mizu


このスレに書き込む話しではないかも知れませんが、30年前の話しをカキコさせて戴きます。

私はそうでもないのですが、母親は霊感の強い体質のようです。
しかしあの時、母親は帰宅してから、とても尋常ではなかった記憶が強く残っております。


私が小学校高学年の頃(30年前)、近所で葬式がありました。
近所という事で、母親はお通夜から手伝いに行っておりました。
その葬儀とは、母親が仲良くしていた近所の家であり、5~6才の男の子が、交通事故で病院へ搬送中亡くなっての事でした。
とてもお祖母ちゃん子で、よく家へ幼児の頃から一緒に遊びに来ていました。

そのお通夜の日、事故を起こした20歳くらいの相手が訪れ、焼香を終えたその時、その家のお祖母さんが突然子供の口調で、それも声までもその子のような感じで話し出したとの事でした。
「どうしてあの時(事故直後)お水をくれなかったの?」
「僕は水が欲しくて水が欲しくて仕方が無かったんだよ」
「どうして水を飲ましてくれなかったの。お兄ちゃんにお水が飲みたいって言ったじゃない」
「何度もお水、お水って言ったじゃない」
その場には10人以上の人間が居たのですが、皆凍りついたように、そのお祖母さんを見ているだけだったらしいです。

私の母親はその子とも仲が良かったので、思い切って話し掛けたそうです。
「Aちゃん。このお兄ちゃんもビックリしてて、水をあげたかったかったけど出来なかったんだよ。許してあげて」
その後、事故の件も含めて、何とか家の母親の話しを聞いて、納得して許してもらえる事となったそうです。
但し条件があって、事故現場にその子と同じくらいの背丈のお地蔵さんを、四十九日までに祀って欲しいと、その事故を起こした相手に言ったようです。

その事故を起こした相手は凍りつき顔面蒼白で、私の母親が「お地蔵さんの件は大丈夫ですか?」と改めて聞いて、涙を流しながらやっと「はい」と、か細い声で答えられたとの事だったらしいです。
そして、水を欲しがっていたのは分かっていたのだけれど、パニック状態で水をあげられなかった事を、涙ながら謝ったらしいです。

その後帰宅してきた母親が、興奮して私に話して聞かされた事は今でも忘れません。
ちなみにそのお祖母さんは、その時の事は記憶にないとの事です。
勿論、一人で事故に遭っているので、その時に水を欲しがった事など知る由もありません。

後日、その場に居た近所の人とその話しをしているのを聞いた事がありますから、作り話ではないと思います。
ただ、私はその場に居た訳ではありませんので、その時の状況を肌で感じる事が出来ませんでしたので、あまり他人には話した事がありません。
正直、そういう事もあるのかなぁ、というのが本音のところです。
怖い話とは言えないかもしれませんね、長々と恐縮です。



【出典:死ぬ程洒落にならない怖い話を集めてみない?41】

 
少年陰陽師 黄泉に誘う風を追え (角川ビーンズ文庫)
少年陰陽師 黄泉に誘う風を追え (角川ビーンズ文庫) [文庫]