805:本当にあった怖い名無し:05/02/1801:38:07ID:CyHk72sr0
友人が「お前の話とすげー似た話が書いてあった」と言うので、ここのまとめサイトを読みに来ました。
私は幽霊とか、得体の知れないものの存在などは信じていなかったのですが、正直、今ぞっとしています。
『ヒサルキ』・・・私のときは「きらきらさん」と呼ばれていました。
本当にそんなものが存在するのでしょうか。
差し障りがあるといけないので、時と場所はぼやかして書きます。

そこの施設内で、たびたび動物の惨殺死体が発見されるのです。
そこにいた子供に聞くと、「きらきらさんがやった」と言います。
「きらきらさんってなに?」と聞くと、両目を両手で隠し、「しらない」としか言いません。
そこの職員も「きらきらさん」がなんなのか、さっぱりわからず不気味に思っていました。


806:本当にあった怖い名無し:05/02/1801:39:09ID:CyHk72sr0
あるとき、施設内の庭に子供達を連れ出したとき、私と手を繋いでる男の子が小さく「あっ」と声をもらし、「きらきらさんだ」と言って、青空の一点を見つめます。
私も空を見つめましたが、なにも見えません。
ふと気がつくと、他の子供達も徐々に「きらきらさん」に気がついたらしく、ひとり、またひとりと空を見上げ、結局その場の子供達全員が、同じ空の一点を見つめているのです。
「きらきらさん」に向かって、にこにこ手を振っている子もいます。

とても晴れ渡った明るい昼下がりに、突然起こったこの不安な静寂に耐え切れず、私は手を繋いでいた男の子の前にしゃがみこみ、「なんにも見えないよ?きらきらさんってなんなの?」と問いかけました。
するとやはり、両目を両手で隠し「しらない」というのです。
私は彼の両目を覆っている両手をはずし、「私も知りたいなー。教えてよ」と言いました。

すると。
その子はいきなり、両手の人差し指をおもいっきり突き出し、私の両目を衝こうとしたのです。
驚いてシリモチをついたので、その攻撃を避けることができましたが、今度はその突き出した両手の人差し指を、同じ勢いでなんのためらいもなく、彼は自分の両目に突き刺したのです。
あまりのことに我を忘れて私は彼に飛びかかり、押し倒し、さらに力を込めて自分の目にねじ入れようとしている小さい両手を必死に押え、「だれかっ!だれかああぁあ!!たすけてったすけてぇぇぇ!!!」と絶叫していました。
子供とは思えないような力でした。


807:本当にあった怖い名無し:05/02/1801:39:56ID:CyHk72sr0
私ともみあううちに、彼は自分をとりもどしたのでしょうか。
ふいに「目が痛いよーーー!!痛い痛いよーー!」と泣き出しました。
まるで今ケガに気がついたように。
すぐに病院に連れて行き、失明を免れることはできましたが、後遺症は残ってしまいました。

私は今までこの体験は、集団ヒステリーのようなものだと思っていました。
または、空想の産物の共有みたいなことが起こっていたのかも、と解釈していました。
しかし、おそらく時も場所も違うにも関わらず、『ヒサルキ』という話が存在し、『きらきらさん』を体験した私がいる。

言葉をうまく操れない子供達は、得体の知れないものに対して勝手に名前を付け、親しんでしまうことがあります。
大人があるときふと耳にする、聞きなれない子供達の「造語」に、立ち入ってはいけない場合があるのではないか・・・
ここにきてそう思いました。


【出典:死ぬ程洒落にならない怖い話を集めてみない?Part.92】