ある日の夕方。
僕が自分の部屋で本を読んでいると、突然窓をバンバン!と叩く音がした。
びっくりして振り返ると、友達のB君が興奮しながら窓を叩いていた。

「A君!開けて開けて!!」

僕が慌てて窓を開けると同時に、物凄い勢いでB君が話し出す。

「あのさ、ついさっきの話なんだけどさ!」
「ちょ、ちょっとB君、その前にさ……」

「まあ聞けって。さっき自転車乗ってたんだよ。河原走ってて。」
「……うん」

「暫く走ってて、何かおかしいな~って思って自転車降りたらさ……」
「どうしたの?」

「自転車のチェーン錠かけたまんまだったんだよ!」

「え?」
「だから、チェーンの鍵がかかってて、タイヤが回らなかったの」

「……それでどうやって走れるの?」
「分かんないよ。その時までは走れたんだよ。でもさ、その後はだめだった」

「その後って?」
「チェーンかかってるって事に気付いたら、走れなくなっちゃった」

「そうなんだ」
「無意識だからできたのかなぁ……。あ、A君さっき何か言いかけてなかった?」
「え!?……あ、うん……B君あのさ……」


「…ここ、5階なんだけど、B君どうやってそこに立ってるの?」









<解説>
まず前提としてこのエピソードのB君はエスパーです。
自覚していなければチェーンをしたまま自転車で走ることのできるB君でしたが、チェーンをしている事実に気づいてしまってからは世の中の常識どおり走ることができなくなりました。
無自覚で5階の窓越しに夢中でA君に話しかけてしまったB君、A君の指摘で気づいてしまいましたが、その後は?