ある雪山で猛吹雪の中、4人が遭難した。
このままでは確実に死ぬ……そう皆が考えていた先、山小屋が見付かった。

息も絶え絶えに小屋になだれ込む4人。
しかし、その山小屋には暖房施設がなく、あるのは非常用の食糧のみ。寝れば確実に凍え死ぬ。ひとまず朝までなんとか持たせないといけない。

そこでリーダーがゲームを提案する。

「4人全員が小屋の四隅に座り、5分毎に東回りに歩いて、人を起こして回ろう。起こされた人は起こした人と交替して次の角に向かう」

翌朝、救助隊に山小屋が発見された。疲弊した4人に笑顔が浮かぶ。

救助隊の隊員が話しかける。
「よく全員ご無事で」

リーダー「いや、駄目かと思いましたが~~~のようなゲームをしまして……」

少し間を置いて救助隊が怪訝な顔で答える。
救助隊「そのゲーム、できっこないですよ」





<解説>
四隅に人がいて歩く人間が一人必要なゲームないようですね。ということは幻の5人目がいた。