女の子は学校で毎日ひどいイジメにあっていた。

同じクラスの女子生徒に人目につかない所に連れて行かれ
周囲にわからないようにイジメられていた。

ある日その女の子は学校のトイレで自殺した。
自分で両手両足を切断して死んでいた。
死因は出血多量のようだ。
近くには彼女が書いたものと思われる遺書が残されていた。

「先立つ不幸お許しください。
私はイジメられていましたが
私の自殺とそれは一切関係ありません。」







【解説】
意味怖ってほどのお話じゃないような気もしますが。
それでも一応紹介しちゃいますが、

現場の近くの遺書 ⇒ つまり自殺のときにかかれた可能性の高いもの ⇒ 両手両足を切断した状態で遺書を書いていた? ⇒ 他殺の可能性が高い。

ということでしょうか?
そもそも両手両足の切断で自殺って時点で意外性はないし、意味怖ってジャンルのエピソードとしては5点ぐらいでしょうか(100点満点中)。