576:雨虎:02/03/3102:51
親父から聞いた話。

ある夏の日、家の近くにある川原を歩いていたら、向こう岸にでっかいカエルがいた。
あまりにでっかいカエルだったんで、石を投げていじってみた。

すると、そのカエルが
「いてっ!」
てしゃべったんだと。
でも、親父は
「カエルがしゃべるはずがない」
と思って、もう一度石を投げてみた。
だが、やはり石をぶつけられたカエルは
「いてっ!」
としゃべり、しかも今度は、
「何すんだー!」
と怒鳴ってきた。
親父はもうびっくりして、逃げ帰ったそうな。

で、その日の夕飯のとき。
なんだかねーちゃんが怒っている。
おそるおそるなんで怒っているのかきいてみたら、
「お前、昼間私に石投げただろ」
と言ったそうな。


「暑さにやられてぼけてたのかな……」
と、親父は言ってました。


[不可解な体験、謎な話~enigma~Part2]