ある日、平穏な家庭に赤ちゃんが一人産まれました。
その赤ちゃんは驚いたことに、産まれたばかりですぐに言葉を発したのです。
第一声は、「おじいちゃん」でした。
おじいちゃんはひどく喜び、涙を流したそうです。

ところが次の日、おじいちゃんは死んでしまいました。
赤ちゃんはまた、言葉を発しました。 「おかあさん」と。

そして次の日には、おかあさんが息を引き取りました。
おとうさんは震え上がりました。次は自分が呼ばれる晩に違いない、どうすればいいんだろう……悩みに悩みました。

一時は子供を殺す事まで考えましたが、さすがにそれは出来ませんでした。

そして、ついに赤ちゃんは言いました。「おとうさん」と。
お父さんは半狂乱になりました。

次の日、隣のおじさんが死にました。







<解説>
解説も不要と思いますが、赤ちゃんの本当のお父さんは隣のおじさんだった、というオチですね。
意味怖とアメリカンジョークのハイブリッドエピソードでした。