私は13才の中学生です。
三つ上のお姉ちゃんとは部屋を共用していてとても仲良し。
一つしかないベッドを私に譲ってくれるとても優しいお姉ちゃん。
今日もいつものように寝る前に二人で仲良くトランプしたあと二人同時に就寝することにしました。
私はベッド、お姉ちゃんは床にひいた布団で眠りにつきます。
わたしは30分も経たないうちに眠りについたと思います。 

何時間経ったあとのことだったのだろうか。
「ねぇ、起きて」 寝ぼけ半分で目をあけるとおねえちゃんが小声で囁いている。 
どうやら寝付けないらしく、一緒に散歩に行かないかと言っている。 
私は眠かったのもあり「一人で行ってきなよ」と冷たく押し返したが、やけにしつこいお姉ちゃん。 
終いには乗り気でない私に郷を煮やしたのか私の手を掴み靴も履かず外に引っ張り出された。
 
「イタイ!」 

私の叫びも耳に入らないのか私の手を強く掴んだまま、パジャマのままの私を何も言わずただ引っ張る。 

「ねぇ!どうしたの?!」 

お姉ちゃんは黙っている。よく見ると手は小刻みに震えていた。 

家からしばらく離れたところでお姉ちゃんも少し落ち着いてきたのか、掴んだ手が少し緩んだのを感じ 
もう一度問いただしてみた。 

「何があったの??」
お姉ちゃんは唇を震わせ言った。

「やっぱりあんた気づいてなかったのね……」 


















<解説>
古典的な都市伝説にもある『ベッドの下の男』の派生ですね。私からは見えず、お姉ちゃんからは見える位置、つまりベッドの下に何かがいた……。