ある日俺ら5人ほどで肝試しをしようって事になったんだ。

さっそく夜になると、皆集まったのを確認してから近所でもいわくつきの廃墟に向かった。

しばらく探索したが一向にお化けが出てくるどころか怖い事が起こらない。もう帰るか、ってなった時に急に友達の一人が叫びだした。

姿は見えないところにいるらしかったが、
「眼鏡ぇ、眼鏡ぇ」と叫んでいた。

眼鏡ぐらいいいだろ。どーせお前の伊達眼鏡なんだから……とか思いながら、あんまり必死で探しているそいつが少し気味が悪かったのでみんな帰宅した。

そういえばアイツ、眼鏡なんてかけてたっけな?







<解説>
なんというか一発ネタで怖くもないのですが……、

眼鏡ぇ → 眼がねぇ(無い)