ある所に親の言うことをよくきく少女がいました。

少女は親から
「決して地下室の戸を開けてはいけないよ」と言い付けられていました。

しかしある日、親が家を留守にした時、少女の好奇心が膨れ上がり、迷った末少女は地下室の戸を開けてしまったのです。

そこで少女が見た物は、明るい世界でした。












<解説>
明るい世界 → 地下の世界から地上へ
彼女は親に監禁されており、もともといた部屋が地下の監禁部屋でした。