imigawakarutodenwabokkusu

1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/07/22(月) 21:45:48.07 ID:x76dVbyk0
職場の同僚A、B、C、D、Eの5人が熱海の旅館で小さな忘年会を開いた。
その帰りの際、旅館の仲居さんにシャッターを押してもらって集合写真を撮った。
しかし、その集合写真には不思議なものが写っていた。
Aの頭からうっすらと白いて手が生えており、指を一本立てている。
Bの頭に生えている手は指を二本立てている。
同じくCは三本、Dは四本、Eは五本。
するとあいついでA、B、Cが順番に亡くなった。
Dは写真を思い出した。するとあいついでA、B、Cが順番に亡くなった。
Dは写真を思い出した。
「次は自分だ…」
しかしDより先にEが死んだ。
自分の順番がとばされたことでDは安堵した。

心に少し余裕が戻ったDは、忘年会の時に撮った写真を見直してみた。
すると問題の写真の右端に、旅館の仲居さん(写真を撮ってくれた人とは別の人)の半身が見切れており、
やはり頭から白いて手が生えている。しかし見切れているせいで、指が何本立っているかわからない。
Dは旅館に問い合わせたところ、Cの死とEの死の間にその仲居さんは亡くなったらしい。

Dは自分の番がきたと、嘆き自殺した

5: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/07/22(月) 21:50:56.65 ID:41ySG+is0
>>1の意味を教えてくれ

8: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/07/22(月) 21:53:03.06 ID:yDTzvPln0
>>5
実際に指を使って数えてみればすぐわかるだろ

2: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/07/22(月) 21:46:14.13 ID:f+EOBhs+0
新入社員の頃、課内で「伝説の鈴木さん」という名前がよく出ていた。
ある日、主任から「この書類、伝説の鈴木さんに渡してきて」と頼まれた。
「どこにいらっしゃるのですか?」と聞き返したら、
「伝説の鈴木さんなんだから伝説の部屋に決まってんだろ。
3階の奥だよ」と言われた。
伝説の部屋という言葉にわくわくしながら3階の奥へ行くと「電気設備課」があった

6: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/07/22(月) 21:51:14.99 ID:mn6OeVuDO
ある夏休みの出来事。
武(仮名)君はどうしても欲しいゲームソフトがあったので
お父さんにお願いしてみたのだが断られ、それでも諦めきれず
しつこく食い下がっていると、お父さんの方も段々イラついて
きたのか「駄目だって言ってるだろう!夏休みだからって何時
までも夜更かししてるんじゃない!早く寝なさい!」と怒られてしまい引き下がるごとにした。
部屋に戻ったものの諦めきれない気持ちが次第にお父さんへの
不満へと摩り替っていき、いつしか「お父さんなんて死んじゃえ」と思い始めた。
そのとき以前クラスメイトが話してた呪いの掛け方を思い出しやってみる事に。
それは髪の毛を使う方法だった為に両親の寝室に忍び込んで
お父さんの髪の毛を手に入れ部屋に戻り、聞いたやり方を思い出しながら実行してみた。
やる事をやったのですっきりしたので、その日はそのまま眠りについた。
翌朝、目が覚めて冷静になると「大変なことをしちゃった、お父
さん死んじゃってたらどうしよう。」と思い始め、恐る恐る食卓
へと行くと何時もどおりお父さんが新聞を読みながら朝食をとっていたのでホッとした。
よく見るとお母さんが居ないので「まさかお母さんの髪の毛と
間違っちゃったの?」と不安になり、お父さんに「お母さんは?」
と聞くと「ゴミを出しに行ってるよ」と言うので再びホッとした。
そこへお母さんが蒼白い顔色で戻ってきて「お向いの田中(仮名)
さんの大学生の息子さんが今朝見たら亡くなってたそうよ、この
前会ったときは、とても元気だったのに。」

9: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/07/22(月) 21:53:18.34 ID:84MV9ech0
>>6
お父さんとお向かいの大学生がアッー♂な関係だったってことか

11: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/07/22(月) 21:57:53.62 ID:mn6OeVuDO
>>9
そうとも読めるが、母親の「この前あったときは元気だったのに」もポイント

10: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/07/22(月) 21:55:06.08 ID:wRLfqB2Xi
今日久しぶりにレストランに行ってきた。
隣のテーブルにカップルが座っていて、ウェイターが料理を持ってきた。

「鈴木でございます」
とウェイターが言った。

カップルの男の方が
「久保田でございます」
女の方が
「細谷でございます」
と言った。

ウェーターは、背中が小刻みに震わせながら、
「本日のお勧めの魚のスズキでございます」
と説明していた。

12: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/07/22(月) 22:01:38.95 ID:uNxfeWBv0
>>10
鈴木さん草不可避

331: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/07/23(火) 01:47:27.26 ID:nhsqwOOW0
>>10がわからん

335: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/07/23(火) 01:48:27.31 ID:42vcbSpp0
>>331
これは笑えるコピペだよ

352: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/07/23(火) 01:54:53.33 ID:LG+97wYxO
>>331
スズキって魚があるんだよ
意味がわかると怖いコピペではないけどね

13: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/07/22(月) 22:06:13.42 ID:H1iFeVVy0
若い兄ちゃんが携帯をいじっていた。隣にばあちゃんがいて、ばあちゃんは
「医療機器使ってるから電源切ってください」と言った。
その男は「来たメールを読んでるだけだから」と言って、いじるのを止めない。隣のリーマンが
「今は読んでるだけでも読んでるうちにメールが来るかもしれないだろ。切りなさい」
と言った。兄ちゃん、怒り狂った口調で「ああ?!!」
逆切れだ!リーマンやばいぞ!(兄ちゃんはかなりいいガタイ)
見てる人が皆そう思ったとき、兄ちゃんは携帯をリーマンに突きつけながら言った。
「見ろよ!俺に来た最後のメールは4ヶ月前だ! それ以来誰も送ってこないんだよ! 
今更誰が送って来るんだよ!!! 俺から送る相手もいないんだよ!!!」
みんな黙り込んだ。しかしその中に一人だけ、無愛想な顔をして彼に近付く若い女がいた。
彼女は男から携帯を奪い取ると何か操作をして、再度男に突き返した。
男が呆然としていると、女は自分の携帯をいじり始めた。
しばらくして、男の携帯が鳴った。
男は目を見開いてぱちぱちさせながら携帯を見た。
もうね、多分みんな心の中で泣いてた。男も泣いてた。
世界は愛によって回っているんだと実感した。
ばあちゃんは死んだ

19: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/07/22(月) 22:16:27.22 ID:L+pvB9zj0
それよりちょっと聞いて
さっきまで向かいの席におっさん座ってたんだけど
なんか二つくらい前の駅で乗ってからずっと俺の方をガン見してくるわけ
チラッと見てみたら目かっぴらいててしかも白目が真っ赤でさ
これはもう明らかに尋常じゃないってんでずっと下向いて携帯いじってた
地下鉄だから圏外なのにもう延々とメールとか送ってるフリして
そしたら今着いた駅でようやくおっさん降りてったんだけど
降り口が俺の側だったんで途中でこっちに来るわけ
そのときもガン見してくるし座ってて聞こえるくらい鼻息荒くて気持ち悪いんだ
この時点で十分ツイてないんだけど
せいせいして顔上げたら今度はおっさんの隣に座ってた女子高生が俺をガン見してんの
さっきまで澄ましてたのに「殺される!」みたいな顔してて
もう意味わかんない
早く電車出ないかなあ

27: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/07/22(月) 22:23:21.01 ID:mCZEzeeF0
>>19
どゆことだ?
電車乗ってるのに早く来なかなとかわけわかめ

30: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/07/22(月) 22:26:28.06 ID:yDTzvPln0
>>19
男が、「電波が届かない地下鉄の中で携帯いじってる」
おっさん(こいつ盗撮してんじゃねえだろうな)
女子高生(二人だけになっちゃった、どうしよう)

ってことだと思ってた

38: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/07/22(月) 22:37:29.91 ID:cZ5ZDNhWO
>>19わからん
白目が赤、携帯、殺される、息が荒い
辺りが気になる

467: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/07/23(火) 04:44:16.58 ID:FcaKE9eu0
>>465
降り口が俺の側、つまり男の真後ろから窓ガラスごしにガン見してるおっさん
向かいにいる女子高生は男をガン見するおっさんを見て恐怖

29: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/07/22(月) 22:25:42.08 ID:pUYJ7J4K0
スピード違反を取り締まっていた巡査は、やたら速度の遅いクルマを発見し、かえって危険なため停止させた。

中には80歳くらいの女性が5人乗っていたが、運転していた老婆以外は、みな目を見開き、真っ青な顔色をしていた。
運転席の老婆は、不思議そうに尋ねた。

「お巡りさん、あたしはいつも標識どおりの速度で走ってますよ。今だって標識どおりの21キロで走ってたんですから」
巡査は事情を理解し、微笑みながら言った。
「お婆さん、あの標識の“21”というのは国道21号線という意味ですよ」

その言葉を聞き、老婆は恥ずかしそうに答えた。
「あれま、そうでしたか。それは失礼しました」
巡査は老婆に運転に気を付けるように言ってから、一つ気になっていることを口にした。

「なぜほかの4人の方々はさっきから一言も喋らないのですか? 何だか全員放心状態のように見えますが」

すると運転席の老婆が答えた。
「さっきまで、みんなで楽しくお喋りしてたんですけどね。国道258号線に入るまでは」

31: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/07/22(月) 22:27:46.05 ID:yDTzvPln0
>>29
婆ちゃんが時速258kmで走ったのか

32: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/07/22(月) 22:28:28.60 ID:mCZEzeeF0
>>29
これはワロタwwwwwww

40: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/07/22(月) 22:40:00.52 ID:H1iFeVVy0
「アンナカレーニナ」の上・下を買ってきて読んだ。感動した。
トルストイっていい!と思った。

ある日、本屋に行くと、中というのがあった

41: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/07/22(月) 22:44:04.98 ID:mn6OeVuDO
ある男の所に、見知らぬ紳士が箱を持ってやってきた。その箱にはボタンが付いていて、
それ以外には何も仕掛けらしきものは見あたらなかった。その紳士は穏やかな口調で
男に言った。
「あなたがこのボタンを押すと、どこか遠い場所で、あなたの知らない人が死にます。
そのかわり、このボタンを押して頂けましたら、あなたに100万ドルを現金で差し上げましょう。」
そう言うと、紳士はボストンバックを開き、中に詰め込まれた札束を見せた。
男が躊躇うと、紳士は3日後に箱を取りに来るから、それまでに決心して欲しいと言って
去っていった。
男は悩んだが、誰も知らない人間なのだからと、最後の日にボタンを押した。翌日、
紳士が現れ、男に礼を言って100万ドルと引き替えに箱を回収した。紳士が会釈して
去ろうとしたとき、男は紳士に尋ねた。
「本当に人が死んだのか?」
すると紳士は答えた
「はい。確かに昨晩、遠い場所で、あなたの知らない人が死にました」
男は良心が痛んだが、目の前の札束を見て自分を納得させた。
「もう一つ教えてくれ」
「はい、何でございますか?」
「その箱はどうするんだ?」
すると紳士は微笑んで言った。
「どこか遠い場所の、あなたの知らない人に届けます」

69: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/07/22(月) 23:12:02.37 ID:VTFBK5JxP
>>41
これは?

73: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/07/22(月) 23:13:30.37 ID:yDTzvPln0
>>69
これはこれはうるさいな!

「今度はあなたが押される番かもしれませんね」ってだけの話

42: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/07/22(月) 22:45:23.50 ID:mn6OeVuDO
結婚の約束をしていた彼女が死んだ

不治の病だった

何故俺に何も言ってくれなかったのか。俺は彼女を恨んだ

三年後、俺は彼女が死んだ病院で、彼女を呪いながら自殺した

51: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/07/22(月) 22:57:47.52 ID:yDTzvPln0
>>42
エイズか……

257: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/07/23(火) 01:01:29.50 ID:bnXdm2SS0
>>51
そういうことかありがとう

43: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/07/22(月) 22:46:16.90 ID:wRLfqB2Xi
少女のところにお星さまが降り立ちました。
「なんでも一つ願いをかなえてあげよう」
お星さまはいいました。
少女は泣いていました。
「家族を消してちょうだい!あんな家族、まっぴらよ!」
次の日、少女が目を覚まして一階へおりると、いつものようにおかあさんと
おとうさんとおにいちゃんがいました。
少女は後悔しました。
その夜、再びお星さまは少女の目の前にあらわれました。
「気に入ってもらえたかな」
少女はいいました。
「昨日のおねがいをとりけしてちょうだい」
お星さまはいいました。
「一度かなえたおねがいはとりけせないよ」
少女は泣きました。

46: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/07/22(月) 22:53:58.20 ID:H1iFeVVy0
>>43がわからん

48: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/07/22(月) 22:55:09.27 ID:7prx/Q5Q0
>>46
養子だろ
で、本当の家族は死んじまったと

44: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/07/22(月) 22:47:03.22 ID:mn6OeVuDO
小学校に入る前の娘と遊園地に行った

入り口には看板が貼ってあって、楽しんでねと書かれていた

まだ字が読めるようになったばかりの娘が、まじまじとその看板をみていて微笑ましかった

ジェットコースター、観覧車、コーヒーカップ、と色んな乗り物に乗ったが、

しかしどうにも娘はそわそわして楽しんでいる様子がない

俺はせっかく遊園地に来たんだから入り口に書いてあるようにしないと駄目だぞ、と言うと

やたら暗い顔になる

まだ遊園地は早かったのかもしれない

仕方ないから帰ることにした

そして娘はその日自殺した

俺は今でも自分を許せない

56: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/07/22(月) 23:01:36.41 ID:yDTzvPln0
>>44の娘は漢字が読めなかったってことでいいんだよな?

60: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/07/22(月) 23:03:33.64 ID:H1iFeVVy0
>>56
幼いことを二度も書いてるからそうなんだろうな
これぐらい伏線あったほうがわかりやすくてうれしい

45: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/07/22(月) 22:49:01.53 ID:mn6OeVuDO
その日僕は同窓会に行きました

みんなのムードメーカーのA

頭がよくてわからない問題を教えてくれたB

クラスのマドンナでみんなに憧れられてたC

僕はまたこの愉快なメンバーと騒げることに幸せを感じました

わいわいがやがやと思い出を語っているうちについに最期の修学旅行の話になりました

飛行機の中すごかったよな? だってファーストクラスだぜwww

そんな事を話しているといきなり空気が変わりました

なんだと思ってみてみると木曽が・・・木曽?木曽がなぜここに

さっきまで馬鹿騒ぎしていたAもBもCもクラスの皆もそして私もおびえました

木曽は一人ひとりの席の前に行き、水をかけて回っています

木曽が私の前に来たとき思わず叫んでしまいました

「お前はあのときいなかった お前はこの世にいないはずだ」

83: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/07/22(月) 23:17:42.97 ID:gcdr3Ybk0
>>45
これってどういう意味?
単純に死んだ人間が現れたってだけ?

87: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/07/22(月) 23:18:56.60 ID:/sTMUMvl0
>>83
木曽以外飛行機事故で死んだ
木曽は墓参りに来ていた

49: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/07/22(月) 22:57:15.02 ID:mn6OeVuDO
会社までの徒歩通勤時に取り壊し予定の無人マンションの近くを通るのだが、
そこは飛び降り自殺が多く、自殺者の霊の目撃情報も多い曰くつきマンション。
周りに街灯も少ないし夜はかなり不気味で怖い。
この間残業で帰りが23時頃になったときガクブルしながらそこを通ったんだが、
一瞬マンションの屋上に人影が見えた気がした。
「!?」
ビビって心臓止まるかと思った。
よく見てみたがやはり屋上に誰かが立っている。
まさか幽霊・・・と思った瞬間その人が飛び降りた。
コンクリートに打ち付けられる嫌な音がして、女の人が倒れてるのが見えた。
慌てて携帯で救急車を呼んでその人に駆け寄った。
血まみれで足は変な方向向いてるし、幽霊ではなかったが、かなり恐怖だった。
落ちた音を聞いてかマンションのベランダから何人かこっちを見てる人もいた。
すぐに救急車が搬送していったけど、家に帰っても現場を思い出してしまいまったく眠れなかった。
次の日聞いたら、重症だったけど命の別状はなかったらしい。
ホント未遂に終わってよかた・・・もし亡くなってたらマジでトラウマになるところだったorz

53: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/07/22(月) 22:59:32.68 ID:yDTzvPln0
>>49
想像したら鳥肌立つな

54: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/07/22(月) 22:59:58.92 ID:cZ5ZDNhWO
>>49
こういうのがスレタイに相応しい

57: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/07/22(月) 23:02:37.82 ID:+MLpWQvJO
>>49
どゆこと?

59: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/07/22(月) 23:03:14.14 ID:yDTzvPln0
>>57
取り壊し予定の無人マンションだぞ?

62: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/07/22(月) 23:05:17.17 ID:+MLpWQvJO
>>59
うわあああああ
鳥肌たったわ!こえー

52: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/07/22(月) 22:59:28.58 ID:mn6OeVuDO
ある時、父さんが家にロボットを連れてきた。
そのロボットは特別で、ウソをついた人の顔をひっぱたくって言う物騒な代物らしい。
そんなある日…。
僕は学校から帰宅するのがかなり遅くなってしまった。
すると父がこう尋ねてきた。
「どうしてこんなに遅くなったんだ?」
僕は答えた。
「今日は学校で補習授業があったんだよ」
すると驚いたことに、ロボットが急に飛び上がり、僕の顔をひっぱたいた。
父は言った。
「いいか、このロボットはウソを感知して、ウソついた者の顔をひっぱたくのさ。さあ、正直に言いなさい」
そして父がもう一度聞いてきた。
「どうして遅くなったんだ?」
僕は本当のことを言うことにした。
「映画を見に行ってたんだ」
父はさらに聞いてきた。
「なんの映画なんだ?」
「十戒だよ」
これに反応して、ロボットがまた僕の顔をひっぱたいた。
「ごめんなさい…父さん。実を言うと『Sexクイーン』ってのを見てたんだ」
「何て低俗な映画を見てるんだ、恥を知れ!いいか、父さんがお前くらいの頃は、そんな映画を見たり態度が悪かったことなんて無かったんだぞ」
するとロボットはきつい一発を父に食らわせた。
それを聞いていた母が、キッチンから顔を覗かせるとこう言った。
「さすが親子ね、あなたの子だけあるわ」
母も顔をひっぱたかれた。

55: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/07/22(月) 23:00:55.82 ID:mn6OeVuDO
その友人は高層マンションに住んでいます。

彼は14階に住んでいるためエレベーターは必須なのですが。

夜中に帰宅したときのことです。

エレベーターに乗って14階のボタンを押し、ドアが閉まり動き出したところ、8階のボタンのランプが点灯したそうです。

『あぁ、誰か乗ってくるのか・・』

そう思った直後、ハッとした友人は慌てて2階3階4階5階とボタンを連打しました。

エレベーターは2階は通過してしまったものの、

3階で止まってくれたので開きかけのドアをこじ開けるほどの勢いで外へ飛び出しました。

そのまま階段を駆け降りてマンションをあとにして、朝までコンビニで立ち読みしていたそうです。

『まぁ俺の思い過ごしだと思うけど、万が一ってこともあるしなww』

そう言った友人は、しかし夜間にエレベーターを使うのは今でも控えているみたいです。

91: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/07/22(月) 23:20:39.03 ID:DBiRd4Ck0
>>55
これが何度読んでもわからん無人マンションじゃあるまいし

93: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/07/22(月) 23:22:20.77 ID:NCx0SPMs0
>>91
乗ってくる場合ランプは点灯しないでしょ
内側から誰かが押さないと

111: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/07/22(月) 23:31:12.66 ID:4n5biqig0
>>91もう一人乗ってたんだよ

114: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/07/22(月) 23:33:46.58 ID:RgOSxL0Z0
>>111
理解したがおまえのコメントが一番こえーよwww

486: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/07/23(火) 10:12:47.52 ID:tSYfu9VJ0
>>55
8階から降りる人ならいるだろうが、
8階から上る人というのは、後をつけてくる可能性がある。
だから会いたくなかったのだろう、と考えた。

487: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/07/23(火) 10:15:25.20 ID:8kB/KmTR0
>>486
もっとシンプルだよ

489: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/07/23(火) 10:17:05.71 ID:D7nmyi470
>>486
俺もそっちだと思う

自分以外に乗ってる人(幽霊)がいた、っていうのはしっくり来ないんだよな

このコピペの作者が、「乗ってくる人がいる階のボタンが光るエレベーター」が身近にあっただけな気がするんだよな、あるのか知らないけど

490: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/07/23(火) 10:25:35.73 ID:sCZgJ7LH0
>>489
でももう一人乗っていたで結論出てた気がするよ

491: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/07/23(火) 10:32:03.03 ID:D7nmyi470
>>490
結論って言っても、作者がネタバレしたわけじゃなく「そういう意見が多い=じゃあそれをとりあえずの結論としよう」ってなっただけじゃ?

「乗ってくる人がいる階のボタンが光るエレベーター」があるのかどうかなんてエレベーター研究家くらいしかわからないだろうし

もう1人乗っていたって、エレベーターの狭い空間で気付かないはずはないし、幽霊説もこれといってヒントがあるわけじゃないから、俺はしっくりこない

511: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/07/23(火) 12:25:02.94 ID:3SZippOt0
>>489
ドアこじ開けるように逃げ出したんだぞ
光ったのは8階
3階でエレベータ降りたならまだ主人公には余裕はあったはず
なのにドアをこじ開けた

514: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/07/23(火) 12:29:12.52 ID:D7nmyi470
>>511
そこは単純に
夜中に8階から上に上がろうとするやつがいる→ストーカーか自殺志願者か殺意を持った人間か、とりあえず異常な人間→「急いで逃げないと」とテンパる

ってことだと思ってる

違和感がないわけではないが、「自分以外に誰かのってた説」「幽霊説」よりは俺は納得できるからこっちを支持してるだけ

58: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/07/22(月) 23:02:41.81 ID:mn6OeVuDO
もう昔の話だが、ガキの頃はいつも親友のAとお喋りしながら学校から帰っていた。

俺「なぁ来週テストだろ?明日一緒に勉強しようぜ」

A「わりぃ、明日はドラクエ1の発売日だから学校サボって買いに行くわw」

俺「お前毎日徹夜でゲームばっかやってて授業中も殆ど寝てるクセに、成績いいよな」

A「・・・俺、実は未来予知能力があってさ。テスト内容分かるからいい点取れるんだ・・・」

俺「はぁ?wそんな能力あるんなら俺にくれよ、競馬当てまくって金稼ぐわー」

A「・・・バカ、冗談だよw」

俺「つまんねー」

次のテストで、Aは満点を取った。

今思えばそれは当たり前の事だったのだ。

79: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/07/22(月) 23:16:30.76 ID:5CZ43dZj0
>>58
これは?

84: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/07/22(月) 23:17:43.35 ID:/sTMUMvl0
>>79
ナンバリングがわかってる

85: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/07/22(月) 23:17:51.38 ID:yDTzvPln0
>>79
このコピペはちょっとわざとらしすぎてアレなんだけど
一作目で続編が出るかどうかもわからないのに「ドラクエ1」って言ってる=未来予知の能力は本物

でも、普通に会話の中で「ドラクエ1」とか言われたら違和感ありまくりだよなぁ

61: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/07/22(月) 23:04:30.12 ID:mn6OeVuDO
老人が男に言った

「ゲームをしないか?」

老人が説明したゲームの内容は次の通りだ

箱の中に多額の賞金が入れられており、男が見事箱を開けられたら中の賞金は男の物

箱はとても頑丈であり素手で開けるのは不可能だが、まわりには斧などがおかれている

時間制限などは一切無いらしい

男は是非やらせてくれと答えた

男が金を得るチャンスがあるのにリスクは無なさそうだったからだ

参加を表明した男に老人が言う

「実は箱にたどり着くまでにはいくつか難関がある

5万円払えば賞金のすぐそばからスタートさせてやろう」

男は笑顔で5万円を差し出した

ゲームが開始した

スタート時から賞金は男の目の前にあった

67: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/07/22(月) 23:11:16.19 ID:P5uNock9P
>>61
これは?

68: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/07/22(月) 23:11:34.47 ID:yDTzvPln0
>>67
箱の中からスタート

63: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/07/22(月) 23:08:40.64 ID:mn6OeVuDO
ある所に親の言うことをよくきく少女が居ました。

少女は親から「決して地下室の戸を開けてはいけないよ」と言い付けられていました。

しかしある日、親が家を留守にした時

少女の好奇心が膨れ上がり、迷った末少女は地下室の戸を開けてしまったのです。

そこで少女が見た物は、明るい世界でした。

64: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/07/22(月) 23:09:19.55 ID:JhimgZYX0
>>63
閉じ込められてたのか?

65: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/07/22(月) 23:10:06.76 ID:mn6OeVuDO
昨日は山へ足を運んだ。

今日は海へ足を運んだ。

明日はどこへ行こう。

私は頭を抱えた。

「手を焼いているんですか?」

と聞かれたので、振り向いてこう答えた。

「どうも」

89: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/07/22(月) 23:19:45.28 ID:kPyjkFXP0
昼食をとり終えた頃、いい天気なので散歩にでも行こうと思い出た。
歩きだそうとしたとき10メートル先に妊婦がしゃがみこんでいるのが目にはいる。
すぐに駆けつけ、
「大丈夫ですか?」
と声をかけるが返事はこない。
「どうしました?」
またも返事はない。
さすがにまずいと思い
「救急車を呼びますね」
と言い、携帯を取り出した。
そのとき妊婦が口を開いた
「あのー、すいませんこの近くに交番はありますか?」
なぜ交番の場所を聞かれたのか疑問に思いながらも交番の場所をおしえる。
すると
「そうですかありがとうございます。」
と言いながら立ち上がり、続けざまに
「それではまたどこかで」
と言うと妊婦は去っていった。
なんだったのだろうかと思いながら携帯を開く。
その瞬間あの妊婦の言葉の意味を理解して僕はすぐさま家へと逃げ込んだ。

98: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/07/22(月) 23:25:24.78 ID:NCx0SPMs0
>>89
これがわからん

99: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/07/22(月) 23:26:22.29 ID:4emhmvZj0
>>89
つまり、どういうことだってばよ

123: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/07/22(月) 23:38:13.67 ID:Sq3LPFdA0
>>89
自分の母親だってこと?

436: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/07/23(火) 03:07:24.86 ID:D7nmyi470
>>434
いろいろと情報がかけてるんだけど、俺が一番納得した答えは
妊婦らしき人は実は連続殺人犯、妊婦の振りをして近づいて来た人を持ってる凶器で殺す
交番の有無を聞いた理由は、近くに交番があれば捕まる可能性が高いから
携帯を開くと、そこには「妊婦の振りする殺人犯に注意!」というメール(何かのお知らせ?)が…

435: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/07/23(火) 03:04:41.68 ID:Zs2vxK060
>>89
子供を望まない妊婦が生まれそうな子を捨てようとしてるとかそんなんだと思う

451: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/07/23(火) 04:08:16.90 ID:FcaKE9eu0
遅レスだけど>>89は自分で腹ぶっ叩いた妊婦が男の人にやられたって交番に駆け込むってことじゃね?
また会いましょうって言うのは裁判所のことで

90: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/07/22(月) 23:19:58.57 ID:658Eom2f0
ある学校の授業でのことだ。
当日は、予報を大きくはずして快晴だった。
あるクラスは、その日は何かの実験で、理科室で授業が行われた。
ところが、運悪く、ガスが漏れていたのか薬品がこぼれていたのか…
理科室は爆発し、生徒達も巻き込んで、一切合切こなみじんにしてしまった。
後日、事故現場を片付けている最中に、いくらかの骨や肉片が見つかった。
それらを丁寧に運び出し、体育館に並べていくと…そう、教室にいた分だけの
白骨死体と、余り物が完成するわけである。
生徒は全員が過去に歯科治療を受けており、歯形から確認できる限り全員分の
身元を確認することが出来た。
何人かは顔が残っていたので問題はなかった。
ところが、全く奇怪なことだが、どうも数が合わない。
生徒は39人で、教師が一人。
遺体は全部で41体、子供が40で大人が一。
子供が一人多い…
近所で行方不明になった子供はいないし、他のクラスも人数が合っている。
検察官の一人が首を傾げている様子を見ると、他の検察官が唐突に叫んだ。
「なんだ、数が合っているじゃないか!」
翌日は、予報どおりの雨であった。

95: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/07/22(月) 23:23:43.84 ID:H1iFeVVy0
>>90
なんかのトリックでこれあったな

102: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/07/22(月) 23:26:42.73 ID:NCx0SPMs0
>>90もわかんねぇ

105: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/07/22(月) 23:28:46.31 ID:gcdr3Ybk0
>>102
先生が妊娠って聞いたことが

107: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/07/22(月) 23:29:49.63 ID:NCx0SPMs0
>>105
え?雨関係ないの?

357: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/07/23(火) 01:56:56.51 ID:k0lA/JUn0
>>90
これはあれじゃないの?
理科室にある人骨模型

359: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/07/23(火) 01:58:16.50 ID:MLbHs8Kd0
>>357
原爆(リトルボーイ)の比喩って説もある
雨は黒い雨

363: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/07/23(火) 01:59:11.36 ID:l+QUd/vO0
>>357
しっくりこないけどラストの文脈からリトルボーイらしいよ

472: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/07/23(火) 04:58:43.39 ID:kCm7sr/KO
>>90の原爆説ってどんなだよ

473: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/07/23(火) 05:03:29.04 ID:Zs2vxK060
>>472
広島に落ちた原爆がリトルボーイだからその残骸がって話

476: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/07/23(火) 06:44:12.50 ID:ehaaGeV40
>>473に加えて、曇りだと目標確認が難しく空から爆撃できないので晴れてる地域を爆撃した
原爆落とされて黒い雨が降りましたというのを連想させる文章になってるとかなってないとか

100: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/07/22(月) 23:26:23.44 ID:658Eom2f0
ある地方で大きな地震があった
避難所の小学校で寝ることにしたが人があふれ騒がしくてとにかく暑い
涼みに外にに出ると明かりのついてない建物を見つけた
そこはとても涼しく、静かなので多くの人が横になっていた
これはしめたとそこで寝ることにしたがしばらくして異変に気付いた。静かすぎる

私は建物を飛び出した

103: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/07/22(月) 23:27:13.43 ID:zexzgzNWO
目が覚めたらおじさんとおばさんと女子高生がいて、おじさん弁護士バッチつけてるってコピペの意味わかる人いませんか?

229: 忍法帖【Lv=12,xxxPT】(1+0:15) 2013/07/23(火) 00:43:30.54 ID:Hi38pdeg0
>>227
コピペ張ってから言ってくれよ…

246: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/07/23(火) 00:52:23.68 ID:r2B2o4VNO
>>229 >>230

すんません携帯なのです…
みなさんの記憶に残ってるレベルのコピペじゃないみたいなので諦めます。失礼しました

255: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/07/23(火) 00:59:10.24 ID:kyGeF+O00
>>246
先日、大学へ行くために通勤ラッシュの満員電車に乗って痴漢してたら、隣に立ってた女子高生が騒ぎ始めた
「この人に痴漢されました!!」
一瞬、俺の事かと思ったが、どうやら俺の隣にいた40代くらいの威風堂々とした男性の事らしい。
俺はその男性が慌てふためくと予想したが、落ちついて言った

「私の事か?」


女子高生は「そうよ、絶対触ってたでしょ!!」と言ったが
男性は冷静に
「お前みたいな高校生風情がこの私に罪をかぶせられるのなら、喚くだけ喚け。
 私も抵抗はしないし、なんなら次の駅で一緒に降りてやる。」

女子高生は男性の態度に畏縮した様子だ
「良いことを教えといてやる。私の胸のバッチが見えるか?弁護士バッチだ。
 これは社会的信頼の証だから、着けとくだけでお前の戯言なんて誰も相手しなくなる。」
さらに男性は続けた
「言っとくが、私の無実が証明されたら。お前は私を騙そうとしたことになるからな。
 悪意がなくても名誉棄損になる。まず、退学は間違いない。」
女子高生は降参した様子で
「すいませんでした。」と言ったが、男性は間髪いれず
「許さん。次の駅で降りろ」と言った

本当に次の駅で男性は女子高生を下させ去って行った。
後の結末は知らないけど悲惨になったのは女子高生の方だろう。

これじゃないよな?

268: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/07/23(火) 01:10:27.42 ID:cwdcHK1c0
>>255
一行目でワロタ

269: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/07/23(火) 01:11:06.34 ID:r2B2o4VNO
>>255 すいません違います

「ここは…」俺は顔を上げると周りには4人の男女がいて、俺を見つめていたその中でも1番年齢が上であろう50代の紳士的な男が代表するように

こんな感じのやつです

108: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/07/22(月) 23:30:34.40 ID:K6O0BuSn0
全国にはいろいろな心霊スポットと呼ばれる場所がありますね
~で~をしたら呪われる、といった話も様々です
トンネルの中で電気を消してクラクションを3回鳴らすと・・・・・・とか
コックリさんの途中で指を離すと・・・・・・とか
今回私がお話しするのはそういった類の話で
否応なく「呪い」というものの存在を思い知らされた話です
夏も終わりかけたある日、私たち2人は地元で噂の
心霊スポットに出かけました、そこは現在も人が住んでいる
一見してなんの変哲もない12階建てのマンションでした
そこの屋上には、以前に飛び降り自殺した男の霊がいると言われていました
そして、そのマンションの屋上から1階までジャンプしたら呪い殺される・・・・・・とも
私も友達も霊の存在は信じていませんでした
案の定、友達は言いました
「呪いなんてねーよ、一緒にジャンプしようぜ」
いつもなら二つ返事でオッケーするものの、その日は嫌な予感がしました
今にして思えば、それがシックスセンスというものだったのかもしれません
僕が返事に戸惑っていると、友達は
「チッ、ヘタレが!今から呪いなんてないってところ、見せてやるよ!」
そう言うやいなや、屋上から飛んで見せました
僕は身を乗り出して上から見守っていましたが、友達が地面に着地した瞬間
脳みそや内臓が飛び出て、ただの赤い塊になっていました
私は、やはり呪いというものは存在するんだ
遊び半分で霊を呼び出してはいけないんだ
と、いつまでも子猫のように小刻みに震えていました

137: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/07/22(月) 23:43:57.22 ID:aCFXE1lF0
>>108
ダーヴィン賞獲れるなこいつら

ただ高層マンションの上階で育つと本当にこういう風になりかねんらしい

109: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/07/22(月) 23:30:54.06 ID:AuYDjW2s0
1904年8月.。
私は自宅で不審な日記を見つけた。
我が家は、6年前結婚してすぐに妻と選んで購入した中古住宅だ。
妻と二人の娘は一昨年の船旅中の事故により他界。
二人の愛娘は後日別々の場所に打ち上げられたが、結局は還ってこなかった。
先日、改築のため大工を呼ぶと、妻の部屋の天井裏から日記が出てきたと手渡された。
その日記は間違いなく妻の字で書かれていた。
日記の内容はこうだ。

---
7/15:今日から私と貴方の生活が始まりますね
(私と妻の結婚記念日だ)

9/21:貴方のために今の私が作られました。

12/9:それでも私は貴方を放さない。

2/23:もうすぐです。

2/29:理解して頂けましたか?
---

私は恐怖のあまり、遠い街へと引っ越した。

207: 忍法帖【Lv=11,xxxPT】(1+0:15) 2013/07/23(火) 00:24:43.13 ID:Hi38pdeg0
>>109
閏年がどうたらってことか?

368: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/07/23(火) 02:01:29.61 ID:eMTr8ETT0
>>109
未来日記?

387: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/07/23(火) 02:14:09.70 ID:D7nmyi470
>>368
これが、うるう年とか1900年とか関係しててちょっと説明がややこしいんだけど…

基礎知識として4年ごとにうるう年(2/29のある年)は来るが、例外として下2桁が00年(1900年、2000年)の時はうるう年ではない

日記には2/29のページがあるが、2/29があるのは1896年か1904年

ただ結婚&引越したのが

1898年だからこの日記が書かれたのは1904年2月ということになる

ただ妻は1902年に死んでる…じゃあ妻の字で書いてあるということは妻の幽霊なのではないか

390: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/07/23(火) 02:17:41.45 ID:hkyPesfY0
>>387
2000年はうるう年あったろ

393: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/07/23(火) 02:21:07.03 ID:aknnT3dk0
>>390
400の倍数は閏年なんだよ

399: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/07/23(火) 02:22:27.81 ID:fgb83QCN0
>>390
400で割り切れるからな

112: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/07/22(月) 23:31:51.66 ID:658Eom2f0
深夜、テレビの放送が終わると砂嵐と呼ばれるザーッという放送になる。
これは実話なんだが、あるとき地方テレビ局の中の人が夜勤のとき、砂嵐の時間帯に、
暇だからということで見て楽しもうと思ったアダルトビデオを
うっかり公共の電波に流してしまったことがあった。

もちろんすぐに数十件の抗議電話が殺到した。

126: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/07/22(月) 23:38:44.68 ID:5JgIflnm0
>>112
これは砂嵐を見てる奴が数十人いたってことだよな?

116: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/07/22(月) 23:35:26.31 ID:K6O0BuSn0
・12/15
さて、何を書くものか。
誰かに見せるわけでもないが、何となく最初は自己紹介。
両親を墜落事故で亡くした俺は去年から妹と二人暮らし…だったのだが、
その妹は今年の春から留学中。
帰ってくるのは3月だ。
というわけで今年の冬は一人で生活。
暇だから日記でも書いてみる。
ちなみにこれは妹が去年のクリスマスにくれたノート。
ツリーの絵が描いてある。
ん…意外と書くこと無いな。
今日はもう寝ることにする。
妹、おやすみ。

・12/16
ペンは持ってみたものの書くことが無い。
妹との思い出を書こうとしても、なかなか手が動かない。
本当に俺って妹がいないと何もできないんだな。
妹に会いたい。

・12/17
今日は友達に合コンに誘われた。
なんでもクリスマスに合コンをやるらしい。
妹に言ったら怒るだろうか?

・12/18
ふと俺を叱る妹の顔が頭に浮かんだ。
「もう、お兄ちゃんったら!しっかりしてよね!」
ってまた言って欲しい。
絶対に言ってくれないけど。

118: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/07/22(月) 23:35:57.96 ID:K6O0BuSn0
・12/19
妹から電話が来た。
合コンのことを話したら
「別に…いいんじゃない?勝手にすれば?」って言われた。
気にしてるのかな。
かわいいやつだ。
もちろんおれは行かないぜ。
妹に会いたい。

・12/20
妹に去年のクリスマスにあげたプレゼント。
今は俺が大事に使ってます。
そういえば今年は妹にプレゼント買わないからお金が結構あまってるな。
はぁ…
妹に会いたい。

・12/21
妹に会いたい。
正月には帰って来ないらしいから会うのは3ヶ月以上先か。
お金たまったしアメリカ行きてぇなぁ~。

・12/22
妹に会いたい。
妹に会いたい。
妹に会いたい。
妹に会いたい。
妹に会いたい。

120: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/07/22(月) 23:36:33.39 ID:K6O0BuSn0
・12/23
妹から電話が来た!!!
送り主不明の人からクリスマスプレゼントが届いたって驚いてた(笑)
サプライズとかお兄ちゃんさすが。

・12/24
決めた!おにいちゃん妹のところに行きます!
俺、妹がいないと無理だ。
ということでこれが最後の日記です。それでは!

・12/25
メリークリスマス!妹から電話が来た。
クリスマスパーティをやったんだそうだ。
そして妹は急遽、日本に帰宅するらしい。
あやうく俺がアメリカに行くところだった。
妹はお年玉がそんなに欲しいのか?(笑)
それとも俺に会いたくなったか?
かわいいやつだ。お年玉たくさん用意して待ってるからな。

・12/27
…信じられないことがおきた。
日本に向かう飛行機が墜落したそうだ。
死体が握り締めていた俺からのプレゼントの財布の中身で身元が判明したらしい。
一日おきに書いてきた日記も今日で最後にする。
ページはまだ残っているから悲しみから立ち直ることができたら、
来年の12月に妹との想い出でもつづろうと思います。

124: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/07/22(月) 23:38:27.70 ID:tvH3N/Ux0
>>118
教えて

129: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/07/22(月) 23:40:02.81 ID:haYmIC9y0
>>124は去年の話として考えると

122: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/07/22(月) 23:37:12.10 ID:658Eom2f0
会社から帰宅してきてポストを開けると、紙切れが一枚入っていた。
そこには殴り書きの汚い字で何か書かれていた
文字はかすれていたが、何とか判読する事が出来た。

「か ぶ と む し」

…??
意味がさっぱりわからないが、近所の子供の悪戯だろうと対して気にも止めなかった。


風呂から上がり、缶ビールを開けて至福の一時…!
…のはずが、…ぬるい!
どうやら、とうとうボロ冷蔵庫め!ブッ壊れやがったか。
常温のビールなど飲めたもんじゃない!
…私はブツブツ独り言を吐きながらも、仕様がないので今からコンビニに行くかどうか迷った。
…が、風呂あがりで出かけるのも面倒臭い。
時計を見ると午後10時。
…妻は、残業で帰りが遅くなる旨のメールが先程あったばかりだが、もしかするとそろそろ帰ってくるかもしれない!
…そんな淡い期待を込めて、妻のケータイにかけてみた。

聞き慣れた着メロが、キッチンの方から聞こえた。

160: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/07/22(月) 23:53:46.53 ID:tvH3N/Ux0
>>122
かぶとむし?

161: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/07/22(月) 23:54:52.67 ID:658Eom2f0
かぶとむしをカタカナに変換して紙に書いて明かり通して裏から見てみ

186: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/07/23(火) 00:10:28.92 ID:fBVqNVWD0
>>122
ツマイレタはまぁ読めたとしてもさ
残業するって先ほどメールが来たんだよな?
妻は冷蔵庫に入れられてるとして誰がメール送ったのよ?
冷蔵庫で残業してるのか?

130: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/07/22(月) 23:40:26.93 ID:5JgIflnm0
[カップラーメンは人体に対してこんなにも危険!!!!!!!!!!!!!!!!]

1)ラットによる実験では、ラットをラーメン内に入れると87%の確率で溺死する。

2)カップラーメンを食べた人が将来200年以内に死亡する確率はほぼ100%。

3)凶悪犯がカップラーメンを購入する確率は、同じ犯罪者がアフガニスタン国債を購入する確率よりはるかに高い。

4)カップラーメンを気管に入れると咳嗽反射が起こり、最悪の場合窒息により死に至る。

5)カップラーメンを食べながら自動車を運転した場合、重大な人身事故が発生するおそれがある。

6)健康な成年男子にカップラーメン1個のみを与えて長期間監禁した実験では、被験者の99%が50日以内に死亡した。

7)電化製品をカップラーメン内に入れると、破損するおそれがある。

8)25年間保存されたカップラーメンは有毒である。

9)カップラーメンを作る際に火傷をした人の85%は、カップラーメンがなければ火傷はしなかったと述べている。

10)米国では倒壊したカップラーメンの入ったコンテナの下敷きになって人が死亡した事例が報告されている。

169: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/07/23(火) 00:01:15.90 ID:k0/oTN7w0
>>130
これ分からない

172: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/07/23(火) 00:02:37.58 ID:/uPDe05xP
>>169
どちらかと言えば笑えるコピペ

173: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/07/23(火) 00:04:42.13 ID:k0/oTN7w0
>>172
そうなん?
長時間監禁できる実験をしてたってところかな怖いの

180: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/07/23(火) 00:06:35.09 ID:MLAXO9380
>>173
当たり前のことを言っただけ

138: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/07/22(月) 23:43:58.82 ID:K6O0BuSn0
今日は父さんが帰ってくる日だ。

父さんは船乗りで家にあまりいないから、帰ってくるときはすごくうれしい。

にこにこ顔の父さんを久しぶりに見ると、僕も弟もつられてにこにこ笑ってしまう。

母さんもとても楽しそうで、父さんのいる間はテーブルにごちそうがいっぱい並ぶ。

お休みが終わるころ、父さんは僕と弟をかわるがわる抱っこすると、「大きくなるんだぞ!」と言って、また船の旅に出る。

僕も弟も、父さんに会えるのがとても楽しみなんだ。



哀しい知らせが入った。

父さんの乗っていた船が沈んで、父さんは二度と家に帰れなくなったという。

僕と弟は泣いた。

父さんがいない間だけだから、我慢できたのに。

最悪なことに、今日から僕らは夏休みだ。

僕と弟は、もう秋を迎えることはできないだろう。

141: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/07/22(月) 23:44:53.82 ID:yDTzvPln0
>>138
虐待されてるってことか

139: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/07/22(月) 23:44:18.63 ID:XhM9TwMY0
私は風呂でシャワーを浴びているときリビングの方から一つの悲鳴が聞こえた。
私はすぐに風呂から上がり、素っ裸でリビングに向かう。

するとそこには、覆面を被った男と体から血を流した父と母と妹の死体が床に横たわっていた。
覆面の男は私を見た途端、すぐさま窓から逃げ出し私は顔を真っ青に染めながらその場に座り込んだ。

144: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/07/22(月) 23:47:07.65 ID:yDTzvPln0
>>139
悲鳴を上げたのは覆面で、父母妹を殺したのは「私」ってこと?

149: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/07/22(月) 23:51:42.06 ID:VTFBK5JxP
>>144
そういうことだな

146: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/07/22(月) 23:49:06.01 ID:2NiVFxb80
>>139
わからんなぁ

151: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/07/22(月) 23:51:44.26 ID:yDTzvPln0
>>146
「私」は返り血を洗い落とすために風呂に入ってた
強盗がその隙に侵入、リビングに転がってた死体を見て悲鳴を上げる

こう考えればわりと自然じゃね?

142: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/07/22(月) 23:45:24.40 ID:658Eom2f0
中学2年の夏、学校の行事で山に1泊2日のキャンプに行くことになった。
夜はバーベキューの後、キャンプファイヤーをしながら歌を歌うことになっていた。
食事が終わった生徒から焚き木の周りに集まってきて全員いると確認とれたみたいだ。
でも火をつける寸前、歌詞が書いてある旅のしおりをテントに忘れたことに気づいて取りに戻った。
テントは少し離れた小高い丘にあってそこからさっきいた場所が見下ろせる。
見ると既にキャンプファイヤーは始まっていた、かなり盛り上がってるみたいだ。
ドーナッツ状に燃える炎がきれいだ、早くみんなのところに行こう。

152: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/07/22(月) 23:51:59.00 ID:e5FxVSSo0
>>142
生徒が燃えてたのか

155: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/07/22(月) 23:52:35.69 ID:tvH3N/Ux0
>>152
火に囲まれてる

147: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/07/22(月) 23:50:25.45 ID:658Eom2f0
昨日彼女に浮気がばれた。
夕方仕事から帰ると郵便受けに彼女からの手紙が入っていた。
まじいをこっにくこんてはかろやて家らしきねで9にみ
なんだこの手紙はビンゴのように等間隔に書かれている。
晩飯を食べながら考えているとインターホンが鳴った。
こんな時間に誰だろう。

148: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/07/22(月) 23:51:17.50 ID:PMk6Tge50
散歩をしていると、「キャー!」という女性の悲鳴が聞こえた。
驚いて行ってみると道路で女性が、
縦2m・横2m・暑さ50cm程の鉄板らしき物の前に座りこんでいた。
女性は、驚いたのか話せない。

作業服を着た人が話をしてくれた。
ビルの工事をしている時に落としてしまったらしい。
怪我人はなく、女性は驚いて腰が抜けただけ。

赤いタイルの上に真っ黒の鉄板とは不気味。
散歩も飽き、もう一度その場所に寄ってみた。
先ほどの女性がいた。声をかけてみた。女性は

「驚きました。悲鳴を聞いたときはビックリしました」
と返した。

157: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/07/22(月) 23:52:47.28 ID:AtJXh2E60
>>148
ブチュッ

153: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/07/22(月) 23:52:24.64 ID:r5JuFFiK0
まじいをこ
っにくこん
てはかろや
て家らしき
ねで9にみ

156: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/07/22(月) 23:52:44.49 ID:jODKbRgo0
私には八年前から体のある部分がない.
でも私はなにも不安はない。私は両足で歩き、朝起きたら両手で顔を洗う。
そしてものは目で見て、話しは耳で聞く。
なに一つ不自由がないのに…

周りの人間は私の実体を知るとあり得ない! あなたに自由は一つもない! かわいそう! などと言い放つ。
このせいで私は親友や彼女と呼べる人間はいない。
別にわからないやつは放っておけばいい…。

さて明日も仕事だからそろそろ寝るとしようか。

168: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/07/23(火) 00:01:08.74 ID:mRasSgVr0
>>156
休みが無いのか

178: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/07/23(火) 00:06:01.33 ID:vWe40+5u0
>>168
正解
怖いというよりナゾナゾだな

164: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/07/22(月) 23:57:43.12 ID:kPyjkFXP0
妊婦=指名手配殺人犯
以前殺人犯が逃走中に擦れ違った主人公
その時犯人は顔が割れたと勘違い
その後口封じ(主人公をこ ろす)の為あとをつけて主人公の家を突き止める
腹に凶器を隠し気付かれないようしゃがみ、主人公をこ ろすタイミングを陰から窺っていた所で主人公が家から出てくる
ふと目に入ったそれを妊婦と勘違いした主人公に思いがけず声をかけられた犯人は、<主人公は自分が犯人だと気付いて無い>事を知るが、
いずれニュースで顔が割れるからここで主人公をこ ろしてしまおうとして交番は近くに無いか尋ねる
ここで交番が無いと答えていたら主人公はこ ろされていた
それではまた…の下りはまたお前を狙いに来ます。の意味
携帯を開いて…の下りは主人公が携帯のニューステロップでさっきの妊婦が殺人犯だと知ったため

170: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/07/23(火) 00:01:26.30 ID:/uPDe05xP
>>164
複雑すぎてそんなもん読み取れんわwww

129: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/07/22(月) 23:40:02.81 ID:haYmIC9y0
>>124は去年の話として考えると

129: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/07/22(月) 23:40:02.81 ID:haYmIC9y0
>>124は去年の話として考えると

618: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/07/23(火) 15:00:13.63 ID:kyGeF+O00
ある日、私は森に迷ってしまった。 
夜になりお腹も減ってきた。
そんな中、一軒のお店を見つけた。
「ここはとあるレストラン」
変な名前の店だ。
私は人気メニューの「ナポリタン」を注文する。
数分後、ナポリタンがくる。私は食べる。
・・・なんか変だ。しょっぱい。変にしょっぱい。頭が痛い。
私は苦情を言った。
店長:「すいません作り直します。御代も結構です。」
数分後、ナポリタンがくる。私は食べる。今度は平気みたいだ。
私は店をでる。
しばらくして、私は気づいてしまった・・・
ここはとあるレストラン・・・
人気メニューは・・・ナポリタン・・・

621: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/07/23(火) 15:07:48.77 ID:0N7geDmT0
>>618
わからん

628: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/07/23(火) 15:12:36.84 ID:X9vHQCbH0
>>621
意味わからなくて正解、意味ありげな言葉並べただけで答えが無い
牛の首の話とか赤い洗面器ににたやつ

629: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/07/23(火) 15:15:05.28 ID:CljVpEdA0
>>628
This is a restaurant famous for neapolitan
古典的な笑い話だ

196: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/07/23(火) 00:16:45.22 ID:l+QUd/vO0
あるサイトで彼女と出会った。
そしてある日、初めてデートをした。
少し遅れたのか、彼女は怪訝そうな顔をしていた。
緊張していたのか無口な人で、あまり言葉を発さなかった。
目もあまり合わしてくれない。映画や食事を楽しんだ後、彼女の部屋に行った。
彼女は、人生に疲れたようだった、なのでプレゼントをあげた。
彼女は喜んでくれた。代わりに俺が好きなジグソーパズルをくれた。
俺は、一旦組み立てられたパズルを壊すのが好きな、変わり者だ。
翌朝1ピースを持って部屋を出た。
俺はいままで付き合った彼女でもパズルが好きだといってジグソーパズルをよくプレゼントとして
もらうのだが1ピースだけ持って帰って、後は忘れるという変な癖がある。

208: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/07/23(火) 00:24:57.20 ID:DmbP8lAU0
近所の花屋の近くの交差点は
「魔の交差点」と呼ばれていて
毎年死人が出ている
それだけならただの事故の多い交差点だが
不思議なことにその交差点では毎年、
「同じ日」の「同じ時間」に人が死んでいる

そして不幸なことにそのことを知らずに町にきた俺の彼女が
去年そこで事故にあって死んでしまった・・
俺は悔しくて悔しくてたまらなくて
なんとしても交差点の謎を突き止めてやろうと
意を決して今年のその日、その時間にこの交差点にやってきた
本当に幽霊かなにかの仕業だとしても
そいつをこらしめてやるとさえ思っていた
もし死んだとしても彼女に会えるなら本望だ

俺は交差点を隅々まで調べたが
これといったものは見つからず、俺の身に何か起こることもなかった
一つおかしなことがあるといえば
俺がこうして交差点をウロウロしていても誰も気にもとめず、
警官さえも素通りしていくことか・・・

「やはりただの偶然なのか・・・」
あきらめて帰ろうとしたとき
一台の青いトラックが俺めがけてつっこんできた
そのとき、ようやく俺は気づいた
俺は間一髪でトラックを回避した
そのあとしばらく悔しくて悔しくて
その場所で泣いて立っていた

211: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/07/23(火) 00:26:05.83 ID:mRasSgVr0
>>208
これは怖いっていうか悲しくなるな

212: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/07/23(火) 00:26:20.24 ID:n+zo4aOB0
>>208

213: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/07/23(火) 00:27:53.09 ID:oGFbM8A00
>>208
これ分からないってヤバイだろ

215: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/07/23(火) 00:31:12.08 ID:n+zo4aOB0
>>208
教えて

217: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/07/23(火) 00:33:21.93 ID:mRasSgVr0
>>215
「俺」も死んでる

220: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/07/23(火) 00:36:45.94 ID:Gnjo4piu0
>>217
お前も頭悪いって良く言われるだろ

222: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/07/23(火) 00:38:52.28 ID:mRasSgVr0
>>220
え、違うの?

219: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/07/23(火) 00:35:24.28 ID:P79MUWtKi
>>215
「俺」のせいで彼女は死んだんだろ

225: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/07/23(火) 00:39:37.41 ID:S+Zy445Y0
俺、子供んときに近所の子にプロポーズしたことあるんだけど
そのネタで小学校で「あいつが私にwぷぷぷ」って6年馬鹿にされ、
中学校で3年馬鹿にされ、高校でも3年馬鹿にされ
未だに夕食の時に馬鹿にされる

233: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/07/23(火) 00:47:23.97 ID:m4j00dTD0
>>225
そんな奴夕食に呼ぶなよwwwww

265: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/07/23(火) 01:09:32.28 ID:sfpLZpgH0
>>225
すっげえ羨ましいなおい

239: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/07/23(火) 00:49:18.41 ID:l+QUd/vO0
前の会社で2億の機械を俺のミスでぶっ壊した時
社長はショックで声がでなくなりながらも振り絞るように
「君に怪我がなくてよかった。機械はまた買えばいい」
と言ってくれた
その時、俺はこの社長に一生ついて行くと決意した

243: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/07/23(火) 00:50:25.14 ID:P79MUWtKi
>>239
会社「俺」のせいで潰れた?

245: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/07/23(火) 00:52:02.12 ID:oqEDAXXX0
>>239
前の会社w

240: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/07/23(火) 00:49:54.55 ID:3jrlj9PV0
私の実家は東北地方の小さい村にあります。
家は田舎ならではというか結構大きく敷地内には倉まであって今思えばかなり裕福な家庭だったのかもしれません
その倉なんですが、小学生の頃よく親に隠れて中で友達と遊んでたりしました
ある日、2人で中の骨董品をいじっていた時に変な物を見つけてしまったのです。
大きさは大人のコブシぐらいで、黒い毛糸が絡まったボールのような物で何であるかはよく分かりませんでした。
汚らしく、興味も無い私は元のソレを場所に戻そうとした時友達の一人が何故か興味示したみたいでソレを私から取り上げ投げて遊びだしたのです。
その瞬間世界が暗転しました
気がつけば私は病院のベッドで寝ていました。
後日、親に状況を聞くとどうやら友達2人と川遊びをしていて流されて溺れたみたいで一緒に居た友達の一人は亡くなっていたみたいです
その時はさっき見ていたのは夢だと思っていました。
退院して、親に付き添われて亡くなった友達の家に行った時仏壇を見て驚きました
お供え物の横に一つだけ明らかに異様な物があ死んで詫びろったです
それは、夢で見たあの黒い毛糸の塊で友達の両親いわく、亡くなった時にポケットに大事そうにしまっていたそうです
私は急に怖くなって親の顔を見ると、何故か親のかも険しくなっていました
帰路につく途中親が突然、私に問いただして来ます
倉を中の物に触ってないかとか色々と聞いてきました
私は正直に夢で倉で遊んでいた事話しました
親は険しそうな顔をしていましたが、その場はそれ以上何も聞いてきませんでした
それから20年近くたった最近になってあれは何だったのかを聞いてみた所昔、この地方は水害が酷くそれを治める為に
人柱を使って増水を治めるという事していたみたいでその時、犠牲になった人の毛髪を使ってお守りを作っていたらしいです
それが、あの毛糸塊だったそうです

247: 忍法帖【Lv=12,xxxPT】(1+0:15) 2013/07/23(火) 00:52:38.99 ID:Hi38pdeg0
>>240
死んで詫びろ はどこから出てきた

254: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/07/23(火) 00:57:48.72 ID:n+zo4aOB0
>>240
「死んで詫びろ」が怖いってことか?

260: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/07/23(火) 01:03:02.75 ID:MLAXO9380
>>240
友達が人柱になった?

248: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/07/23(火) 00:53:22.62 ID:DmbP8lAU0
小学生の頃、俺には仲のいい友達がいた
俺と真逆でまじめな性格だったが、夏休みには毎日一緒に遊ぶほど仲良しだった
そいつの夏休みの宿題が一段落するまで待たされるのが日課みたいになっていた
俺の方は宿題は後回しにしてて日記もつけてなかったけどな

だが夏休みも終わりがけのある日、そいつは事故で死んでしまった
俺と自転車で競争中に、先を走る友達だけトラックと衝突、即死だった

葬式にはトラックの運転手も来たようだが友達の親が怒鳴って追い返していた
俺も自分のせいだと言って謝ったが、そんなことはないと言って友達の部屋に連れてかれた
友達の物を何か持って行ってくれと言われて、いくつかの形見を貰った

毎日遊んでいた友達を失って、学校が始まるまで何もせずダラダラ過ごしてた
久しぶりに行った学校ではクラスメイトの死で騒いでたりもしてたが意外と問題なく過ごせた
しばらくして俺の提出した自由研究が賞を取ったりしたがあまり実感が持てなかった

262: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/07/23(火) 01:06:21.98 ID:sfpLZpgH0
>>248
そらぁお前の自由研究じゃないからなw

271: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/07/23(火) 01:12:02.49 ID:oqEDAXXX0
235 :sage:2010/01/07(木) 15:36:36 ID:Zf7sQlVJ0
「ここは・・・」
俺は顔を上げると周りには4人の男女がいて、俺を見つめていた
その中でも一番年齢が上であろう50代の紳士的な男が代表するように言った
「大丈夫か?私たちも気づいたらここにいたんだ。」
「そんな・・・一体誰に?」
周りを見渡すと、紳士的な男、スーツの似合う男、成金風なおばさん、制服姿の女子高生がいた。
「それは分からない。何が目的なのかもな。」
スーツの男性が言うと、成金風なおばさんが、横からまくし立てる様に言った
「まったく!嫌になっちゃうわよ!一体誰が何の目的でこんなとこに閉じ込めたっていうの?!私はこれでも忙しいのに!」
「うっさいおばさん・・・」
小さい声で女子高生がボソリと言った。
「とにかく、ここから脱出する案を皆で考えよう。冷蔵庫には食べ物もあるし、とりあえず、腹ごしらえだ。」
紳士的な男性がそう言ってキッチンに移動すると、他の人たちもつられるように後を付いていった。
俺も後をついて行こうとしたとき、スーツの男性の胸に光っているのを発見した。
「あれ?そのバッジって弁護士のですか?」
「ん?あぁそうだよ」
女子高生を見ると、有名女子高の制服だ。いわゆる、お嬢様学校というやつか。

俺は少し、嫌な予感がしたが皆の後をついていった。

272: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/07/23(火) 01:13:56.14 ID:r2B2o4VNO
>>271
それです!ありがとう!

275: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/07/23(火) 01:15:21.81 ID:n+zo4aOB0
>>271
意味分からん

284: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/07/23(火) 01:22:42.99 ID:fgb83QCN0
>>271は4人全員金持ちだし俺は誘拐に巻き込まれたんじゃないの

294: 忍法帖【Lv=12,xxxPT】(1+0:15) 2013/07/23(火) 01:31:08.74 ID:Hi38pdeg0
>>284
犯人 弁護士
金持ち共 誘拐された
俺 弁護士に犯人にされる役

弁護士は金のない俺を犯人にして成金や金持ちから金を取る計画なのかな?
成金って情報がいるのか分からないが。

297: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/07/23(火) 01:32:43.06 ID:dQivNY6m0
>>294
でもそれなら弁護士が必ずしも犯人である必要が無いんだよな

308: 忍法帖【Lv=12,xxxPT】(1+0:15) 2013/07/23(火) 01:36:52.80 ID:Hi38pdeg0
>>297
弁護士も金持ちみたいなもんだしな

逆に金持ちかどうか分からないのは紳士的な男か
わからねぇからねるわ…あとよろ

304: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/07/23(火) 01:35:29.25 ID:42vcbSpp0
>>294
なんで弁護士が犯人になるんだ?
情報が少な過ぎる

316: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/07/23(火) 01:40:02.61 ID:fgb83QCN0
>>294
誘拐されたけど金持ちである以上金を渡せば安全は保障される
金持ちじゃなさそうな俺は・・・みたいな感じかと思った

325: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/07/23(火) 01:44:51.20 ID:oqEDAXXX0
>>316
同じく。
描写はないが、俺が金持ちじゃないとするなら
俺の使い道はハッタリじゃないという見せしめの為に…?

298: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/07/23(火) 01:32:55.24 ID:r2B2o4VNO
>>284 >>289
ありがとうようやく寝れる

292: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/07/23(火) 01:29:06.15 ID:kyGeF+O00
>>271
描写がないだけかもしれないけど
紳士的な男が閉じ込められた事と部屋の種類と冷蔵庫の中身を知っている

みんな同じ場所で目が覚めて俺が目覚めた時点で全員居たなら
俺一人が目覚めてない状態で部屋の捜索した可能性が低い?

317: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/07/23(火) 01:40:22.02 ID:kyGeF+O00
>>271はまとめると
金持ちを誘拐した
金持ちは、成金・お嬢様・弁護士
金持ちじゃない俺は犯人にされそう
犯人の紳士はみんなを誘導しようとしてる

321: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/07/23(火) 01:42:58.60 ID:dQivNY6m0
>>271
閉じ込められた、脱出が俺視点からはまだ監禁の確認はとれてないんだよな?

そもそもこれが意味怖コピペなのかすら怪しく見えてきたわ

274: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/07/23(火) 01:15:07.52 ID:7SoqNk/5O
長年連れ添った仲の良い老夫婦がいて
「片方が先に死んだら、さみしくないように壁に埋めよう」
と言い交わしていた。
しばらくして、婆さんが先に死んだ。 爺さんは悲しみ、約束通り婆さんの死骸を壁に埋めた。 すると、ことある事に壁の中から「じいさん、じいさん…」と婆さんの呼ぶ声がする 爺さんはその声に「はいはい、爺さんはここにいるよ」と答えていたが。
ある日、どうしても用事で出なくてはいけなくなったので村の若い男に、留守番を頼んだ。
男が留守番をしていると、壁の中から婆さんの声がする
「じいさん、じいさん…」
男は答えた。
「はいはい、じいさんはここにいるよ」
最初のうちは答えていた。 けれどしかし、婆さんの声はなんどもなんども呼んでくる。
「じいさん、じいさん…」
やがて、男は耐えきれなくなって叫んだ。
「うっせえ! じいさんはいねーよ!」
すると、壁の中から鬼の形相をした老婆が現れ、「じいさんはどこだあ!」と叫んだ
すると突然、まばゆいばかりのスポットライトが飛び出したばあさんを映し出す
「JI-I-SA-Nは」「どこだ!」ステージにばあさんの声が響く
詰め掛けたオーディエンスはばあさんの久々のステージに期待で爆発しそうだ
今晩も伝説のリリックが聴ける。ストリート生まれヒップホップ育ち。本物のラップが聴けるのだ
キャップを斜めに被りオーバーサイズのTシャツをきたじいさんが
ターンテーブルをいじりながら目でばあさんに合図する
重たいサウンドがスピーカーから響く。ショウの始まりだ
「 ここでTOUJO! わしがONRYO! 鬼のGYOUSO! ばあさんSANJYO!   違法なMAISO! じいさんTOUSO! 壁からわしが呼ぶGENCHO!  
(ドゥン ドゥンドゥンドゥン キュワキャキャキャッキャキュワキャ!)
年金減少! 医療費上昇! ボケてて大変! 食事の時間!  冷たい世間を生き抜き! 
パークゴルフで息抜き! どこだJI-I-SA-N老人MONDAI! そんな毎日リアルなSONZAI!  
SAY HO!(HO!) SAY HO HO HO HO!」
じいさんのプレイも好調だ。オーディエンスの熱狂はこわいくらいだ
まだ俺らの時代は始まったばかりだ、そんなメッセージが
マシンガンのようにばあさんの口から飛び出していく
本物のヒップホップ。それがここにあるのだ

279: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/07/23(火) 01:18:42.17 ID:4DISZE8W0
冷え込みも厳しくなってきた朝
かわいい小学校低学年くらいの男の子が
前方を歩いてたんだ
自転車で追い越そうとしたときに気付いた
その子耳当て付けてたんだよ
ヘッドホンみたいなやつね
それってふつうヘッドホンみたいに両耳に付けるよね?
だけどその子、横じゃなくて縦に付けてた
具体的に言うとモフモフが鼻と後頭部に来るようにしてた
んでもって唐突に、まわりに友達とか見あたらないのに

「はなあったか~い」
って言ったwwwwwwwwwwwwwwww
ちょwwwwwおまえwwwww天才かwwwwwwwww
危うく吹くとこだったwwwwwwwwと思った次の瞬間

「みみさむ~い」

こんどこそ吹いたwwwwwwwwww

515: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/07/23(火) 12:30:00.02 ID:iNvBDLxt0
>>279
後ろ姿しか見ていないのに、
なぜ、かわいいとわかったのか。

516: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/07/23(火) 12:32:31.03 ID:U37MicQc0
>>515
これはただの笑えるコピペ

286: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/07/23(火) 01:23:18.57 ID:5er2RDx80
友人のYと交わしたメール。
俺「今日ヒマ?」
Y「ゴメン、今日はムリ。弟と焼肉、食いに行く」
俺「そっか。じゃ、今度は一緒に行こうぜ」
Y「おう。いつにする?」俺「じゃ来週の水曜は?」Y「おっけー。じゃ空けとく」
俺「なに食う?」
Y「イタメシでもどうよ?」
俺「まったく問題なし。
じゃその予定で」
このメールの後、Yと会って少し話をした。スケジュールには「○○
(俺の名前)とイタメシを食う」と
簡潔に書かれていた。
そのときYは普段通りだったから気づかなかったけれど、なんでもYの弟が行方知れずになっているらしい。予定の日は今日だから、勇気づけてやりたいと思う。一刻も早く見つかってほしい。

288: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/07/23(火) 01:24:28.35 ID:P79MUWtKi
>>286
「俺」逃げて―

293: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/07/23(火) 01:30:18.73 ID:siazmyomO
先日、俺が妹の部屋で大便していたら、旧・日本兵の格好をした見知らぬ男が入ってきた。

最初は泥棒かと驚いたんだけど、無言のまま血走った眼でこちらを睨みつけてくる。

ちょっと薄気味悪くなって、「貴方は誰ですか、何をしているんですか?」って尋ねたら、

「バカヤロー!」って叫んでそのまま霞みたいに消えてしまった。

その後、帰宅した妹に事情を話したんだけど、泣き叫ぶばかりで話にならなかった。

両親も怒鳴ったり喚いたりするばかりで、その男の話は何も出来なかった。

もしかすると家族は俺の知らない秘密を抱えているんだろうか?

いま思い出しても背筋が凍る思いだ。

295: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/07/23(火) 01:31:45.16 ID:I0v/vS070
>>293
一行目オチの流れから来ると思ってたよwwww

296: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/07/23(火) 01:32:05.38 ID:Q9Pke51V0
>>293
トイレでウンコしろ

299: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/07/23(火) 01:32:59.57 ID:siazmyomO
友達と二人で話してたら、久しぶりに心霊写真を撮ってみたいと誰かが言い出したので、
近くの山道に惨殺事件があってからも
未だに取り壊されず残されてた民家があるので夜中に行ってみた。
玄関から居間、風呂場とトイレ、キッチンに父親の書斎、階段から二階へ行き、
子供部屋からベランダを通り親の寝室、階段を降りて一階へ。
最後に家をバックに一人ずつ。片っ端から写真撮って帰った。
んで今日。出来上がった写真を見て俺達は驚いた。
何も写ってないのだ。
もちろん俺達は普通に写ってる。霊的な物が何も写ってなかったのだ。
「・・おかしくね?」
「もう成仏しちゃったとか、じゃねぇかな?」
「やっぱそうなのかな。じゃあ、あそこ行ってももう心霊写真撮れないって事か。無駄だったなぁ」
「そうでもないよ。行く途中に結構周りから孤立してる民家、一軒あるから。次はそこ行こうぜ」
「おぉ!マジで?そこも廃墟?」
「んな訳ねぇじゃん。普通に人住んでたよ。今日の夜行こうぜ」
「おっけ、分かった。今の内に適当に準備しとくわ」
楽しみだ。かなり久しぶりだから何かワクワクする

302: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/07/23(火) 01:34:21.09 ID:Q9Pke51V0
>>299
超失礼だな

306: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/07/23(火) 01:35:55.60 ID:UEq5uTvK0
>>302
かなり怖いと思う。
たぶん、これから無人にするって意味だろ?

307: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/07/23(火) 01:36:32.56 ID:sfpLZpgH0
>>299
心霊写真撮るためにってことか

305: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/07/23(火) 01:35:51.31 ID:siazmyomO
近ごろの警察はなにやってるんだろうね。

血税で食わせてもらってるくせに、ろくな働きしねぇんだからとんだ穀潰しだ。

先週、職場の近くで殺人事件があったんだよ。

若い女をアイスピックでめった刺し。

しかも普通のアイスピックじゃない、業務用の三本歯の

やつでだぜ?怖ぇだろ。

小さな町だから、どこいってもその話で持ちきりだよ。

マスコミもかなり大きく取り上げてる。

滅多にない大ニュースだから無理もないけど、恐怖を煽るだけ煽って無責任なもんだ。

うちのばあちゃんなんか、可哀相なくらい怯えちゃって、

毎日何時間も仏壇の前で手を合わせてる。

なのに警察ときたら、まだ凶器すら判明できないだとよ。

まったく馬鹿にしてるとしか思えないね

311: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/07/23(火) 01:37:46.03 ID:oqEDAXXX0
>>305
予想通りで怖くない件

315: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/07/23(火) 01:39:40.61 ID:sfpLZpgH0
>>311
アスペ診断にはちょうどいいんじゃね?

310: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/07/23(火) 01:37:44.88 ID:siazmyomO
俺には彼女がいるのだが、最近嫁に感づかれたらしく、

家に帰るといつも『どこ行ってたの』『誰と一緒だったの』等うるさい。

逆に彼女は毎日メールで励ましてくれるし俺にとってはオアシスのような存在だ。

しかし今日はメールが返って来ない。

俺はフられたのかと沈んだ気持ちで家に帰ると、ペットのジョンがものすごく上機嫌で迎えてくれた。

嫁も機嫌が良く、口うるさくなくなった。

もう不倫はやめようと思い、彼女に最後の『さよなら』メールをした。

どこかで彼女のメール着信音が聞こえたような気がした。

314: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/07/23(火) 01:39:35.75 ID:siazmyomO
ある日、地方に住んでいる6歳の幼女が1人行方不明になった
母親が公園で主婦友達と話している数分の間に公園から居なくなった
どこを探しても居ない、警察も検問を各地に配置したが一向に見つからない
警察も半分諦めていた
1ヵ月後、諦めきれない親がとうとう最後の手段とも言える
アメリカで有名な透視能力者を大金を叩いて招いた
早速両親は娘が今、どこにいるのか透視して貰った
透視能力者は透視を始めた
何分か経って透視能力者は一言
「この子は元気ですよ」
この言葉に両親、親族は大喜び
さらに透視能力者は
「この子の周りには豪華絢爛な家具が見えるので多分、裕福な家庭にいる事が推測されます」
この言葉に両親、親族は多少の疑問を抱きながらも喜んだ
そして母親が核心に迫った
「娘は今、どこにいるのですか?詳しい場所を教えて下さい」と熱の入った口調で言った
透視能力者は一言こう言った
「あなたの娘さんは世界中にいます」

415: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/07/23(火) 02:29:56.48 ID:LG+97wYxO
>>314
臓器をいろんな国に売られたって事?

418: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/07/23(火) 02:31:51.46 ID:D7nmyi470
>>415
正解

318: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/07/23(火) 01:41:07.84 ID:23ttvEvE0
ある日、泣き声がしゃくに障ったので妹を殺した、死体は井戸に捨てた
次の日見に行くと死体は消えていた
5年後、些細なけんかで友達を殺した、死体は井戸に捨てた
次の日見に行くと死体は消えていた
10年後、酔った勢いで孕ませてしまった女を殺した、死体は井戸に捨てた
次の日見に行くと死体は消えていた
15年後、嫌な上司を殺した、死体は井戸に捨てた次の日見に行くと死体は消えていた
20年後、介護が必要になった母が邪魔なので殺した、死体は井戸に捨てた
次の日見に行くと死体は消えていなかった
次の日も、次の日も死体はそのままだった

319: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/07/23(火) 01:42:46.43 ID:siazmyomO
まさか、自分にあんな映画のヒーローのような体験のチャンスが巡ってくるとは、その時は夢にも思わなかった。
夜の繁華街の裏路地で、俺はたまたまその事件現場に遭遇してしまったのだ。
「やめてください、お願いですから・・・」哀願する少女を取り囲むように
「いいじゃねぇかぁ、少しくらいつきあってくれてもよう!」と、3人のチンピラ。
「・・・やめないか、悪党。」思わず、口をついで出てしまった挑発の文句。もう後には引けない。
逆上する3人のチンピラ。
ナイフを手にしたやつもいる。
ならば・・・と、俺は左手で、懐からPSPを取り出す。
「PSPキック!」俺はすかさず、正面のナイフを持ったチンピラの鳩尾に蹴りを叩き込む。悶絶し、倒れるチンピラ。
「PSP裏拳!」返す右拳を、唖然とするモヒカン頭の顔面に叩き込む。鼻の骨が砕け、昏倒する。
「PSPエルボー!」もう一人のチンピラの頭蓋骨を砕く。
「PSPチョップ!」残るひとりの頚動脈を断ち切る。
一撃必殺。
一瞬にして、俺を取り囲むように倒れ悶絶する血ダルマが4つできあがった。
「次からは、相手を見て喧嘩を売ることだな・・・。」
返り血で真っ赤に染まったPSPを拭き取りながらそっと、俺に勝利をくれたPSPにつぶやいた。
「持っててよかった、PSP。」

324: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/07/23(火) 01:44:36.73 ID:RUnJ59aK0
>>319
チンピラ3人なのになんで4人攻撃してるんだよ

327: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/07/23(火) 01:45:27.54 ID:hkyPesfY0
>>324
少女だろ

326: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/07/23(火) 01:44:52.47 ID:hkyPesfY0
>>319
酷すぎるwwww

330: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/07/23(火) 01:46:43.91 ID:QVAggYPfO
>>319
少女のダメージがいちばんでかいよな

322: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/07/23(火) 01:43:08.00 ID:SLQlpCrW0
商店街の路地裏を、たまたま歩いていた時 「格安 三味線」の看板が目に入った
五十の手習いで三味線を始めて四年ほど経つ
桑材の6万円程の安物の三味線を使っているが、ぼちぼち腕も上達してきたことだし、
せめて少しは上等な三味線に買い換えようと思っていた矢先だったので
物見がてら店内に入ってみた
看板に偽りはなく、たしかに安い、
紫檀を使ったものが15万円、紅木であるにもかかわらず、たったの30万円
有り得ないくらい安い、物も確かで粗悪品ではない
しかし、買う気は起きなかった
天神も胴も棹も良い作りなのに皮に無駄な飾りが施されていた
ハートマークや蝶々などの余計な小紋が入っている
安い理由は分かった、斬新な創作三味線といったところなのだろうが
こんな余計な飾りの三味線を買う者などいないであろう
店には誰一人おらず期待はずれだったので、直ぐに店を出た
それにしても、紫檀で30万円くらいの物の良い三味線はどこかに売ってないものだろうか

332: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/07/23(火) 01:48:03.55 ID:oqEDAXXX0
>>322
い、刺青・・・?

329: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/07/23(火) 01:46:04.38 ID:siazmyomO
あと10分ほどで真夜中になるという時間帯に、私は特急電車に乗っていた。
やがて、途中の駅で一人の男が乗り込んできた。
その男は、電車のドアが閉まると、突然我に返ったように乗客の顔を見回し始めた。
「すみません。あなたの年齢は28歳ですか?」
男が私に話しかけてきた。
「そうですが、どうしてわかったんですか」
私が聞き返しても、男は無視して、また別の人に話しかけた。
「あなたの年齢は45歳ですか?」
「そうですけど……」
「あなたは62歳ですね?」
「どうしてわかったんだ?」
そんなやり取りを繰り返していく。
どうやら、その男には、顔を見ただけで年齢を当てる特殊能力があるらしい。
次の停車駅までは、まだ15分以上ある。
私を含め、乗客たちは全員その男に注目し始めた。
「あなたは50歳ですね?」
「そうですが、あと5分で日付が変わったら、51歳になるんですよ」
最後に質問された女性は、笑顔でそう答えた。
年齢を当てていた男の顔が、その途端に青くなった。
「凄いですね。百発百中じゃないですか」
私は男に話しかけた。
すると、男は青い顔を私に向け、こう言った。
「・・・私が見えているのは貴方がたの寿命です」

339: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/07/23(火) 01:49:53.53 ID:oqEDAXXX0
>>329
意味が分かると、って感じじゃないが
ショートショートっぽいくておもろいね

334: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/07/23(火) 01:48:17.91 ID:SLQlpCrW0
私は言葉が喋れない。
いつも馬鹿にされて、役立たずで私に気を留めてくれる人なんて誰一人いなかった。
家族もいないし、ひとりぼっちの寂しい人生。

でもある日、優しい男が現れて喋れなくても落ち込むことはないと言ってくれた。
喋れなくても、人の役に立ち、人を幸せにすることは出来るんだよと言ってくれた。

私は嬉しかった。こんな私でも人の役に立てるかもしれない。

ある日、優しい男が花束を、ある人に届けてくれと頼んできた。
事情があって、優しい男は花束を届けることができないらしい。

私は人の役に立てることが嬉しくて快諾した。
話を詳しく聞くと、花束を贈る方は国連の偉い方らしい。

凄い、私が華やかな舞台で花束贈呈の大役を果たせるなんて。
私は優しい男から花束を受け取り、翌日のセレモニーに臨んだ。

大勢の招待客の中から一歩進み出て主賓の方に花束を渡す。
その時、優しい男が遠くから微笑みながら私を見つめていることに気がついた。

生まれて初めて人の役に立てる。
私は興奮し、そして嬉しかった。

主賓の方も、花束を渡すと嬉しそうに微笑んでくれた。
色とりどりの花が眩しかった。

341: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/07/23(火) 01:51:07.21 ID:n+zo4aOB0
>>334
??

345: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/07/23(火) 01:52:36.02 ID:P79MUWtKi
>>341
花束に爆弾

347: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/07/23(火) 01:53:13.48 ID:QVAggYPfO
>>334
テロかなんかかな
実話系じゃいよな

337: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/07/23(火) 01:49:12.58 ID:siazmyomO
3人の兄弟が山登りに行って遭難した。
夜になって、「このまま死ぬのか?」と思ったとき、1件の民家が見えた。
助かったと思い訪ねてみると、その家には美人の娘と、めちゃくちゃ怖そうな親父が住んでいた。
「よそ者は泊めない」という親父を、「かわいそうだから」と娘が説得し、
物置小屋に一晩泊めてもらう事に。しかし、その娘のあまりの美しさに目がくらんだ3兄弟は、
夜中にトイレに起きてきた娘に襲いかかった。
しかしすぐに親父に取り押さえられ、「お前等、全員殺す!!」と日本刀を抜かれた。
だが3兄弟は土下座して必死に謝った。父親は、「ここは山奥で食料も少ない。
山から食料を持ってきたら、山のふもとへ抜ける裏道を教えてやろう」と、条件を出した。
3人はすぐに小屋の近辺を探した。
はじめに戻ってきたのは次男だった。次男は、山ブドウを持ってきた。
それを見た父親は、「それをケツの穴にいれて見ろ」と言った。
次男は言われるまま、1粒のブドウを自分のケツの穴に入れた。
そして次男は裏道を教えてもらい、無事山を降りた。
次に、三男が大きく実った栗を沢山抱えて戻ってきた。
父親は同じようにケの穴に入れることを命じた。
三男は必死に頑張って、栗をケツの穴に入れ始めた。
もう少しで入るという所で、三男は何故か笑ってしまい、栗はケツの穴らいきおい良く飛び出した。
三男は、そのまま父親に殺された。
三男は見てしまったのだ。
嬉しそうに、スイカを抱えてこちらに走ってくる長男の姿を・・・

342: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/07/23(火) 01:52:00.61 ID:siazmyomO
最近一人暮らしするようになって、

部屋のインテリアとして、パズルを飾ることにしたんだよ。

光を浴びて、暗くなると光るってやつで、その光が儚くていいんよね。

この前も夜帰ってきたら、そのパズルが淡く光っててさ、

なんか出迎えてくれているようで癒されたんだよ。

またパズルやりたくなってきたし、

今度は同じサイズで2000ピースのやつ買ってみるかな。

351: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/07/23(火) 01:54:25.47 ID:oqEDAXXX0
>>342
ちょっと怖い

348: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/07/23(火) 01:53:14.88 ID:siazmyomO
3日前の夜中の話。

飲みに行った帰り道、メチャメチヤ寒くてさ家の近所の自販機で温かい茶を買ってたの。

そしたら右にある交差点を子供が凄い勢いで駆け抜けた。

『糞寒いのに』

と思いながら茶飲んで歩くと女の人が近寄ってきて

『息子見ませんでした?』

と聞いてきた。

眠いし、寒いし面倒臭いから見てない事にして帰宅して寝たんだけど。

翌日驚いたね、俺が見た子供の母親が自宅で刺されて重体なんだって。

近所の煙草屋が言ってたわ。

新聞には載らなかったから詳しく解らないけど発見者が子供で警察まで走って行ったみたい。

俺助けてあげられたのかも・・・。

360: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/07/23(火) 01:58:22.42 ID:n+zo4aOB0
>>348
これそのまま?

366: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/07/23(火) 02:00:11.46 ID:D7nmyi470
>>360
そのまま、だと思ってるならおそらく間違ってる

1個だけ意味がある

381: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/07/23(火) 02:09:00.25 ID:Zyi2jvvhO
>>366
会った人は刺した犯人

350: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/07/23(火) 01:54:00.16 ID:D7nmyi470
よお、久しぶり
前来た時もそうだったけど、やっぱり草伸びてるなー
まあ夏だし仕方ないか

この草、なんていうか知ってるか?
えっとな…あれ、なんだっけ?
「おになんとか」だった気がするんだけどだけど…
この赤い実の部分、毒があるらしいぞ

この前は大変だったぜ?
いきなりだったからあいつ最初はパニクってたけどw
顔真っ赤にしてたけど、すぐおとなしくなったよ
まあこれでお前の気持ちもいくらか軽くなっただろ

よしじゃあ水かけるぞー、井戸水だから夏なのにすげーつめたいんだ
花はこんなもんかな…と、あれマッチどこ行ったっけ?
あったあった

じゃ、また1年後来れたら来るわ
それじゃな

354: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/07/23(火) 01:55:21.80 ID:RUnJ59aK0
>>350
誰かの墓参りってとこまではわかったけどその先がよくわからん

365: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/07/23(火) 01:59:35.10 ID:sfpLZpgH0
>>354
顔真っ赤にしてたけどすぐにおとなしく
お前の気持ちも軽くなる
以上から故人を追い込んだ何者かの首を締めて復讐をしたってこと

353: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/07/23(火) 01:55:05.47 ID:SLQlpCrW0
ある朝、僕がなにか気がかりな夢から目をさますと、
自分が寝床の中で一人の可愛い女の人に変っているのを発見した。
母さんが騒いだので、僕はブカブカになった服に着替えて家を出た。
家から出るのは2年ぶりで不安があったけれど仕方ないと思った。
通りすがりの人達から一瞥されながら当て所なく僕は歩いた。
やがて、ある男に「そらちゃん」と呼び止められた。
しかし、僕は人と話すのが怖いので逃げるように立ち去った。
その後も、すれ違う男達にそらちゃんと呼ばれた。
おそらく、この躯は「そら」と呼ばれる人のものだろうと思った。
歩き疲れたので、公園のベンチにへたり込んだ。
そして、今朝見た気がかりな夢を思い出した。
東京タワー、展望台、そして空を見上げる女の人。
咄嗟に僕は、そこに行かなければと思い東京タワーへと向かった。
人気の少ない展望台に着くと夢で見た光景と同じだった。
一つ違うことは空を見上げていたのは女ではなく僕だった。
僕の躯の人は僕に気づくと、なんとも言えない困った表情をした。
でも、その後、少し微笑んだ。
僕の躯の人の話を聞くと、色々と辛いことがあって逃げたい、
誰でもいいから誰かに変わりたいと願って眠りから覚めた今朝、
僕の躯に変わっていたらしい。
僕は、可愛い顔の女の人と僕の躯が入れ替わったことを理解した。
そして、神様は可愛い女の人の願い事は叶えるんだなと僕は思った。
もう何年も薄暗い部屋に閉じこもり、カーテンの隙間から空を見上げては、
青い空になりたいという僕の願いは叶えてくれないのに。

355: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/07/23(火) 01:55:40.65 ID:siazmyomO
ひき逃げにあって入院してたんだけど、やっと退院できた。

仲の良かった友達が家に遊びに来た。

「病院にお見舞いにいけなくてごめんな」

「気にしないでよ」

「犯人の顔見たのか?」

「いや~、いきなりだったから覚えてないんだ」

「そうか」

「お前も気をつけろよ」

「あぁ、じゃあそろそろ帰るわ。今度はちゃんとお見舞いに行くからな」

「ありがとう」

361: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/07/23(火) 01:59:04.52 ID:siazmyomO
俺、実家暮らしなんだけどさ。さっき彼女に「今夜会える?」ってメールしようとして

間違って家にいるカーチャンに送っちまったわけwww

そしたら返信が「ごめん。○○(俺の名前)さん。今夜は会えないの」だってwww

「ちょ、お袋なにふざけてんの(笑)」って送ったらすぐに返信がきて「今どこ?」

「家だよ」ってメールしたらなぜか電話かけてきやがんのwww

出てもすぐ切るし、かと思うとまた鳴るし、テラいやがらせwww

もしやカーチャン浮気してたのかwww

367: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/07/23(火) 02:00:54.55 ID:tpzeLl6x0
>>361
俺逃げてー

370: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/07/23(火) 02:03:20.61 ID:n+zo4aOB0
>>367
なんで?

375: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/07/23(火) 02:05:28.21 ID:7vCm5vVd0
>>370
おそらく母親は電話&メールの主に殺されてる
電話が来るのはどこにいるか特定するため

377: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/07/23(火) 02:07:04.13 ID:sfpLZpgH0
>>375
何回もかけてるのはどの部屋にいるのか特定するためか
そこだけわからなかった

371: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/07/23(火) 02:03:22.09 ID:siazmyomO
アメリカに出張になるある男性がいた。
男性ははじめての海外出張というだけでものすごく緊張していた。
そんなある日、海外出張を終えて帰国した先輩に相談をしてみた。
すると先輩はこう言った。
「アメリカは面白いし、いいところだよ。だけどこれだけは気をつけろ」
男性は耳を傾けた。
「向こうはゲイが多いからな。お前みたいな色白は大人気だ。ワッハハ!」
さすがに男性もその話に
「出発前に勘弁してくださいよぉ」
そんな不安な後輩の顔をみて先輩はある秘策を教えてくれた。
「もしゲイに絡まれたらこう言え。アイアムエイズ。つまり自分はエイズだと言えばいい。そしたらみんな諦めるさ」
その言葉を受けて男性はアメリカへと出張した。
そしてある日のこと男性は街中のトイレに入った。
気持ちよく用を足していると…
(バサッ)
突然、大きな黒人男性に後ろから抱きつかれた。
するとその黒人男性は
「君は素敵だ。とてもかわいいよ」
と、照れくさそうな声で言った。
やばい!ゲイだ!その言葉に凍りついた男性はあの先輩に教えられた秘策を思い出し、さっそく実行した。
「アイアムエイズ」
その言葉に黒人男性は一瞬戸惑っていたが、すぐさま男性を強く抱きしめて、彼の耳元にそっと語りかけた。
「Me too」

380: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/07/23(火) 02:08:20.67 ID:siazmyomO
「ねえ、お母さん、結婚したら一緒に住むって話、考えてくれた?」
「ダメよ、何を言ってるのよ。せっかくの新婚生活なのに。慎一さんにだって迷惑がかかるじゃない」
「大丈夫だって。慎一さんちは資産家で家だって大きいんだから。べつに気にする必要ないって」
「そういう問題じゃないわよ。『嫁入り道具に余計なモノまで付いてるわね』なんて笑われたら、お母さん、恥ずかしくって相手のご家族に顔向けできないわよ」
「あははは、出来ちゃった結婚で嫁入りしようっていうのに、今更恥ずかしいことなんて何もないってば」
「あら・・・大きなお腹抱えて大笑いして・・・いい大人が子供みたいに。あなた、もう三十歳でしょう? すこしは大人らしくしなさいな」
「まだ二十九ですよーだ。とにかくさ、結婚したら一緒に住も。
 今日はこれから慎一さんとデートなんだから、きちんと話をすれば大丈夫だって」
「いやよ、お母さん、同居なんて。慎一さんだって嫌がるに決まってるわ」
「だってこのままこの家で一人で暮らすってわけにもいかないでしょう。
 二十年前にお父さんが死んで、もう貯金だってほとんどないのにどうやって生活していくの?」
「パートでもなんでも働けば一人分の食い扶持くらい稼いでいけるわよ」
「いままで働いたことだってないんだから、いい年して今更働きに出るなんてムリに決まってるじゃない」
「まったくこの子は減らず口ばかりで・・・。ほら、そろそろ慎一さんが迎えに来る時間よ。準備しないと」
「あら、ホントだ。じゃあ、お母さん、お小遣いちょうだい」
「もう、この子ったらもうすぐ三十になるっていうのに・・・。
 ほら、これで美味しいものでも食べてきなさいな」
「ありがとう、お母さん。じゃあ、お寿司でも食べようかな」
「お腹がすくからって食べ過ぎちゃだめよ。お腹が大き過ぎると体だって危ないんだからね」
「はーい。いってきまーす」
「おまたせ、慎一さん」
「どうしたの? ずいぶん時間かかってたようだけど」
「ごめんなさい。息子の相手してたら時間がかかっちゃって」

384: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/07/23(火) 02:11:11.21 ID:e7IHacJW0
>>380
おもしろいなこれ

389: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/07/23(火) 02:16:39.27 ID:D7nmyi470
>>380
これはマジでうまいと思う、俺の中で意味怖トップ3に入る

408: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/07/23(火) 02:27:14.66 ID:3SZippOt0
何ここアスペだらけやん

412: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/07/23(火) 02:28:11.96 ID:sfpLZpgH0
>>408
アスペというより考えること放棄してそう

424: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/07/23(火) 02:41:02.30 ID:5er2RDx80
俺の誕生日に、ホームパーティを開いたわけ。
その時、家の中で皆の写真をとってみたら、変なものが映っちゃったのよ。
背後の押入れから見知らぬ真っ白い顔して真っ赤な
目の女が顔を出して、こっち睨みつけてんの。
これやべーじゃんってことで、霊能者に写真を鑑定してもらった。
そしたら、「この写真からは霊気を感じない。心霊写真でも何でもないよ。」だとさ。
あ~あ、ビックリさせやがって全く。

438: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/07/23(火) 03:14:54.56 ID:D7nmyi470
俺とA君B君C君の4人は、いつも一緒で、あの日も俺の車に乗って、皆で出かけたんだ。

A「もう動いても平気なのか?」

B「うん、ただの捻挫だから、外出して良いって。」

俺「車はグチャグチャの全損だったけどなwww」

C「後で聞いたんだけど、猫だったらしい。」

B「で、即死だったって・・・。」

俺「ぬこ好きの俺としたら、車よりもそっちのほうが悲しいよ。」

A「そっか・・・今度お供え物を持って、もう一度あそこへ行かないか?」

俺「いや、でも車はもうオシャカだし・・・電車で行くのか?」

C「そうだな、もう車は懲りたし、今度はバイクで行くか。」

俺「いや、お前らと違って俺バイク持ってねーしww」

439: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/07/23(火) 03:15:31.69 ID:D7nmyi470
B「そういえば皆の中で、俺君だけバイク持て無かったね。」

A「ああ、それでいつも俺君に車出してもらってたんだったな。」

C「それが、こんなことになるなんて・・・。」

俺「おいおい、そんな暗くなるなよ、ちょうど買換えたかった所だしさw」

B「そうだよ、僕がバイクで2ケツすれば・・・。」

俺「それイイな!たまにはそういうのも悪くない。それで行こう!」

C「そろそろ行くか、始まりそうだ。」

B「僕、初めてなんだけど、ちゃんと出来るかな。」

A「他の人の真似をすればいい。」

俺「ちょw初めてって!やっぱりAの後ろに乗せてくれwww」

443: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/07/23(火) 03:43:20.80 ID:n+zo4aOB0
>>438
考えたけど分からん

444: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/07/23(火) 03:46:24.37 ID:Zs2vxK060
>>443
「俺」を抜いてみ

448: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/07/23(火) 03:56:23.14 ID:n+zo4aOB0
>>444
まさにスレタイ通りなコピペだった

452: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/07/23(火) 04:12:49.72 ID:++FAcKyO0
この前友人Bと友人Aの家に飲みに行ったんだ
最近Aは妹が塞ぎこんでるらしく元気づけようとしたんだ
そしたら友人Cがいたんだよね、実は俺Cのこと好きじゃないんだ
Cは嘘つきというか見栄っ張りで、話してても嘘の自慢ばかりなんだよね
Bもあまり好きじゃないっぽいけど、Aも確かCを避けてたというか嫌ってた感じがしたんだけどな
それでもまぁ4人もいればそこまで相手しなくもいいから普通に飲んでたんだよ
酒も結構回ってさ、ネットでホラー動画を明後日みんなで見ようって事になって
Aは怖いのが嫌いだけど、酒の勢いもあってCの見栄嘘が始まった
Cはどこどこの廃病院行った、どこどこの自殺の名所いったとうざいことこの上ない
そしてCは最後に有名心霊スポットである女とやったことを自慢気に話した
そこはかなり有名な峠で心霊話もたくさんあり、今でもやばいと多分日本中で言われてるところ
そこへ車で連れて行き、怖がる女にここに置いて行かれるか、一発やらせるか選ばせてまんまとやっちゃったわけ
そして裸で放り出してそのまま一人で帰ってきたと息巻いて話してた
俺とBは内心(はぁまたかよwwwいい加減うざいなwwww)としか思ってなかったんだけど
Aは黙ってね まぁ優しい奴だし作り話にしても胸糞悪いから仕方ないかなと思った
次の日Cが殺された

453: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/07/23(火) 04:17:30.11 ID:p07ysGrP0
Cの話は実話で女ってのがAの妹

460: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/07/23(火) 04:33:23.28 ID:20KK7L4X0
「同じ画像なりマークなりを
毎日見せることによって、
それがあっても、
それが目に付いてもおかしくない、
不自然ではない状態にすることは
洗脳の第一歩だよ。

仮に君の部屋の壁紙に
普通では視認できないメッセージが刷り込まれていたらどうする?
連日連夜、気づかれないように少しずつ少しずつメッセージを刷り込んでいくんだ。
時々、突然気分が悪くなったり、めまいがしたことはないか?
金縛りにあったことは?
お昼ごはんを食べたのを忘れたことは?
大きな都市が丸ごと停電する夢を見た経験は?
球形プラズマ、蜃気楼、観測気球、写真に撮るとしたらどれ?
マンテル
チャイルズ・ウィッティド
その次は?
『アルミホイルで包まれた心臓は六角電波の影響を受けない』というフレーズ知ってる?
螺旋アダムスキー脊髄受信体って言葉に聞き覚えはある?
さっきからずっと
あなたの後ろにいるのは誰?」

464: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/07/23(火) 04:37:16.38 ID:kCm7sr/KO
ある小さな職場である男が毎日必死で職場においてある小さな神様の像にお祈りしていた不思議なお祈りの仕方で手を合わせず長時間お辞儀しながら何かを呟くスタイルのようだ
その姿を見て周りはその男の必死な姿に嘲笑を浮かべていたがそのうち笑えなくなってきた
その男は勤務態度も悪くやる気もなかく評判も評価も悪かったがその男の解雇の話がでるたびなぜかタイミングよく欠員が出続けその男はその職場に残留し続けた
次第にオカルトな噂がたちその男はげんをかついで解雇しないで置いておくことになった
10年後その男はその状況を把握し本当に仕事をしなくなった1日中ダラダラ職場にいるだけで誰にも怒られない
ある日新人がその話を聞いて興味をもち隠れてその男がお祈りの一部始終を見ていた
よく見るとその男のお祈りする体の向きは小さな神様にではなく少しずれたところを向いている
新人はすべてを理解して犬を連れてきた
一週間がたち男は解雇され欠員はでなかった

472: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/07/23(火) 04:58:43.39 ID:kCm7sr/KO
>>464誰も触れないな

496: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/07/23(火) 11:33:38.62 ID:UcYqG7U90
鳥栖市で今年4月、車にはねられた一人暮らしの男性=当時(50)=が病院に行くのを拒み、
約1カ月後に自宅で死亡しているのが見つかった。県警交通指導課と鳥栖署は交通事故が原因での死亡と断定し
22日、男性をはねた同市内の団体職員(43)を自動車運転過失致死の疑いで書類送検した。

県警によると、男性は4月27日午後10時40分ごろ、鳥栖市曽根崎町の市道を自転車で走行中、
後ろから来た団体職員のワゴン車にはねられ転倒した。

団体職員からの通報で駆け付けた同署員と救急隊員が男性に再三病院に行くようすすめたが、
「病院には行きたくない」とかたくなに拒否。目立った外傷もなかったため、同署は物損事故として処理。
団体職員が男性を自宅アパートまで送り届け、受診するよう念を押したという。

その後、6月5日午後1時ごろ、男性の部屋から「異臭がする」と通報があり、
室内から男性が遺体で見つかった。司法解剖の結果、頭蓋骨とあばら骨が折れていることが判明。
死因は頭を強く打ったことによる脳の機能障害とみられ、
事故後24時間以内に死亡した可能性が高いことがわかった。
男性は一人暮らしのパート従業員で、受診を拒否した理由はわからないという。

県警交通企画課は「加害者は事故後の対応に手を尽くしたと考えられるが、
結果の重大性から摘発せざるを得ないと判断した」と話した。

502: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/07/23(火) 11:51:37.91 ID:kyGeF+O00
>>496
事故の時外傷がなかったのに頭蓋骨骨折ってことは
男性を殺した奴が男性の自転車で逃げてたってことかな?

518: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/07/23(火) 12:34:35.88 ID:/l36fBbg0
>>496
4/27に事故を起こした件で4/22に書類送検?

523: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/07/23(火) 12:41:00.11 ID:kyGeF+O00
>>518
普通に考えれば6/22だろ・・・

528: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/07/23(火) 12:45:57.89 ID:/l36fBbg0
ぐぐってみたら>>496のはマジの事件で元の記事自体が日付を間違えてる

554: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/07/23(火) 13:50:43.40 ID:9Qqpfn/K0
>>496
男性の部屋から「異臭がする」と通報があり

556: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/07/23(火) 13:52:41.39 ID:9TX9QTgy0
>>554
うわぁ、こわぁww

542: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/07/23(火) 13:13:03.58 ID:bwuJlHRl0
これは友達が体験した話なんだけど、
その友達は、またほかの友達と一緒に遊びに行って、夜中に終電逃してこれからどうしようって二人で途方にくれてたんだって。

そうしたら高校のときの先輩がたまたま通りかかって、このあたりで一人暮らししてるから今日とまるか?って聞いてきたんだって。
その当時、近辺で殺人事件とかあって、夜中にうろつくのもなんか怖いし、二人は先輩についていくことにして、マンションまで行ったんだって。

しばらくして、部屋の中に案内されてちょこっとはなしていたら、
その友達の友達が急に「なんかお菓子食べたいからコンビニ行きません?」って言い出して、
「別にいらねえよ~」って友達と先輩はなってたんだけど、
無理やりにでも三人でコンビニまでいったんだって

それで、コンビニに行く途中に大きな道に出たとたん、その友達が、
「タクシー拾って帰ります。とめてもらうのはやっぱ悪いです」って言い始めて、
先輩がせっかくだからって引き止めるのも聞かずに二人でタクシーで帰ったらしい。

タクシーで帰る途中に、友達が、なんで急に帰ろうとかコンビニとか言い出したの?ってきいたら

なんとベッドの下に
包丁を持った持った男が潜んでいたんだって!

543: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/07/23(火) 13:15:39.56 ID:f6879sQ30
先輩は見殺しかよw

ってオチればいいの?

549: 忍法帖【Lv=40,xxxPT】(1+0:15) 2013/07/23(火) 13:41:41.50 ID:hFIFQIrI0
そう、あれは急な吹雪に危うく遭難しかけた時の事。
四方を銀幕で遮られた視界の中、俺たちはどうにか山小屋を見つけ出した。
しかしその山小屋には食料も燃料もなく、
ただ猛烈な吹雪をしのげる屋根がついているだけというお粗末なものだった。
俺たちは真っ暗な部屋の隅でガタガタと震えながら4人で固まっていたが、
この寒さではゆっくりと凍死するのを待つだけのようなものだった。
すると誰かがある提案をした。
その提案とは部屋の角にひとりずつ立ち、だれかひとりが壁伝いに移動して
次の角にいる人とタッチする。
タッチされた人はまた壁伝いに移動して次の角の人にタッチする。
これをぐるぐると吹雪がやむまでの間し続けるというものである。
とにかく助かりたかったので、俺たちは一心不乱に歩いてはタッチし、タッチされてはまた歩いた。
どれくらい繰り返したのだろうか。
小屋の中を延々と回っていると、誰かがポツリ「おかしくないか?」と言った。続けてもうひとりも答えた。
「ああ……俺も思った」そう、それは単純な落とし穴であった。
このゲームは部屋の四隅に絶対人がいなければ成り立たない。
最初のひとりが移動して、その角に人がいなくなってしまった時点でゲームは終了してしまうのだ。
つまり、「…ひとり、多くないか?」ということである。
次第にクリアになっていく意識の中、その事実に気づいた俺たちは一目散に山小屋から逃げ出した。
外はまだ吹雪いていたが、幾分かは弱まっていたため俺たちは何とか無事下山することができた。
しかし、この話をしても誰も信じてくれない。
これはその後知ったことだが、全く同じような怪談が知れ渡っていたからだ。
そのため俺たちは長らく嘘つきを見るような目で見られた。
ただ、このまま汚名を着せ続けられたくはなかった俺たちは、去年の夏もう一度あの小屋を訪れた。
淡い記憶を辿っていくと、木々の開けた場所に例の山小屋を見つけた。
不気味に立つ山小屋の中へ恐る恐る入った俺たちだったが、その瞬間とてつも ないものを発見した。



部 屋 が 三 角 !!

553: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/07/23(火) 13:49:47.33 ID:wj33HMSe0
>>549
何かわろた

555: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/07/23(火) 13:52:27.85 ID:8CTl194x0
久しぶりに実家に帰ると、亡くなった母を思い出す
母は認知症だった
身の回りの世話をつきっきりでしていた父を困らせてばかりいた姿が目に浮かぶ
そして今は亡き母の書斎に入った時、私は初めて違和感を覚えた
母にプレゼントしたカレンダーが見つからない。何の気無しにテーブルを漁ると、
ハサミでバラバラにされた幾つかのカレンダーの切れ端が順序良く並んでいる事に気が付いた
母はどんなに呆けていても、私のプレゼントは大切にしてくれていたのに… 私はショックを受けた

私は感傷とともに並べられた日付を整理した

4/4 4/4 4/10 6/11 3/1 6/12 5/6 7/2 6/7 6/17 4/10 4/14 5/16

私は一枚だけ向きが逆になっている6/17に気づき、
他の日付と同じ向きに変えていると、一階の父が私を呼んだ
今日から五年振りの父の手料理が食べられる
感傷を胸に押し込み、私は母の書斎を後にした

557: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/07/23(火) 13:53:57.08 ID:D7nmyi470
>>555
これはここに貼られるものでなく、謎解きスレみたいなのに貼られるべきレベル

あと俺が見たやつだと、母が化学者っていう件があったな

558: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/07/23(火) 13:54:41.98 ID:l+QUd/vO0
去年、友人の妹が車にはねられて死んだ。
ひき逃げだった。
犯人はまだ捕まっていない。
その悲しみせいか、去年の誕生日に友人は祝ってくれなかった。

今日の誕生日、友人は久し振りの笑顔を見せた。
そして、誕生日プレゼントがあると言われた。
「直接渡すのは恥ずかしい。紙に書いておくから、俺が帰ってから探してくれ。」
と言われた。

友人が帰ったら、俺はプレゼントを探しはじめた。
すると、友人が置いて行ったのか紙に、調味料の棚の、お酢の上の段の布の中にある。
と書かれていた。

自分はすぐにそこに行って確かめた。
あの友人が何をくれるのか楽しみだった。
布と一緒においてあった紙には、腐る前に食べてくれ。
と書かれていた。

布の中には俺の大好きなぼた餅がくるまれていた。
まだ食べていないがとても美味しそうだ。
友人には何を返そうかな

559: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/07/23(火) 13:57:05.01 ID:p07ysGrP0
>>558
これなんで友人は俺を殺そうとしたんだろう
犯人を俺と思ったのかな

569: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/07/23(火) 14:03:34.37 ID:kyGeF+O00
>>559
犯人捕まってないのに車で轢かれたことを事を知っている人物?

俺はすぐに...じゃなくて自分は...が気になるけど

574: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/07/23(火) 14:08:12.59 ID:a6zdeGWn0
>>569
轢き逃げなら犯人の自供なくても流石に車で轢かれたことくらいわかるだろwww
非公開の車種まで言い当てたとかならともかく

586: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/07/23(火) 14:16:25.61 ID:kyGeF+O00
>>574
普通に調べればわかるだろうけど他に殺そうとしてる理由が思いつかない

576: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/07/23(火) 14:09:55.71 ID:/l36fBbg0
>>559
「友人が置いていったのか」→プレゼントを隠してるのは俺の部屋
つまりいつの時点かわからないが、友人は俺氏の家を家捜ししたことはある
妹を殺したのが友人自身か俺氏かはわからん

588: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/07/23(火) 14:18:37.07 ID:D7nmyi470
結構メジャーで俺も好きなやつだけど、貼られてなかったので

「おい、まだかよ?」
俺は、女房の背中に向かって言った。
どうして女という奴は支度に時間が掛かるのだろう。
「もうすぐ済むわ。そんなに急ぐことないでしょ。…ほら翔ちゃん、バタバタしないの!」
確かに女房の言うとおりだが、せっかちは俺の性分だから仕方がない。
今年もあとわずか。世間は慌しさに包まれていた。
俺は背広のポケットからタバコを取り出し、火をつけた。 「いきなりでお義父さんとお義母さんビックリしないかしら?」
「なあに、孫の顔を見た途端ニコニコ顔になるさ」
俺は傍らで横になっている息子を眺めて言った。
「お待たせ。いいわよ。…あら?」
「ん、どうした?」
「あなた、ここ、ここ」
女房が俺の首元を指差すので、触ってみた。
「あっ、忘れてた」
「あなたったら、せっかちな上にそそっかしいんだから。こっち向いて」
「あなた…愛してるわ」
女房は俺の首周りを整えながら、独り言のように言った。
「何だよ、いきなり」
「いいじゃない、夫婦なんだから」
女房は下を向いたままだったが、照れているようだ。
「そうか…、俺も愛してるよ」
こんなにはっきり言ったのは何年ぶりだろう。
少し気恥ずかしかったが、気分は悪くない。俺は、女房の手を握った。
「じゃ、行くか」
「ええ」
俺は、足下の台を蹴った。

590: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/07/23(火) 14:21:19.09 ID:L5xyci100
>>588
こういうのが意味怖だよな

591: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/07/23(火) 14:23:05.41 ID:a6zdeGWn0
>>588
これは過去何人もが突っ込んだだろうが
「そのプロセスで孫に会った祖父母は絶対に表情綻ばせないだろ」
っていうね

602: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/07/23(火) 14:39:04.48 ID:sCZgJ7LH0
>>588
コレ読むと毎回泣きそうになる

605: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/07/23(火) 14:51:08.46 ID:5er2RDx80
その衝撃的な出会いは
突然訪れた
高校卒業後、6年振りの
再会
ずっと恋心を抱いていた
女の子
彼女も僕を意識している
素振りを見せたが、恥ずかしさ故に結ばれなかった
二人
最後に会ったときとは見違えるように変わっていた
悲しげな目は、ただ一点を見つめていた
二人の間に言葉は要らなかった
抱き寄せ、唇を重ねる
行為をしながら顔を見ると、彼女はまだとても悲しげな表情をしていた
僕はそれ以上に涙を
流し続けた
中で果てたあと、未練がなくなった僕は、110番にかけた

613: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/07/23(火) 14:55:50.10 ID:CljVpEdA0
>>605
ストーカー殺人って理解で良いのか?

616: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/07/23(火) 14:58:42.99 ID:f6879sQ30
>>613
なんかわからないけど死んでるのを発見した
とりあえず死姦してみた
じゃね

617: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/07/23(火) 14:59:44.94 ID:CljVpEdA0
>>616
そういう事ね

630: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/07/23(火) 15:15:45.59 ID:l+QUd/vO0
90年代は森田三宅の剛健コンビが女子中学生を中心に大人気となり
ポストSMAP、次世代のスター候補と言われていたV6
しかし最近V6をテレビで見る機会は減ってしまった
V6が売れたのは間違いなく森田と三宅のおかげ
少し生意気ではあったが若くて可愛くて華があり当時の若者のカリスマだった

しかしV6が失速したのは新規ファンが掴めなかった森田と三宅に原因がある気がする

Jr期間が短くカミセンの中で一番地味だった岡田は
木更津キャッツアイ以降役者として注目され、次々話題作にの主演に抜擢
来年の大河も決まり、ジャニーズに興味ない層にも支持されている

坂本はジャニーズの中でも天才
しかも努力の天才と言われていて
歌やダンスや芝居、また料理の腕前や運動神経に定評があり
近年ではミュージカル俳優として才能を遺憾なく発揮している

Jr時代から歌やダンスが高く評価されてたイノッチだが
V6のデビュー当初はあまり目立たずに地味な存在だったが
地道の頑張りが実を結び徐々に自分のポジションを見つけていき
キャスターやバラエティの司会やドラマの脇役なと幅広く活動し
TOKIOの国分と並び、ジャニーズのいぶし銀として独自の輝きを放っている

長野君はとってもグルメ

634: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/07/23(火) 15:42:35.20 ID:TwsgFMPm0
長野はウルトラマンだから……

636: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/07/23(火) 16:04:35.27 ID:5er2RDx80
俺はアパートに住んでいた。
俺の部屋は4つ並んだ部屋の一番奥の部屋だった。
仮に4号室とでも
しておこうか。
ある日そのアパートの1号室で殺人事件があった。
俺はそこの住人と前から揉め事があって快く思ってなかったから、清々した。
そして何日か経ったある日こんどは2号室の住人が死んだ。
この住人はこのアパートの大家だった。
この立て続けの事件に俺は恐怖を覚えた。
これは連続殺人で次はその隣、そして・・・・・みたいなことを考えていた。
そして案の定、それから数日経った頃に俺の隣の住人が殺された。
俺はいよいよ、恐怖でいてもたってもいられなくなった。
そして、ある夜俺の部屋の戸を叩く音がした。
まともな人間が俺を訪ねてくるはずなんかなかった。ましてこんな夜中に。
俺は不意にあの事件のことを思い出した。
もしかしたら・・・・・
そんな不安が俺の頭をよぎる。
そしてそいつは入ってきた。
けたたましい音とともに。得体のしれない恐怖・・・そして違和感。
そいつは俺をすぐには殺さなかった。
―そしてながい階段を上らされたあとで、首を絞められ、俺は殺された

637: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/07/23(火) 16:08:09.01 ID:eA/XSlTZ0
>>636
まあこれはわかりやすい

645: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/07/23(火) 16:16:27.61 ID:l+QUd/vO0
ある女性が大学受験に悩んでいた。
すると突然目の前に男性が現れ、言った。
「あなたの願いは?」
女性は大学に合格したいと言った。その後、見事女性は大学に合格した。
何年か後にその女性が就職に悩んでいた。
すると突然男性の声がした。「あなたの願いは?」
女性は就職したいと言った。その後、見事女性は就職した。
そのまた何年か後にその女性が人生に悩んでいた。
「あなたの願いは?」
女性は答えなかった。
聞こえなかったようだった。男性は言った。
「順番を間違えたようだな……」

647: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/07/23(火) 16:21:35.78 ID:xFx33GJl0
>>645
耳は最後にすべきだったな…

655: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/07/23(火) 16:33:23.82 ID:l+QUd/vO0
あるところに5人の大学生がいました。
彼らは1999年の大晦日にシンガポールに旅行に来てました。
そして運よく100階建の最上階つまり100階の部屋に泊まれることになりました。
大晦日の日彼らはシンガポールのそのホテルにチェツクインして、
荷物をおいて、街にあそびに行こうとし、ロビーを通った時にフロントの人に、
「今夜、2000年問題が起こるかもしれないので、
12時ちょうどに、ホテル内すべての電気を消します。
だからそれまでには帰ってきてくださいね。」

・・・・ しかし彼らは遊びに夢中になり
その約束をすっかり忘れて12時をすぎてしまいました。
フロントも真っ暗でエレベーターも止まっている。
寒すぎてこのままフロントで寝泊まることもできない。
仕方なく彼らは100階の部屋まで階段で100階の部屋まで行くことにした。
20階… 30階… 40階…とだんだんと足が棒になってきて、
50階でついにばててしまいました。
「オイ、このまま上がっていくと、本当に足が動かなくなる、
1階上がる毎に交代で怖い話しをして気を紛らわそう」
と一人の人が言った。
そして1階上がるごとに怖い話しをして、なんとか上にあがっていった。
そしてついに99階にたどりつくことが出来ました。
すると最後の一人が
「いいか、俺が今から言う話しは… 本当に怖いからな、
絶対にビビルなよ」
と他の4人に強く言った。
(どんな話しだろう…)と仲間達は息を飲んだ。
そして、彼はいった。


「一階に・・・ 鍵を忘れた・・・・・・」

657: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/07/23(火) 16:42:30.88 ID:pJXc0sX30
ある有名な心霊スポットへ、深夜に車で行ってみたんです。
トンネルを抜けると、そこが有名な心霊スポット。
と、そこに目の前にふっと女の人の白い影が。
あ! と思って、慌ててブレーキを踏んで降りてみたところ、そこに人影はなく、目の前は崖。
ガードレールが壊れていて、ブレーキを踏んでなかったら落ちてしまっていたかもしれない。

「あの幽霊は助けてくれたんだ」

そう思って、そこで手を合わせ、お祈りして帰路についた。

トンネルを引き返す途中、ふとミラーを見ると、後部座席に先ほど目の前を横切った女の人の姿が……。
その女の人は、こう呟いた。

「死ねばよかったのに」

「いや、でもホント助かったよ。ありがと」
「ば……ばかっ、あんたなんか死んじゃえばよかったのよ!」
「お礼しないとな。また来週きてもいいかな」
「ダ、ダメっ! また落ちそうになったら危ないわゎ!!!」

翌週、なんか弁当用意して待っててくれました。
作りすぎただけで、決して僕のために用意したんじゃないそうです。

659: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/07/23(火) 16:46:05.48 ID:0Ime9ZIy0
かわいい

665: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/07/23(火) 17:18:50.48 ID:5er2RDx80
仕事から疲れて帰って来て、さぁアパートの自分の
部屋でくつろぐぞ、と
玄関を開けようとして鍵が無いことに気づいた。
どこをどう探しても無い。どっかで落としたか・・・?会社か?
とりあえず大家に言えば鍵を貸してくれるだろうが、もう夜中の2時をまわっていたので、叩き起こすのも悪いかな、と思った。
幸い、実家はすぐ近くなので携帯から電話を掛けて母親を起こし、実家に泊まれたので助かった。
こんなことなら家の鍵に
大きな鈴でも付けようか、などと本気で思ったりした。自分はあまりゴテゴテしてるのは好きではないので、鍵には特に何も付けてなかったんだが、やっぱり
鍵を単体で持ち歩いてると失くしやすいのかな。
大家に新しい合鍵を作ってもらったら、何か目立つようなキーホルダーでも付けよう。・・・なんて思いながら
会社で仕事を始めた直後、あまり普段話したことの
無い同僚が話しかけて来た。「これ、おまえの鍵だろ?落ちてたよ。気ぃ付けろよw」
差し出された鍵を見ると、紛れも無く俺の鍵だ。
結構、この同僚イイやつかも知れないな。これから良くしてみようかな。

670: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/07/23(火) 17:37:42.14 ID:HEw4i3p70
>>665
鍵の持ち主がなんでわかったってこと?

666: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/07/23(火) 17:24:22.22 ID:kyGeF+O00
>>665
地味に笑った

668: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/07/23(火) 17:27:38.57 ID:xVMrNLJ+0
>>666
笑える話なのか

672: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/07/23(火) 17:49:36.48 ID:MLAXO9380
>>668
鍵だけにきぃ(Key)つけろって

出典: 意味が分かると怖いコピペ