ある金持ちの老人が男に言った。

「ゲームをしないか?」

老人が説明したゲームの内容は次の通り。

箱の中に多額の賞金が入れられており、男が見事箱を開けられたら中の賞金は全て男のものになる。
箱はとても頑丈であり素手で開けるのは不可能だが、まわりには斧などがおかれている。
時間制限などは一切無いらしい。

男は是非やらせてくれと答えた。
男が金を得るチャンスがあるのにリスクは無なさそうだったからだ。

参加を表明した男に老人が言う。
「実は箱にたどり着くまでにはいくつか難関がある。5万円払えば賞金のすぐそばからスタートさせてやろう」
男は笑顔で5万円を差し出した。


ゲームが開始した。
スタート時から賞金は男の目の前にあった。










<解説>
賞金の目の前ということは既に箱の中。
素手であけることは不可能な頑丈な箱の中で、斧などは箱の外にある。
男は餓死確定。