深夜、テレビの放送が終わると砂嵐と呼ばれるザーッという放送になる。

これは実話なんだが、あるとき地方テレビ局の中の人が夜勤のとき、砂嵐の時間帯に、
暇だからということで見て楽しもうと思ったアダルトビデオをうっかり公共の電波に流してしまったことがあった。

もちろんすぐに数十件の抗議電話が殺到した。








<解説>
このエピソードの裏の意味にすぐ気づかれた方は頭の回転の早い方だと思います。
一見意味怖でもなんでもないですが、主眼はアダルトビデオが流されたことではなく、”すぐに”抗議の電話が数十件、という点です。
抗議の電話をいれた数十人は、なぜ砂嵐をながめていたのでしょうか?