ちかとも -謎! 怖い話クリップ-

怖い・謎系ニュース、都市伝説、怖い話(洒落怖、意味怖、ほんのり怖い)、enigma、オカルト全般




孫の初ハンティング

テキサスのおじいさんの家に、都会から孫が遊びに来たのですが、孫は田舎で退屈そう。そこでおじいさんは、

「猟銃を貸してやるから森で撃ってきていいぞ。この猟犬を連れて行くといい」
「うん、わかった」

そしてしばらくして、孫は満面の笑みで楽しそうに帰ってきました。
「どうだった。楽しかったか?」
「面白かったよ!他に犬はいないの?」










<解説>
孫は犬をハントして帰ってきた。
意味怖ではなくてアメリカンジョークですね。。。

二人組の計画

友達と二人で話してたら、久しぶりに心霊写真を撮ってみたいと誰かが言い出したので、近くの山道に惨殺事件があってからも未だに取り壊されず残されてた民家があるので夜中に行ってみた。

玄関から居間、風呂場とトイレ、キッチンに父親の書斎、階段から二階へ行き、子供部屋からベランダを通り親の寝室、階段を降りて一階へ。
最後に家をバックに一人ずつ。片っ端から写真撮って帰った。

んで今日。出来上がった写真を見て俺達は驚いた。

何も写ってないのだ。
もちろん俺達は普通に写ってる。霊的な物が何も写ってなかったのだ。
「……おかしくね?」
「もう成仏しちゃったとか、じゃねぇかな?」
「やっぱそうなのかな。じゃあ、あそこ行ってももう心霊写真撮れないって事か。無駄だったなぁ」
「そうでもないよ。この前の家に行く途中に結構周りから孤立してる民家がもう一軒あったから。次はそこ行こうぜ」
「おぉ!マジで?そこも廃墟?」
「んな訳ねぇじゃん!普通に人住んでたよ。今日の夜行こうぜ」
「おっけ、分かった。今の内に適当に準備しとくわ」
楽しみだ。かなり久しぶりだから何かワクワクする。










<解説>
二人組が最初に行った家は、二人が殺人を行った家。
そこで心霊写真が撮れなかった → もう成仏しちゃった?
そこも廃墟?んな訳ねぇじゃん。 → もう一度殺人をするつもり。

肉の味?

どっかで聞いた話なんだけど。
なんか友人から聞いたらしい話だそう。

宗教入ってる知人の家族と夕食とることになったんだと。
それが焼肉なんだけど肉は何なのか言ってくれない。
人の肉かも、と思って食べたら違ったって。

結局何の肉だったんだろ?



<解説>
なんでもないような文章ですが……。
友達の返しに注目。

人の肉かも? → 違ったって。

人の肉の味を知ってる?

年齢がわかる

あと10分ほどで真夜中になるという時間帯に、私は特急電車に乗っていた。
やがて、途中の駅で一人の男が乗り込んできた。
その男は、電車のドアが閉まると、突然我に返ったように乗客の顔を見回し始めた。

「すみません。あなたの年齢は28歳ですか?」
男が私に話しかけてきた。
「そうですが、どうしてわかったんですか」
私が聞き返しても、男は無視して、また別の人に話しかけた。

「あなたの年齢は45歳ですか?」
「そうですけど……」

「あなたは62歳ですね?」
「どうしてわかったんだ?」
そんなやり取りを繰り返していく。

どうやら、その男には、顔を見ただけで年齢を当てる特殊能力があるらしい。
次の停車駅までは、まだ15分以上ある。
私を含め、乗客たちは全員その男に注目し始めた。

「あなたは50歳ですね?」
「そうですが、あと5分で日付が変わったら、51歳になるんですよ」
最後に質問された女性は、笑顔でそう答えた。
年齢を当てていた男の顔が、その途端に青くなった。

「凄いですね。百発百中じゃないですか」
私は男に話しかけた。
すると、男は青い顔を私に向け、こう言った。

「……私が見えているのは貴方がたの寿命です」



<解説>
この直後この電車は……。

彼女の携帯

俺には彼女がいるのだが、最近嫁に感づかれたらしく、家に帰るといつも『どこ行ってたの』『誰と一緒だったの』等うるさい。 
逆に彼女は毎日メールで励ましてくれるし俺にとってはオアシスのような存在だ。

しかし今日はメールが返って来ない。

俺はフられたのかと沈んだ気持ちで家に帰ると、ペットのジョンがものすごく上機嫌で迎えてくれた。

嫁も機嫌が良く、口うるさくなくなった。
もう不倫はやめようと思い、彼女に最後の『さよなら』メールをした。
どこかで彼女のメール着信音が聞こえたような気がした。



<解説>
意味怖とはいえない位わかりやすいエピソードですが、妻の機嫌が良かったのは、おそらく彼女を殺害したから。さらにおそらく自宅で殺害したから携帯の音が聞こえたんだろう。
ここまではわかりやすいですが、この短いエピソードはもう一段あります。

ペットのジョンがものすごく上機嫌で……。

きっとおいしい(ジョンにとっては)お肉でもたくさん食べたんでしょうね。

悲鳴の主

外で散歩をしていたら、「キャー!」という女性の悲鳴が聞こえた。
私は驚いて行ってみると道路で女性が、縦2m・横2m・暑さ50cm程の鉄板らしき物の前に座りこんでいた。
その女性に話を聞こうとしたが、ビックリしたのか話せない。
すぐに作業服を着た人が来て訳を話してくれた、どうやらビルの上で工事をしている時に落としてしまったという。
幸い怪我人は出なく、女性は驚いて腰が抜けてしまっただけらしい。
それにしても赤いタイルの上に真っ黒の鉄板とは不気味である。

散歩も飽きて夕陽が暮れ前に、もう一度その場所に寄ってみた。
その鉄板らしき物はまだ残っていた。とても重いので処理ができてないのだろう。
危ないからか、近づけないように警備員のような人がいた。
先ほどの女性もいた。声をかけてみた。

「先ほどは驚かれたことでしょうね」
女性は

「驚きました。悲鳴を聞いたときはビックリしました」
と返してくれた。




<解説>
女性はびっくりして話せない状態だった → 悲鳴の主は他にいる。
鉄板の下は赤い?タイル。 → 悲鳴の主は鉄板の下……。

夫の夢

夫と妻、二人暮らしの夫婦がいた。

夫は1ヶ月くらい前から毎日毎日、夢かどうかもわからない、毎日同じ、おかしな夢ばかり見ると言う。
“真夜中、ふと目が覚める。

すると天井に自分と全く同じ姿の人間がしがみついて、首だけ自分の方に向けて

"『お前はもう十分生きただろ、変わってくれよ』と言ってくる”
というものだった。

だから夫は、まるで朝の挨拶みたいに、
「また今日も見ちゃったよ……」
と毎朝妻に相談していたので妻も心配していた。

ところがある朝、その夫が起きてもおはよう、しか言わなかった。

妻があれっと思って、
「あの変な夢、見なかったの?」
って聞いたら、

『な ん の こ と ?』











<解説>
意味怖とはちょっと違うかな……。
入れ替わり完了ですね。

母からの手紙

精神病棟にいる母親から、息子に届いた手紙が届いた。


大介、イタリアの生活はどうですか。お母さんはフツウ。 
守護神ジス様のおかげで、元気です。お医者をだまして何でも食べちゃう。 
隣人達めケッコウ気さくでいい人ばかり。安心しれ。明日は仕事で、皆 
船が来るて、喜んどる。毎日楽しいです。給料でるし飯も固くない。 
ね、ね!!病棟生活だからって悪いことないわ、わりと私にはいい老後です。じゃね。














<解説>
縦読み。


縦読みすると様々なメッセージが浮かんできます。介護人の目を盗んで助けを求める内容。



「介護人がイジめる!タスケて!」
「はだしで、フまれるわ」
「何日も私食事ない」

未解決殺人事件

近ごろの警察はなにやってるんだろうね。
血税でで食わせてもらってるくせに、ろくな働きしねぇんだからとんだ穀潰しだ。

先週、職場の近くで殺人事件があったんだよ。
若い女をアイスピックでめった刺し。
しかも普通のアイスピックじゃない、業務用の三本歯の
やつでだぜ?怖ぇだろ。

小さな町だから、どこいってもその話で持ちきりだよ。
マスコミもかなり大きく取り上げてる。
滅多にない大ニュースだから無理もないけど、恐怖を煽るだけ煽って無責任なもんだ。
うちのばあちゃんなんか、可哀相なくらい怯えちゃって、毎日何時間も仏壇の前で手を合わせてる。

なのに警察ときたら、まだ凶器すら判明できないだとよ。
まったく馬鹿にしてるとしか思えないね。




<解説>
警察でも凶器が判明していないのにわかってる → 語り手が犯人

無人のマンション

会社までの徒歩通勤時に取り壊し予定の無人マンションの近くを通るのだが、そこは飛び降り自殺が多く、自殺者の霊の目撃情報も多い曰くつきマンション。
周りに街灯も少ないし夜はかなり不気味で怖い。

この間残業で帰りが23時頃になったときガクブルしながらそこを通ったんだが、一瞬マンションの屋上に人影が見えた気がした。

「!?」

ビビって心臓止まるかと思った。
よく見てみたがやはり屋上に誰かが立っている。

まさか幽霊か……と思った瞬間その人が飛び降りた。

刹那コンクリートに打ち付けられる嫌な音がして、女の人が倒れてるのが見えた。

慌てて携帯で救急車を呼んでその人に駆け寄った。血まみれで足は変な方向向いてるし、幽霊ではなかったが、かなり恐怖だった。

落ちた音を聞いてかマンションのベランダから何人かこっちを見てる人もいた。
すぐに救急車が搬送していったけど、家に帰っても現場を思い出してしまいまったく眠れなかった。

次の日聞いたら、重要だったけど命の別状はなかったらしい。
ホント未遂に終わってよかった……もし亡くなっていたらマジでトラウマになるところだったよ。









<解説>
取り壊し予定の無人マンションにギャラリーが?

娘の行方

ある日、地方に住んでいる6歳の幼女が1人行方不明になってしまった。母親が公園で主婦友達と話している数分の間に公園から居なくなった 。

どこを探してもおらず、警察も検問を各地に配置したが一向に見つからない 。

警察も半分諦めてきてしまい、とうとう行方不明のまま1ヵ月後がたってしまった。
諦めきれない親がとうとう最後の手段とも言える、アメリカで有名な透視能力者を大金を叩いて招いた 。

早速両親は娘が今、どこにいるのか透視して貰った。 
透視を始めた、何分か経って透視能力者は一言 

「この子は元気ですよ」 
この言葉に両親、親族は大喜び。

さらに透視能力者は 、
「この子の周りには豪華絢爛な家具が見えるので多分、裕福な家庭にいる事が推測されます」 

この言葉に両親、親族は多少の疑問を抱きながらも喜んだ。
そして母親が核心に迫った 
「娘は今、どこにいるのですか?詳しい場所を教えて下さい」と熱の入った口調で言った 

透視能力者は一言こう言った 
「あなたの娘さんは世界中にいます」




<解説>
一人のはずの娘が世界中に……。
臓器移植のドナーとなってしまった娘の臓器などが金持ちの裕福な家庭の子供に移植された。

有名なコピペで、一見ぞっとする話ですが、私は透視能力者の「この子は元気ですよ」がどうしても納得出来ません。

優しいお姉ちゃん

私は13才の中学生です。
三つ上のお姉ちゃんとは部屋を共用していてとても仲良し。
一つしかないベッドを私に譲ってくれるとても優しいお姉ちゃん。
今日もいつものように寝る前に二人で仲良くトランプしたあと二人同時に就寝することにしました。
私はベッド、お姉ちゃんは床にひいた布団で眠りにつきます。
わたしは30分も経たないうちに眠りについたと思います。 

何時間経ったあとのことだったのだろうか。
「ねぇ、起きて」 寝ぼけ半分で目をあけるとおねえちゃんが小声で囁いている。 
どうやら寝付けないらしく、一緒に散歩に行かないかと言っている。 
私は眠かったのもあり「一人で行ってきなよ」と冷たく押し返したが、やけにしつこいお姉ちゃん。 
終いには乗り気でない私に郷を煮やしたのか私の手を掴み靴も履かず外に引っ張り出された。
 
「イタイ!」 

私の叫びも耳に入らないのか私の手を強く掴んだまま、パジャマのままの私を何も言わずただ引っ張る。 

「ねぇ!どうしたの?!」 

お姉ちゃんは黙っている。よく見ると手は小刻みに震えていた。 

家からしばらく離れたところでお姉ちゃんも少し落ち着いてきたのか、掴んだ手が少し緩んだのを感じ 
もう一度問いただしてみた。 

「何があったの??」
お姉ちゃんは唇を震わせ言った。

「やっぱりあんた気づいてなかったのね……」 


















<解説>
古典的な都市伝説にもある『ベッドの下の男』の派生ですね。私からは見えず、お姉ちゃんからは見える位置、つまりベッドの下に何かがいた……。





お知らせ
このサイトについて
  • コメントいつもありがとうございます
  • 相互リンク/RSS募集してます
  • 管理人に直接ご連絡は右下の「メッセージ」、または「こちらの記事」のコメントにどうぞ
カテゴリ別アーカイブ
CR
最新コメント
おすすめサイトの新着記事!
test
RSS_a
記事検索
PR
アーカイブ
最新記事
パラノーマル・アクティビティ/呪いの印 ブルーレイ+DVDセット(2枚組) [Blu-ray]
着信アリ Final (角川ホラー文庫)
フッテージ スペシャル・プライス [Blu-ray]
TEXAS CHAINSAW MASSACRE / テキサスチェーンソー 40周年記念 悪魔のSPATTER BIG PRINT 【 公式商品 / オフィシャル 】
仄暗い水の底から (角川ホラー文庫)
最新最驚!超古代文明オーパーツ写真FILE
オーパーツ大全 (知の冒険シリーズ)
邪馬台国は沖縄だった!―卑弥呼と海底遺跡の謎を解く
アメリカ最大の都市伝説! 未来人 ジョン・タイター [DVD]
シルバーアクセサリー シルバーリング メンズ 指輪 フリーメイソン 目 r0652 フリーサイズ(目安:16号から19号前後)
最新 日本の心霊恐怖スポット100 (二見文庫―二見WAi WAi文庫)
遊び半分で行ってはいけない心霊スポット2  〜京都編〜 [DVD]
アニメ(ひぐらしのなく頃に)BD-BOX [Blu-ray]
STEINS;GATE Blu-ray BOX
Another: Complete Collection [Blu-ray] [Import]
実録 本当にあった警察の心霊事件簿 (ムー・スーパー・ミステリー・ブックス)
NHKスペシャル 未解決事件 グリコ・森永事件 [DVD]
PSYCHO-PASS サイコパス (上) (角川文庫)
現代殺人百科
QRコード
QRコード
メッセージ