5k+LO
家系にまつわる話なぁ。 
確かに有るよ。名前の数とか、関わっちゃいけない場所とか。 

けど、俺はそんなの無視。何故なら、守ってた筈の親父が早死したから。 

先祖霊、なんてのも信じてない。
毎日仏壇に水や花、線香供えてお経唱えてるお袋は、決して幸せな状況にある、と言えないから。

クソも役立たない先祖の言う事なんて、守る必要は無い。
だから、位牌なんかは全て捨てた。俺自身、死んだら灰になるだけと思ってる。
墓参りもしないつもり。

先祖霊を含め、幽霊なんぞ出てきたら鼻くそでも飛ばして撃退してやるわ。

25: 本当にあった怖い名無し 2007/09/19 23:43:45 ID:PHR5ZCmS0
自分は先祖は一応敬うけど、>>17の書いてることもなんとなくわかるわ。
先祖だって中はDQNもいただろうし、ただ先に生まれたってだけで問答無用で
現代の人がその人たちに頭があがらないかっていうと、そうでもないと思う。
仮に今DQNな親戚がいたら、自分は軽蔑するしつきあいも避ける。
それと一緒で、時代が遡ろうと人間ができてない輩にやれ供養が足らんだの
尻拭いしろだの偉そうにされたり迷惑かけられる筋合いはないし、
そいつらをむやみに恐れる必要もないと思う。

たとえば、供養してくれたら成仏してやるとか、要するに甘えだよ。
じゃあすでに子孫が絶えてる身寄りのない奴らはどうなるんだ。
今生きてる人間が一生懸命生きてるんだから、死んだ先祖だって自分のことは
自分でなんとかしてくれなきゃ困る。

42: 本当にあった怖い名無し 2007/09/20 01:57:08 ID:m2p9e43n0
私も>>17の意見には大方賛成だけど、お母さんが大切にしていたお位牌や遺影を
勝手に捨てた事は乱暴すぎるのではないかと…
事情がありそうだけど、17の信念をお母さんに押し付けるような真似はイクナイよ
お母さんが狂信的カルト宗教にはまっちゃいそうだった
ってんなら話は別だけどさ

44: 本当にあった怖い名無し 2007/09/20 02:46:18 ID:S6EcubKv0
>>42の続き
宗教も祖霊信仰も恋愛と同じで、障害があるほど燃え上がるよ
私事で申し訳ありませんが、母は元煎餅信者で父は宗教嫌いだった
ある日父がキレて宗教関連の道具を庭に投げ捨て、燃やした
その後も母は、地下に潜って活動を続けたけど
父が他界した途端に、煎餅から足抜けしたよ
父への意地だけで信仰し続けてたのかと
17の事情どは違うかもだけど、ようするに私が言いたいことは
人の信念は力ずくじゃ変えられないよ
お母さんを大切にねって事ですよ

52: 本当にあった怖い名無し 2007/09/20 19:03:26 ID:jve3xYg40
人生の壁とかつらいことに突き当たって、初めて先祖やら死後の世界とか
哲学的なことを、色々自分なりに真剣に考えてみたりするんじゃないかな。
そこでアクが強い新興宗教に入っちゃう人もいるし、逆に極端な無神論に
走ったりとかさ。


>>44
信仰と恋愛は障害があるほど、ってなんかわかるわ。
京都の某有名寺の、跡取りに婿を取れと厳しく言われていた金持ちお嬢ちゃまが
アメリカ人宣教師とかけおちしたって話あるよ。

54: 本当にあった怖い名無し 2007/09/20 23:48:41 ID:uv8afuWy0
>>52
お寺って跡継ぎが絶えると家族みんな出ていかないとならないのに
自分さえ良ければ良いとは無責任なお嬢様だね

45: 本当にあった怖い名無し 2007/09/20 03:26:40 ID:qvViKU6eO
>>17
親父が好きだったんだなぁあんた

46: 本当にあった怖い名無し 2007/09/20 03:37:54 ID:aSZtTNc+0
>>17は自分の家系が糞なので勝手にすればいいが、幸せに繁栄してるオカルトな家系もいっぱいあるから放っておけという感じだな。

72: 本当にあった怖い名無し 2007/09/21 11:13:31 ID:WEZVyOz/O
>>17
まあさ、でも親だって君が生まれてから見返りを求めて色々、君に投資(!?)した訳じゃないだろ、御先祖さんも向こうの世界ではまだ、赤子みたいな状況だったり援助が欲しい場合だってあるかもしれないだろ。

18: 本当にあった怖い名無し 2007/09/19 20:51:56 ID:Mgn9Znfa0
先祖に幸せにしてもらおう守ってもらおうという考え方に問題があるんじゃないの?
それはそれ、自分が存在してるだけでご先祖様有り難う、で
感謝や供養をして当たり前

幸せになりたいがゆえのご先祖様頼みって
何か間違えてると思う

19: 本当にあった怖い名無し 2007/09/19 21:27:05 ID:SlhhjONk0
坊さんいわく、供養はどっちかというと、生きている人のためじゃ
ないかと?生きている人の、心の傷を癒すためじゃないかと。
あくまで、ひとつの考え方ですが、そういう考え方もあるんだと。

でもまー、個人的には、供養はしたほうがいいと思う。
死んだら灰になるだけといってるが、死後の世界は見れないから
どうなってるかわかんないし。

20: 本当にあった怖い名無し 2007/09/19 21:37:18 ID:Mgn9Znfa0
死後の世界が本当にあるかどうかは永遠の謎だが
先祖の加護が得られないからといって
メリットが無いから先祖供養なんかいらんわ!って態度は酷い

供養にどんな効果があるのか自分も疑問に思ってるし
毎日仏壇を拝めとは言わないが
先祖に対する感謝くらいは持とうな

22: 本当にあった怖い名無し 2007/09/19 21:54:39 ID:Bxa7bGeAO
先祖のせいでひどい目にあってんのに祭る義理はないな

23: 本当にあった怖い名無し 2007/09/19 22:11:40 ID:eWmxj4ZAO
御先祖様も色々大変なんですがってきてるのかもよ。

24: 本当にあった怖い名無し 2007/09/19 22:43:01 ID:1DL33VWX0
自分の家の墓があって、自分のルーツを知ることが出来ること。
これいうことを出来る事がどれだけ幸運か、もう一度考えてみるがいい。

27: 17 2007/09/19 23:55:18 ID:i9zn5k+LO
ま、先祖大事・見返りなど求めるな、って考えもあるわな。

けど、生き物なら先祖あって当たり前じゃん。
そんな当たり前の存在に、わざわざ毎日水やって手を合わせる理由が分からない。

つか、先祖だ先祖だって祭って貰ってんなら、ふんぞり返ってないで、毎日食い物供えてる人間に何かしろっつーの。

何もしないどころか、変な因縁だの制約だの残してさ。
先祖の癖に、生きてる子孫の邪魔すんなっての。
まあ、俺は因縁やら制約やらは守ってないけどね。
守る奴は馬鹿なんだな~って考えてる。

あと、位牌やら遺影を生ゴミにブチ込んでも、何も起きない。
だから、灰になるだけ、って結論。

まー、本当に死後の世界があって閻魔に先祖大事にしなかったろ、とか言われても、
だからどうした?何で大事にしなきゃいかんのよ?って言うだけだな。

29: 本当にあった怖い名無し 2007/09/20 00:09:08 ID:jve3xYg40
>>27
そこまで開き直ってりゃ、先祖もあきらめるしかないだろうな。w

まあ、俺もほとんど場合の「センゾノタタリ」ってのは、うさんくさい占い師や
インチキ拝み屋のメシのタネだと思ってるよ。
家に伝わる因縁とかだって、何代か前の奴らがそんな奴らに騙されたって
こともあるだろうしなあ。
なんせ精神病は狐つき、病気になったら神頼み、飢饉や水害で困ったら
人柱、とかの時代だし。

68: 本当にあった怖い名無し 2007/09/21 06:49:49 ID:E99/OqFb0
>>27
先祖を祭るの自分の為じゃない、一族の繁栄の為らしい。
風水で墓が重視されてきたのもそのせい。
お前のような奴がでてきた時点で、
家運が衰退期、もしくは末期状態に入ってるんじゃないのか?

86: 本当にあった怖い名無し 2007/09/21 18:19:13 ID:g0TY/dXX0
>>68
って事は俺んち末期どころか終焉だよ
両親が親の反対押し切って駆落ち、姉と俺が生まれた
母親が亡くなった時に位牌と遺骨だけ抱えて逃げられた(低学年だったので悲しかった)
「お前達は孫ではない、目障りだ」みたいな事言われたのは覚えてる

父親が亡くなった時は色々と話し合い(成人してた姉だけ)四十九日の時を最後に逢った事がない
姉は臓器移植、献体後共同墓地に入るように決めて「決意表明」したらしい…
他人だって事を認めろという事に同意してるって事か?
姉が言うには「裁判所通さないと(通しても)縁は切れない事を知らないなんて」と笑ってた
>美人ではないし酒は飲まないが丙午日だったよ、姉…

家系に入れてもらえないから板違いですかね~

88: 本当にあった怖い名無し 2007/09/22 01:45:10 ID:ZUtQ3dgS0
>>86
せめて両親のことぐらいはせめて祭ってやれよ

98: 本当にあった怖い名無し 2007/09/22 18:39:56 ID:7rb5aPlr0
>>88
両親の写真と結婚指輪(おもちゃみたいなヤツだけど)に線香あげてます

89: 本当にあった怖い名無し 2007/09/22 02:01:38 ID:vPwFQ07g0
>>86
ジジババの老後を見なくて済んだとポジティブに考えるんだ

98: 本当にあった怖い名無し 2007/09/22 18:39:56 ID:7rb5aPlr0
>>89
姉はそう言ってる、でも俺がしっかりしないと面倒見させてしまうような気が
ただいま休職中、来月で失業保険が切れるから少しは慌てないといけないんだが…
今の状態は女の部屋に転がり込んだ無職のヒモ男、これで3度目なんだけど
姉と性別逆なら良かったかな、とも思う(それはそれで迷惑と言われた)

30: 本当にあった怖い名無し 2007/09/20 00:12:07 ID:LDw5j2Sc0
17のほうからリア厨のかほりが・・・

38: 本当にあった怖い名無し 2007/09/20 00:55:59 ID:jve3xYg40
>>30
ここまで言うからには、簡単に書けないような色んな修羅場をくぐって
きたんだろうよ。じゃないと普通こうはならんだろ。

修羅場経験しても人それぞれだから、17みたいな人もいれば、32みたいな人も
いて別にいいじゃん。(霊感商法とかで食べてる人は困るだろうけど)
そばで溺れてる人がいたからって、皆が皆やさしく手を差し伸べるわけ
じゃないよ。
一緒に引きずり込まれないように振り切って逃げる人だっているし、
そうしたからって非難されることじゃない。

41: 17 2007/09/20 01:43:32 ID:efPkgLswO
まあ、>>30みたいな人達からしたら、俺はDQNで厨なんだろうな。

ま、そう思われても構わないけどね。

子孫に頼るなら呪いなんてしないで、枕元にでも立てば済む事だ。
なのに、
『もっと念仏唱えて供養しろや』
なんて理由で子孫に不幸をもたらして苦しめるとはね。

そんなワガママで迷惑な輩なら、尚更手なんて合わせられん。他行け、他。

向こうで爺さん婆さんに会ったら?

『約束守ってた息子(親父)を早死させるなんて、全然役に立ってねーなー』

って言うよ。
会ったら、な。

33: 本当にあった怖い名無し 2007/09/20 00:28:51 ID:Akh8JFypO
墓参り行かないくらいで祟る先祖ってなんだろう
自分の子供や孫が会いに来ないからといって
病気なれとか事故に遭えとか普通親なら絶対思わんだろ。

35: 本当にあった怖い名無し 2007/09/20 00:32:22 ID:rnzLciTD0
>>33
溺れる人が身近な人にしがみつくのは、道連れを増やすためではなく、ただひたすら苦しいから。
それと同じことです。 

出典: 【因縁】家系にまつわるオカルト4代目【遺伝】