俺の通っていた小学校にはちょっとした怪談があった。
理科室の人体模型(体半分が血管、筋肉、内臓の一般的な模型)が夜になると動いたり喋りだしたりするというありがちな話だ。

ある夏の夜友達2人と肝試しをすることになった。
場所は学校でしかも理科室に入って、件の人体模型の頭にシールを貼るという内容だった。

一番手は俺だった。
学校に入りあらかじめくすねていた鍵で、理科室のドアを開け勇気を振り絞って中へ入った。

「本当に喋りだしたらどうしよう……」
 
あまりの恐怖に目をつぶって手探りで模型に近づいた。けれどずっと目をつぶっているのも怖くなり、思わず目を開けると、そこには人体模型の無表情で真っ白な顔が……

「うわっ!!」
俺は一瞬かなりびびったが、思ったよりも怖くなかった。

「ただの人形じゃん」
そういって頭にシールを貼って、学校を後にした 

残りの2人も無事に帰ってきた。

結局何ともなかった。 
あの怪談話はただの作り話だった。







<解説>
人体模型は体半分が血管や筋肉の組織が見えてるはずですが、彼がみた人体模型?は無表情で真っ白な顔……。