女の子は家に帰る道が嫌いだった。

帰り道にひとつ、古いアパートがぽつんと建っている。

その2階の窓からニタニタと笑いながら女の子を見ている男がいたのだ。

女の子はそれが怖くて、いつもアパートの前を走って通り抜けていた。

そしてある日、また同じように女の子はその道を歩いていた。

アパートの2階にはまたあの男。

しかしいつもと様子が違う。

何か言いたげに口をパクパク動かしているのだ。

女の子はあまりにも気味が悪くて、アパートの前にある角を曲がって遠回りして家に帰ることにした。

その日、女の子は死んでしまった。










<解説>
アパートの前の角に不審者がいて、それを教えようと男は口をパクパクしていた。

と、いうのが解説として多く紹介されているエピソードですが、紹介しておきながらなんですが、その前のニタニタ笑いながらも何の意味もないし、ちょっと殺されるまでが唐突過ぎますよね。