これはだいぶ前のことなんだけどね。あんま怖くないが……
池袋に住んでいた友達と経験したことなんだ。

池袋という土地は繁華街を離れると、急に田舎じみた様相を見せる。
カラスが鳴いて土塀にとまってるあたり、ここが東京だという事すら忘れさせる。
いいかえれば、ずっと昔から変わらない場所。そういう場所が多いのは理由がある。
工事できないからだ。なぜ?


友人は怖い話が好きだが、幽霊は信じない。そういうヤツだった。
当然のごとく、全国各地とは言わないが、東京周辺の幽霊スポットは全部回っていた。
何度か誘われたが、私は霊感が強いほうなので、(霊能者レベルではない)
そういう行為が楽しいだけのものでは無いと知っていたので、断り続けた。
しかし、いさめるべきだったのかもしれない。
だがあの頃のあいつは、なんかこう……関わりたくない空気を持っていた。すでに憑かれていたのかもしれない。

しかし、大学卒業間際に、そいつに家に「遊びこないか?」と誘われ、無碍にも断れず、酒を購入しブラっと出かけた。

そいつはやや青ざめてて、にやにやと出迎えた。
「おう、来たな」
俺はこいつの家が池袋にあると知っていたが、場所は知らなかった。
だから先を行くそいつの後をとぼとぼ歩いた。
カラスが鳴いた。日は翳り、すぐ沈んだ。

繁華街を離れ路地裏。長い墓地の横の道を歩く。
いいようのない悪寒が俺をつつんでいた。

「ここだ」
私の悪寒は限界に達し震えた。そこは夕闇に浮かぶ廃屋だったのだ。
「ここどこよ?」
「肝だめし!ここ、東京最後の幽霊スポット!」
私はあきれた。友人にかつがれて連れ出されたのだ。
しかし、ここで逃げ返すのも格好悪い。

そこは元々個人病院だったようだ。
窓ガラスは割れ、心ない暴走族の書きなぐった落書きが、白い壁に赤い字で乱雑に書かれている。
『夜露死苦』……恥かしい落書きだ。
中に懐中電灯をつけて入る。友人の顔は嬉々としている。
私に悪寒がたえまなく襲った。なんでこいつ平気なんだ?
友人はいろんな部屋を観て回った。大方の家具はなくなっていた。
暗い部屋に倒れた椅子がぼんやり見える。注射器の破片が妙に不気味だ。
友人が二階に上がる。
「床ぬけるかもしれんから、俺はいかんぞ!」俺はそう言った。友人はそれを聞くと笑った。
笑いながら上がっていった。俺は無償に腹が立ったが、怖さのほうが勝っていた。
友人が笑っている……あのやろう。
私はふと時計を見た。
?七時に入ったはずが、すでに九時を回っている。こんなにいた覚えないけど……
すると上から、話し声が聞こえてきた。
あれ?誰かいたのかな?1人いることに耐えれず、私は二階へ上がった。

二階は左右に病室が続いていた。まっすぐ廊下が伸びている。暗かった。
話し声は暗い廊下の奥から聞こえていた。一瞬ぞっとした。
友人が廊下の奥で背中を向けて立っているのが、暗闇にぼんやり見える。
話し声は続いている。
「ええ……です」「ああ、そうか……」
声は友人だけだ。どうやら、廊下の突き当たりにある鏡に向かって話しているようだ。
驚かそうとしてるんだ……と思いつつも、その異様な光景に俺はいたたまれなくなった。
「……だよね。怖がってんの。ばかみてぇえええ」
どうやら私の悪口を言っているようだった。
俺が引っぱって帰ろうと近づいたら、突然友人が笑い出した。
「あはははっはははははははははは!」
突然の爆笑に俺はどきっとしたが、乱暴に友人の肩をつかみ振り向かせた。
次の瞬間凍りついた。
振りむいた友人は無表情で、白目をむいて、よだれを垂らしていた。
その肩越しに見える鏡。そこには爆笑する友人が私を睨んでいた。
俺は悲鳴をあげた。なぜなら、鏡の中の俺も爆笑していたからだ。

それからよく覚えてないが、友人の手を引っ張って出たようだ。
そいつはそれ以来学校に来なくなって、四年の卒業を間際にして学校を辞めた。消息は不明。
でも、たまに鏡を見ると、後ろの椅子に座ってたりする。

ps死んだのか、生霊なのか……どっちでも厭です。
もしかしたら、これ読んだ人のとこ出るかも。人見知りしないやつだから。
坊主頭(五厘w)だからすぐ分かると思うです。怖くなくてスマソ



【出典:死ぬ程洒落にならない怖い話を集めてみない?9】